電子マネー、スマホ、クレジットカード、暗号通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

モスバーガーの支払い方法

モスバーガー
電子マネー 楽天Edy / iD / 独自の電子マネー / 楽天Edyは2017年5月16日から利用可能に。iDは2017年度中に利用可能に。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / 2017年の7月4日から利用可能に。
相性の良い電子マネー MOSカード モスバーガーでのみ使える電子マネー。ネット注文での決済に使える。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う / (VISA/MasterCard/) 2017年度中に全店舗で導入。銀聯も利用可能。JCB系は使えない。
貯まりやすいポイント MOSポイント
商品券・ギフトカード ジェフグルメカード
現金いらず得点 4.2点(5点満点中) 電子マネーとクレジットカードに対応が完了したら現金いらず。
公式HP http://mos.jp/

モスバーガーで使える電子マネー

モスバーガーでは2017年5月16日から楽天Edyが使えるようになっています。次いで、2017年7月4日からSuica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCAなどの各種交通系電子マネーも利用可能に。

また、2017年度中(クレジットカード導入と同じタイミング)にはポストペイ型電子マネーのiDも導入されます。

逆にメジャーどころの電子マネーで使えないのは、WAONとQUICPayです。

独自の電子マネー<モスカード>

その他、モスバーガーでは全店舗共通の電子マネーとしてモスカードがあります。 モスカード このモスカードは発行手数料が無料でモスバーガーのレジで発行することが出来ます。3,000円以上チャージをすると1%分のMOSポイントが貯まり、貯まったポイントは10ポイント10円で使用することができます。毎月末、25日から29日までは3000円オーバーの入金で1%還元のところが、1000円オーバーの入金で4%還元なります。

チャージの方法は、

  • 店頭で現金で行うか(初回は1000円、次回からは500円単位でチャージ可能)
  • 専用会員サイトにMOSカードを登録し、クレジットカードでチャージ(3000円、5000円、10000円のチャージ額の中から選択)

で選択できます。チャージの有効期限は最後に利用してから3年間です。

また、モスカードを持っているとネット注文を利用する際に事前決済が可能になります(下記詳細)。

ただし、MOSポイントが貯まるのは2018年3月31日(土)までと発表されているので、それ以降は作る意味はあまりないかも・・・(ただ、2014年くらいからそう言い続けてずっと延長しているので詳細は不明)。ご注意ください。

モスバーガーでクレジットカード使える?

2017年中にVISA、Mastercard、銀聯のクレジットカードが利用可能になることが発表されています。

JCB系(JCB、American Express、Diners)の導入は2017年度中はなさそうです。

モスバーガーで使える商品券・ギフトカード

モスバーガーでは全国共通お食事券のジェフグルメカードが利用可能です。

その他、JCBギフトカード、VJAギフトカードなどは現状だとほぼ使えない模様です。

モスバーガーのネット注文(テレフォンオーダー)

モスバーガーといえば、通常出来上がるまで時間がかかるのがネックでもあるのですが、事前にネットから時間指定をして注文すれば、到着してすぐに受け取ることができます。

ネットから注文するのめんどくさいという方は電話からも事前に時間指定して注文もできます(対象店舗はサイトから要検索)。

モスバーガーのネット注文画面

ネット注文の場合、支払いはモスカードを持ってれば事前決済が可能です(店舗では受け取るだけ)。ネット注文のクーポンも多数用意されています。

通信料のお礼として10円をくれるというサービスも・・・(店舗によるかも)。

店舗数は限られますが宅配も行われています。

モスバーガーで現金必要?

→全く必要なくなります。

これまではモスカードにクレジットカードからチャージをすることで間接的なクレジットカード払いしかできなかったモスバーガーですが(モスカードを持っていない方はほぼ現金払いのみだった)、ようやく電子マネー&クレジットカード対応に踏み切ってくれましたので現金いらずです。