電子マネー、スマホ、クレジットカード、暗号通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

LINE Pay(LINE Payカード)について

LINE Payカード

チャージ限度額
  • 本人確認を行っていない場合(LINE Cash)→10万円。
  • 本人確認後(LINE Money)→1000万円。代金決済の上限はLINE Moneyでも1回あたり100万円まで。
チャージ単位 100円100円単位で任意の金額を指定可能(銀行口座からのチャージ時)。
LINEカードで貯まるポイント LINEポイント100円で2ポイント(還元率2%)。
送金手数料 0円LINE Moneyアカウントのみ。
出金手数料 200円(税抜)セブン銀行ATMから1,000円単位で出金可能(1日の上限1万円)(NEW)。LINE Moneyアカウントなら指定した銀行口座へ1LINE Money→1円で出金。
チャージの方法 銀行口座 / Pay-easy / コンビニ払い / セブン銀行ATMから現金チャージ(New) / ローソンのレジで現金チャージ(LINE Payカード保有者のみ) / オートチャージ / チャージ専用口座への振込 銀行口座はみずほ銀行と三井住友銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行、百五銀行、福岡銀行、親和銀行、秋田銀行、十六銀行、熊本銀行、千葉銀行、北洋銀行、八十二銀行。それ以外の銀行はPay-easyの払込みシステムを活用することで可能(詳細はこちら)。
LINE Payが使えるショップ
  • LINE Payカード保有者・・・国際ブランドのJCBが使えるお店で使える。
  • LINE Payカード未保有者・・・LINE MALL / LINE TAXI / フェリシモ / Fril / ZOZOTOWN / HMV ONLINE etc
公式HP http://line.me/ja/pay

LINE PayとはLINEの電子マネーの決済システムです。国際ブランド付きの電子マネーのLINE Payカードと組み合わせることで利用できる店舗が急拡大しています。

かなり多機能になっているので、順番に見ていきましょう。

LINE PayとLINE Payカードの違い

LINE Payはお金を入れたり送金したりするお財布アプリ(箱)の名称、LINE PayカードはLINE Payにチャージしたお金を使う電子マネーの名称です。

LINE Payは、

  • LINEユーザー同士でお金を送る、受け取る(送受金)、割り勘にも使える。
  • LINEウェブストアや提携ストアで決済に使える。

といったことが出来ます。これらはLINE Payカードを作らなくてもLINEからアプリをインストールして設定するだけで使えるようになります。

LINE PayのAppをインストールする

電子マネーのLINE Payカードを作ると、これに加えて、

  • JCBが使える実店舗、ネットショップでの買い物が可能。
  • 利用するたびにポイントが貯まる。

という機能を追加することが出来ます。

LINE Payカードの作り方

LINE Payカードを作る方法は2種類。

申し込んで郵送で送付してもらうか、コンビニで購入するか、です。

申し込んで郵送で作る

前者はLINEのサイト、アプリから簡単に申し込みが可能です。

LINE Payカードをウェブから申し込み

サイト、アプリから申し込むメリットはデザインが豊富に選べること。コンビニで選ぶよりもたくさんのデザインから選ぶことが出来ます。中には↓のようなシンプルなものもあります。

LINE Payカードのデザイン選択

あとはLINEに情報を入力している方は名前と住所がすでに入力されているので進んでいけば申し込み完了。

ただし、郵送だと到着まで1−2週間かかる点には注意。

  • 郵送でLINE Payカードを作るメリット・・・豊富なデザインから選択可能。
  • 郵送でLINE Payカードを作るデメリット・・・到着まで時間がかかる。

コンビニで作る

LINE Payカードは2016年の11月からコンビニでも発売が開始されました。

追記:2018年の1月15日からコンビニでの販売が注意されます。購入するならお早めに。

筆者の近くだとセブンイレブンでは発売されておらず、ローソンには置いてありました。

コンビニでLINE Payカードを買う際に注意をしたいのは、LINEプリペイドカードと間違えないようにすること。

LINEプリペイドカードはLINE内での買い物に利用できますが、実店舗では使えません。実店舗で使えるカードをお求めの方は「JCB」のロゴが付いたLINE Payカードかどうかを確認して購入しましょう。

LINE Payカードは↓のようなやつです。

コンビニで売っているLINE Payカード

手に取ったらレジに持っていって1,000円から10,000円の間でチャージ額を指定して初回チャージを完了します。

  • コンビニでLINE Payカードを作るメリット・・・すぐに作ってすぐに使える。
  • コンビニでLINE Payカードを作るデメリット・・・選択できるデザインは限られている。

LINE Payカードの初期設定

LINE Payカードが手に入ったら、まずは初期設定をします。

LINEアプリ→LINE Pay→コードリーダーを立ち上げて、カードの裏面や付属の案内についているQRコードを読み取ります。

LINE PayのQRコードリーダー

もしQRコードが読み取れなかった場合、指定されたURLからお客様番号とセキュリティコードを入力する形で初期設定を行いましょう(筆者はQRコードが読み取れなかったのでこちらでやりました)。

LINE Payの画面にLINE Payカードが表示されるようになったら成功です。

LINE Payカードの追加完了

LINE Payカードの店舗での支払い方法

LINE Payカードを使うには、JCBが使えるお店で「クレジットカード払いで」と伝えてカードを渡せばOK。

一部、JCBのクレジットカードは使えても、LINE PayカードはNGというお店がまれに存在しますが、あくまで一部の例外程度です。日本でクレジットカードが使えるお店でJCBのクレジットカードが使えないところはほとんどありませんから、多くの店舗で使えます。

ネットショップでも通常のクレジットカード同様に、カード番号と有効期限、セキュリティコードを入力すれば決済可能です。

使った分だけ残高から引かれる形なので、分割払いなどは出来ません。

LINE Payカードで貯まるポイント

LINE Payカードで支払うと、100円につき2ポイントのLINEポイントが貯まります(昔はLINEフリーコインだったがLINEポイントに置き換わった)。還元率はなんと脅威の常時2%です(貯まったポイントをLINE Payで支払いに使った際の還元率)。

LINEポイントの使い道一覧

そして貯まったポイントは以下のような用途で使えます。

  • LINE Payカードでの支払いや送金に利用(交換レート:1ポイント=1円 交換可能:1ポイントから 還元率:2%)
  • Amazonギフト券(交換レート:110ポイント=100円、550ポイント=500円、1100ポイント=1000円)
  • nanacoポイント(交換レート:300ポイント=270ナナコポイント、500ポイント=450円ナナコポイント、900ポイント=1000ナナコポイント)
  • メトロポイント(交換レート:300ポイント=270メトロポイント、500ポイント=450円メトロポイント、900ポイント=1000メトロポイント)
  • Pontaポイント(交換レート:300ポイント=270ポンタポイント、500ポイント=450円ポンタポイント、900ポイント=1000ポンタポイント)
  • JALマイル(還元率1%)
  • その他、eギフトと交換

最も還元率が高く、2%になるのは、貯まったポイントを再びLINE Payカードでの支払いに利用することです。その他のギフト券に交換する場合には多少還元率は下がります。

プリペイド型電子マネーで、どのクレジットカードよりも高い還元率を実現してしまうあたり、LINEの恐ろしさをひしひしと感じます。

LINE Pay(LINE Payカード)へのチャージ方法

LINE Pay(LINE Payカード)にチャージをする方法は大きく分けて7つ。

指定された銀行口座からチャージをする方法と、Pay-easyを利用してチャージする方法と、コンビニ払いでチャージをする方法、セブン銀行ATMからチャージをする方法、(LINE Payカードをお持ちの場合は)ローソンで現金チャージ、オートチャージです。

LINE Payへのチャージ方法

銀行口座でチャージ

銀行口座からチャージをする方法です。最も手間がかからないので、よほどの理由がない限りこのチャージ方法がメインになるでしょう。

利用できる銀行はみずほ銀行と三井住友銀行の他にも、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行、百五銀行、福岡銀行、親和銀行、秋田銀行、十六銀行、熊本銀行、千葉銀行、北洋銀行、八十二銀行などが対応しています。

初回に銀行口座さえ登録しておけば、次回からは簡単にチャージ可能。

LINE Payに銀行からチャージ

その他の銀行からチャージをしたい場合には、下記のPay-easyを使ってチャージをする必要があります。

Pay-easyでチャージ

このPay-easyは払込みサービスです。コンビニのATMで支払うことは出来ませんが、銀行のATMやオンラインバンキングを通じて払込み(チャージ)を行うことが出来ます。

まずチャージ方法でPay-easyを選択します。

LINE PayにPay-easyからチャージする

すると、収納機関番号、お客様番号、確認番号が発行されるので、銀行のATMやオンラインバンキングなどから好きな方法で支払いを行います。

LINE PayのPay-easyで発行される番号

今回は、一例としてオンラインバンキング(ここでは三菱東京UFJ銀行ダイレクトバンク)からPay-easyでチャージをしてみます。

↓Pay-easyを使って払込みが出来る銀行の一例↓

LINE Payのeasy-payでチャージできる銀行一覧

三菱東京UFJ銀行のダイレクトバンクならログイン後、「税金・各種料金払込」というメニューから支払えます。

三菱東京UFJのインターネットバンキングからLINE Payにチャージ

発行された各種番号を入力していけばチャージ完了です。Pay-easyを通じて三菱東京UFJ銀行のオンラインバンキングから払込みをした場合、1分もかからずにチャージできました。

コンビニ払いでチャージ

コンビニからチャージする場合はチャージ→コンビニ払いを選択後、指定額を選択します。すると受付番号、予約番号などが表示されるのでそれらを控えて(スマートフォンを持って)コンビニに向かいましょう。LINE Payにコンビニ払いでチャージをする

対応しているコンビニはローソン(ローソンのみレジでのチャージも可能)、ファミマ、ミニストップ、サークルKサンクス、セイコーマートなど

セブンイレブンはセブン銀行のATMからチャージできます。

ローソンの場合、Loppiから各種番号を入力してレジで支払います。

LINE PayにローソンのLoppiを使ってチャージする

レジで支払えば領収書を発行してもらえます。

LINE Payをローソンでチャージした際の領収書

コンビニで支払えば数分もせずに反映されます。

オートチャージ

銀行口座を登録しておくと、残高が指定した金額を下回った際に自動的にチャージをしてくれるオートチャージ機能を付帯させることが出来ます。

LINE Payのオートチャージ機能

ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行、百五銀行、福岡銀行、親和銀行、千葉銀行など各種銀行口座を登録しておけば、オートチャージ機能を利用可能。

セブン銀行ATMからチャージ

LINE Payはセブン銀行ATMからもチャージが可能です。

チャージの方法はセブン銀行ATMでLINE Payカードを挿入するか、メニューから「スマートフォン 出金・入金」をタップしてアプリからQRコードを読み取る方法の2種類があります。後者ならLINE Payカードいらずで入金できます。

セブン銀行ATMのスマートフォン入出金メニュー

レジに行くよりも楽にチャージできます。

セブン銀行からのATMの入金明細

【LINE Payカード保有者のみ】ローソンのレジでチャージ

LINE Payカードを保有している方はローソンのレジで、カードを提示→チャージ金額を申告→支払い、という手順でチャージが可能です。

チャージ可能な金額は1,000円以上49,000円以下の範囲で現金払いのみです。

ナチュラルローソン、ローソン100でもチャージ可能。

チャージ専用口座へのチャージ

LINEの指定する銀行口座に直接振り込むという方法。

選択すると、振込先の口座の情報が出て来るのでその口座に入金する形です。

PayEasyほど反映は早くありません。1回あたりの上限は10万円。

出来そうで出来ないクレジットカードからLINE Payへのチャージ

クレジットカードでチャージをするのは今後対応してくれそうですが、現状では出来ません。

クレジットカード情報を登録するのは、チャージをするためではなく、LINE Payの決済システムを通じて買い物をする際に、入力の手間が省けるようにするためです。

誤解している方が多いのでご注意ください。

LINE CashとLINE Money

LINE Payには2つのアカウントタイプがあります。それがLINE CashとLINE Moneyです。

RPGでいうと、LINE CASHがレベル1で、LINE MONEYがレベル99だと思っておけばOKです。それくらい出来ること(強さ)が違います。

LINE Cashで出来ること

LINE Cashの状態だと、LINE Payカードにチャージできる金額が10万円に制限されます。

LINE Payカードを持っていない方だと、入金をしても、LINE MallやLINE Storeで使用することしか出来ません。お金を友達に送金したり、割り勘したり、お金を出金することも出来ません。

LINE Payカードを持っている方で「10万円分もLINE Payカードにチャージできるんだから充分」、LINE Payカードを持っていない方でも「LINE内で使えるんだから充分」なら、本人確認をせずにLINE Cashの状態でもOKだと言えるでしょう。

LINE Moneyで出来ること

LINE Moneyの状態だと、LINE Payカードにチャージできる金額が1000万円(1回あたりの上限は100万円)にアップします。普通のクレジットカード以上の上限が使えるようになるという、便利な半面少し恐ろしい金額が扱えるので利用には注意しましょう。

さらに、本人確認をして状態がLINE Moneyになると、「送金機能」が利用できるようになります。

LINE Payの目玉機能はなんといっても割り勘機能ですが、この割り勘も「送金」にあたるので本人確認を済ませていないと使うことが出来ません。例えば、呑みの席で「LINE Payで割り勘ね!」という機会があったとしたら、本人確認を出来ていない(LINE Cashの状態の)あなただけ現金でせこせこと支払うことになってしまいます。

また、違いとして一番大きいのはLINE Moneyでないと日本銀行が発行する通貨として出金が出来ないということ。

LINE Cashの状態ではただの電子マネーで、LINE Moneyになれば、1 LINE Money=1円(手数料はかかりますので実際は少し違いますが)として、銀行に振り込んでもらえます。

今まで「調子にのって楽天Edyなどの電子マネーにチャージをしたのだけど、実際は殆ど使わかなかった・・・しかも一度チャージをしたら払い戻しが出来なかった・・・現金が欲しいのに・・・」という経験をしたことがある方がいたとしたら、このLINE Moneyならそのような心配はありません。間違って入金をしてしまっても被害額は手数料のみで済みます。

LINE Cash=電子マネー、LINE Money=ほぼ銀行

上記説明を読んでもなんだかごちゃごちゃしていてよく理解できないという方は、

LINE Cashはコンビニやスタバなど特定のお店で使える電子マネーで、LINE Moneyはほぼ銀行

という捉え方をしてしまうとわかりやすいかと思います。

もちろんLINE Moneyを銀行と言い切ってしまうのは大げさですが、送金サービスも利用できますし、預けてあるお金を引き出す(LINE Moneyを銀行口座に出金する)ことも出来ますし、特定のお店では銀行が発行するデビットカードのような使い方も出来るので、そのくらいの違いがあるという認識は持っておいてよろしいかと。

LINE CashからLINE Moneyにする手順

LINE Moneyアカウントにするためには本人確認を行う必要があります。

本人確認はLINE Payの「設定」から「本人確認」を選択します。

LINE Payの設定

LINE Payの本人確認

本人確認をするための方法は2種類が用意されています。

  1. 銀行口座の登録
  2. 身分証(本人確認書類)の写真を提出

LINEの本人確認書類(銀行口座か身分証のアップデート)

銀行口座で本人確認をする

銀行口座は三井住友銀行でネットバンキングの利用をしている方か、みずほ銀行でネットバンキングを開設しているかキャッシュカードを保有している方である必要があります。

身分証をアップロードして本人確認をする

おそらく多くの方が利用するのがこちらの身分証をアップロードする方法だと思います。

利用できる身分証は、運転免許証、健康保険証(カード)、住基カードなどです。

LINE Payの身分証明書アップロード画面

アプリ上で写真を撮ってアップロードできます。

注意点としては、運転免許証は裏面の臓器提供意思情報が確認できる部分は隠さないと「本人確認が出来ませんでした」というお断りメールが来ます。

「え、全ての情報が明確に見えるようにっていうから送ったのに!」と思いましたが、そう言われてしまったらしょうがない・・・。

LINE Payの身分証明証をアップロードする際の注意点(臓器提供が見えないように)

もしも臓器提供の記載をしているようでしたらその部分は隠して送りましょう。

土曜日に送っても翌日には本人確認がとれていました。

本人確認後、LINE Cash→LINE Moneyに表記が変わります。

LINE Cashの表記

↓本人確認後↓

LINE Moneyの表記

LINE Payにチャージしたお金を出金する

LINE Payの地味に凄いところはこの出金機能にあります。通常、電子マネーというのは一度チャージしたらもう払い戻しは出来ないものですが、LINE Payではそれが可能です。割り勘機能を利用してもそのお金がLINE Payでしか使えなかったら不便ですからね・・・。

「設定」メニューから出金をタップします。

LINE Payの出金

銀行からチャージをする場合と違って、出金先の口座は殆どの銀行で可能です。

LINE Payの出金先の口座を登録

出金先の口座を登録すればOK。出金できるのは銀行の営業時間中のみですので、平日の9時から15時の間に行うのが無難です。

出金するための手数料は200円(税別)です。LINEスタンプが買える価格です。

下記、LINE Payで支払えるショップやサービスをよく利用するようでしたら出金はせずにLINE Moneyとして保有しておく、もしも使わないようで現金として自由に使いたいなら出金、と言った具合によく考えてから出金しましょう。

セブン銀行ATMでの入出金も可能

LINE Payはセブン銀行と提携して、セブン銀行ATMでの入出金も可能になっています(2017年10月23日から)

全国のセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMから24時間365日出金できるのだから当然便利です。

セブン銀行ATMから出金

ATMからの出金は1,000円単位、出金手数料は200円(税別)、1日に出金できる上限は1万円です。

現状だと、出金には暗証番号を設定したLINE Payカードが必須になります。QRコードのみでの出金にも順次対応するとのことです。

LINE PayカードがなくてもLINE Payアプリだけで支払えるショップ

LINE Payカードを持っていればJCBのクレジットカードが使えるお店すべてで使えるので特にLINE Pay決済に対応しているかどうかを気にする必要はありません。

一方で、LINEPayカードを保有していなくても、LINE Payを決済システムとして取り込んでいる、

  • LINE MallやLINE Storeでの支払い
  • LINE TAXIの支払い

及び、

  • ZOZOTOWN
  • STARBUCKS(オンラインショップ)
  • AppBank Store
  • FOREVER21(オンラインショップ)
  • HMV(オンラインショップ)
  • GROUPON
  • Fril

などなど

の店舗で利用可能です。

例えば、LINE STORE内でLINEスタンプを購入する手順は以下の通り。購入方法を選択する画面でLINE Payを選択。

 

LINE Payを使った購入方法

チャージしたLINE Moneyから支払うか、登録したクレジットカード(LINE Payと紐付けたクレジットカード)で支払うかを選択。

LINE Payを使った購入方法2

支払いで何かを入力する必要はなく、タップだけで進んでいけるので非常にスムーズです。

LINE Payの送金機能

LINE Payについている送金機能は手軽にLINEの友達にお金を払う(送る)ことが出来る機能。

送金に際して手数料はかからないので銀行振込よりも手軽に使うことが出来ます(出金するのにはお金がかかりますが)。

また送金機能には大きく分けて2つの使い方があります。1つが送金(自分が送る)。もう1つが送金依頼(送ってと頼む)。

LINE Payの送金機能

まずLINE Payの機能から「送金」をタップ。

LINE Payの送金

金額を選んで、メッセージを付けて送ります。

LINE Payの送金(メッセージ画面)

これで送金完了。相手にはLINEのメッセージ画面で送金が行われたことが知らされます。

LINE Payの送金依頼

送金依頼は送金機能とは逆で、「お金払ってよ!」とお願いをする機能です。「送金」と勘違いをしてしまうと思わぬ争いの火種になりかねないので注意が必要。

LINE Payの送金依頼

送金依頼の文章は受け取って嬉しい人は少ないと思いますので丁寧に・・・。

LINE Payの送金依頼(メッセージ画面)

送金依頼をしたら相手にメッセージが届きます。相手もLINE Payを使っている人じゃないと、登録→本人確認→入金する手間がかかりますので、事前にLINE Payを使っているかどうか、本人確認を済ませているかどうか(送金機能が使えるかどうか)の確認はしておいたほうが無難です。

LINE Payの割り勘機能

LINE Payアプリの代表的な機能ともいえる割り勘機能。確かにすごく便利です。

代表者が払っておいて(払うことにして)、代表者が残りの人達に支払いを要求します。自分を含めた人間を選択して依頼金額(支払金額)を入力すればOK。

LINEPayの割り勘機能

すると自動的に1人あたりの金額が計算されます。

LINE Payの割り勘計算

端数は割り切れるように自動的に計算をしなおしてくれます。

全員がLINE Payを使っている必要があるのですが、使っていればかなり便利な機能です。

LINE Payのまとめとこれから

LINE Payは、国際ブランドのJCBが付与してJCBが使えるお店ならどこでも使えるLINE Payカードが登場したことで、ハイレベルの電子マネーになりました。還元率が常時2%というのはどのクレジットカードでも見たことがありません。

ただし、LINE Payは現状では以下の弱点(デメリット)があると考えます。

  • 送金機能、割り勘機能共に、相手(割り勘相手含む)もLINE Payを使っていないと使えない。

送金機能は相手もLINE Payを使っていないと使えないというのは残念で、筆者は実際に使えたことがありません。

LINEのアプリは国内だけでも5000万人をゆうに越える人がインストールしています。

なので、

LINE Payカードの高還元率が知れ渡る→多くの人がLINE Payを使うようになる

という好循環が出てくれば、送金&割り勘機能が気軽に使えるようになってきますので、LINEには決済手段の多様化のために色々と頑張って欲しいところです。