電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

すき家の支払い方法

すき家
                     
電子マネー 楽天Edy / iD / QUICPay
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners / UnionPay) モバイルオーダーではVMJAのみでDinersは利用不可。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / dカード プリペイド
NFC決済(タッチ決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless 「クレジットカードで」と言った後に端末が光ったら対応カード、スマホをタッチすればOK。
QRコード決済(バーコード決済) LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / メルペイ / d払い / au PAY / J-Coin Pay / Alipay / WeChat Pay / 銀聯QR
デビットカード 使える クレジットカード決済が可能なお店で利用可能。
商品券・ギフトカード 使えない ジェフグルメカードなどは使えない。楽天の楽券は現在は停止中。
貯まりやすいポイント 楽天ポイント、dポイント、CooCaポイント 1会計でいずれか1つのポイントカード(アプリ)が提示できる。クレジットカード払いでも、電子マネー払いでも、現金払いでも、ポイントカードかアプリのバーコードを提示すれば200円で1ポイント貯まり、10ポイント10円で利用も可能。
お得なクーポン Sukipass レジ、またはアプリで200円で購入できるクーポンで、対象商品が70円引きになる(1会計で3回まで利用可能)。3回使えば元が取れるのでヘビーユーザーならお得。有効期限は月末までなので、月初に買うのがおすすめ(なくなり次第終了)。
現金いらず得点 4.8点(5点満点中) 幅広い種類の電子マネーに対応。クレジットカードも利用可能。
公式HP https://www.sukiya.jp/

すき家で使える電子マネー

すき家では、楽天Edy 、iD、QUICPay、SuicaやPASMO、Kitaca、ICOCAなど各種交通系電子マネーが使えます。

nanaco、WAONは使えません。

セミセルフレジでも利用可能です(レシートがこちら向きに出てくるので自分で取りましょう)。

すき家のセルフレジ端末

※現金払いのときは自分で↑のセミセルフレジにお金を入れて、出てくるお釣りを受け取ります。

ゼンショーグループの独自電子マネーのCooCaは2021年11月30日で利用も停止しています。

すき家で使えるクレジットカード

すき家では、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners、銀聯の各種クレジットカードが利用可能です。

デビットカード、及び、au PAY プリペイドカードやソフトバンクカードやソフトバンクカード、dカード プリペイドなどの国際ブランド付きプリペイドカードもクレジットカード扱いで使えます。

すき家のアクセプタンスマーク

これですき家の決済は隙がありません。

基本的にクレジットカード払いではサインレス、暗証番号もなく支払い可能です。

すき家でクレジットカード払いをしたときの明細

VISAのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCBのタッチ決済、American Express Contactless、銀聯QuickPassのNFC Pay、コンタクトレス決済にも対応しています。「クレジットカードで」と伝えてからカード、スマホをタッチをすればOKです。

すき家のカード決済端末

↑の端末にタッチします。

(ポイントカード)や楽天ポイントカード、dポイントカードの提示(いずれも200円で1ポイント貯まるので還元率は0.5%)との併用も可能なので、高還元率のカードと合わせれば結構なポイント還元率となります。

すき家で使えるQRコード決済

すき家ではPayPay、LINE Pay、メルペイ、au PAY、d払い、楽天ペイ、J-Coin Pay、AliPay、WeChat Payに対応しています。

すき家で使えるQRコード決済&ポイント

QRコードを表示して↑の端末にかざします。

すき家でお得なクーポン(Sukipass)

すき家のSukipass

すき家ではSukipassというクーポンを購入することができます。

200円で購入することができ、期限まで牛丼・カレーが70円引きになるクーポンです。

3個食べれば元が取れ、その後は毎回70円お得になる計算です。会計時に店員さんにQRコードを提示すればOKです(持ち帰りにも使えます)。

このSukipassの良いところは、1回の会計で3食まで使えるところです。筆者は持ち帰りの時は並の牛丼とカレーを頼むのですが、そうするとSukipassが2枚適応されて140円引きになります。

Sukipass適応時のレシート

牛丼2杯とカレーなら210円引きです。かなりお得感が出ますし、複数種類注文される方は元を取るのも簡単です。

Sukipassはレジ、もしくはすき家アプリから購入することができて、アプリでの支払い方法は各種クレジットカード(デビットカード、ブランドプリペイド)、もしくはPayPayが利用可能です。

期限は毎月月初から月末までとなっていて、有効期限は変わらないので、できる限り月初に購入することをおすすめします。

すき家のモバイルオーダー

すき家は商品を選択&会計もアプリ上で出来てしまうモバイルオーダーを開始しています。日時を指定して注文することも可能です。

すき家アプリ

オプションもつゆだくまで詳細に選択可能です。

すき家アプリでオプションを選択

すき家のモバイルオーダーで利用することが出来る支払い方法はVISA、Mastercard、JCB、American Expressブランドのカード、及びPayPay残高となっています。

一番お得になるクーポンが自動的に適応されるのも嬉しいポイント。Sukipassを選択しているわけでもないのに自動的に適応されています↓。

すき家のモバイルオーダーのクーポン

注文内容が決まったら最後の画面でカメラが起動するので、机に設置されているQRコードを読み取るとその場で注文と会計が完了します。

お店に着いたらレジ前のQRコードを読み込めばOKです。

すき家もモバイルオーダー&ペイのQRコード決済

モバイルオーダーではポイントはdポイントのみ貯められる

モバイルオーダーではdポイントのみ、dアカウントを連携することで貯めることが出来ます。

すき家のモバイルオーダーでdポイントを貯める設定画面

わざわざレジでポイントカードを提示する必要もないので便利です。

楽天ポイントはモバイルオーダーでは貯めることはできません。

すき家で使える商品券・ギフトカード

すき家ではJCBギフトカードなどクレジットカード会社が発行するタイプのギフトカードも使えませんし、飲食店共通商品券のジェフグルメカードも使えません。

使えるのはゼンショーグループの株主優待券です。ただし、ポイント付与対象外なのでご注意ください(2021年7月から変更された)。

楽券サービス

すき家では以前は楽天がやっている回数券サービスの楽券というサービスで、すき家の並盛りが3杯1,050円、1杯350円といった券が用意されていて人気でしたが現在は提供を停止しています。

すき家で貯まる・使えるポイント

すき家では楽天ポイント、dポイント、ゼンショーグループ独自のポイントのCooCaポイントのいずれかのポイントが貯まるし、使えます。ごく一部の券売機店ではポイントは除きます。

1回の会計で貯めることができるポイントは1種類(1枚のポイントカード)のみです。

レジでいずれかのポイントカード、もしくはアプリを提示すれば、クレジットカード払いでも、電子マネー払いでも200円につき1ポイントが貯まり、10ポイント=10円で利用可能です。貯めるポイントは選択性ですが、いずれのポイントでもレートが同じなのは嬉しい。

カード等とポイントの両取りが可能なので、取りこぼしはもったいないです。

以前はPontaポイントも貯まっていましたが、2022年7月4日に終了しました。

すき家で現金必要?

→全く必要ありません。

ごく一部の券売機店を除いて電子マネー&クレジットカード決済が可能ですし、セルフレジはスムーズです。

持ち帰りの際には↓の端末から頼めます。

すき家の持ち帰り注文端末

共通ポイントも貰ってお得に注文しましょう。

すき家ってどんなお店?

すき家はココスやなか卯などを運営するゼンショーグループが運営する大手牛丼チェーン店。ゼンショーグループの始まりは神奈川県鶴見にあった弁当店が後にすき家となったことから始まる。

現在では売上高でマクドナルドを上回るなど日本を代表する外食チェーンである。