電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

すき家の支払い方法

すき家
電子マネー 楽天Edy / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / 全店舗で使えるように。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / 全店舗で使えるように。
相性の良い電子マネー CooCa,Suica、楽天Edy 交通系電子マネーも楽天Edyも使えます。auWALLETユーザーは会員サイトからCooCaにチャージも可能。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う / (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 順次導入中。2018年の3月までに全店舗で利用できるようになる。
おすすめクレジットカード リクルートカード、楽天カード 常時還元率が高いクレジットカードでCooCaにチャージ→CooCaの支払いでポイント2重取り。商品は限られてきますが、楽天カードなら楽券サービス経由で高還元率が可能。
QRコード決済 Alipay
貯まりやすいポイント CooCaポイント
デビットカード 使える VISAデビット、JCBデビット。 (クレジットカード決済が可能なお店で利用可能。)
商品券・ギフトカード 楽券
ポイントカード CooCa ゼンショーグループの電子マネーCooCaを作れば200円で1ポイントが貯まる。
現金いらず得点 4.8点(5点満点中) 幅広い種類の電子マネーに対応してくれたのが嬉しい。クレジットカードも利用可能に。
公式HP http://www.sukiya.jp/

すき家で使える電子マネー

すき家では2015年の1月から電子マネーが使えるようになりました。使える電子マネーは交通系電子マネーのSuicaやPASMO、Kitaca、ICOCAなど各種。楽天Edyと三井住友が発行する後払い式電子マネーのiDです。さらに2015年の3月からJCBが発行する後払い式電子マネーのQUICPayも利用出来るように(ごく一部の店舗を除く)なりました。

アップルペイでも支払いもiD、QUICPay、Suicaの全て対応されているようです。

また、ゼンショーグループの独自の電子マネーのCooCaもほぼ全店で利用可能。ゼンショーグループのお店で200円で1ポイント貯まります。クレジットカードチャージが可能なので、ポイント還元率が高いクレジットカードからチャージをして支払いましょう。

クレジットカードは利用可能でも、auWALLETやソフトバンクカードやソフトバンクカード、LINE Payカードは使えないとゼンショー様からお知らせ頂きました(実際はLINE Payカードはクレジットカード扱いで使えていますが・・・)。念のためご注意ください。

すき家で使えるクレジットカード

2018年の3月までにすき家全店でクレジットカード決済が可能になるようにすると発表がありました。

現在は使えるお店と使えないお店が混在している形ですが、順次対応していくものと思われます。

使えるお店ではお店にクレジットカードのステッカーが見られると思います。

すき家に貼ってあるクレジットカードのステッカー

これですき家の決済は完全に隙がなくなりました。

実際にクレジットカード払いをしたらサインレス、暗証番号もなく支払い可能でした。

すき家でクレジットカード払いをしたときの明細

お持ちのクレジットカードから相性の良い電子マネーにチャージをして支払うのも◎

ヘビーユーザーの方でしたら、CooCaを作っておけば、ポイントが貯まりやすい(還元率が高い)クレジットカードからチャージをして支払うのがおすすめ。CooCaは200円で1ポイント貯まるので還元率は0.5%。加えて、常時還元率が高いリクルートカードからチャージをすれば1.2%なので、合計して1.7%の還元率が実現できます。

すき家で使える商品券・ギフトカード

すき家ではJCBギフトカードなどクレジットカード会社が発行するタイプのギフトカードも使えませんし、飲食店共通商品券のジェフグルメカードも使えません。

使えるのはゼンショーグループの株主優待券。

楽券サービス

いつまで続くかはわかりませんが、楽天がやっている回数券サービスの楽券というサービスですき家の並盛りが3杯1,050円、1杯350円といった券が用意されています。

楽券(すき家)

この楽券のサービスはスマートフォンからしか使えないのでご注意ください。また、沖縄県の店舗、学校内や空港内、集合商業施設、ショッピングモール内の店舗では利用不可です。

この楽券だと安くなるだけではなく、楽天のスーパーポイントアッププログラム(SPU)が適応されるので、楽天カードなら4倍、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードから支払えばポイントが最低でも5倍(還元率4−5%)の楽天スーパーポイントが貯まります。

購入したら購入ページから楽券のページに飛んで使います(反映まで10分程度かかったので、直前に購入するのはやめておきましょう)。

楽券のページ

楽券のパスワード入力画面

店舗のレジにあるパスコードを入れて、確認ボタンを押し、店員さんに画面を見せて利用済みにしたのを確認してもらえば決済が完了です。

商品が限られるのと、購入する手間はかかりますが、すき家で楽天スーパーポイントがこんなにも貯まるのはお得なのでポイント重視の方はうまく利用しましょう。

すき家で現金必要?

→全く必要ありません。

2015年から交通系電子マネーの他に楽天Edyも使えるようになったので、電子マネーユーザーはスムーズに牛丼を食べにいけます。

さらに2018年の3月には全店でクレジットカード決済が可能になります。10円単位の価格競争をしている牛丼チェーンでこの取組は画期的。他の吉野家などがあとに続くのか注目です。

すき家ってどんなお店?

すき家はココスやなか卯などを運営するゼンショーグループが運営する大手牛丼チェーン店。ゼンショーグループの始まりは神奈川県鶴見にあった弁当店が後にすき家となったことから始まる。

現在では売上高でマクドナルドを上回るなど日本を代表する外食チェーンである。