電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Visa LINE Payクレジットカード(サービス初年度還元率3%のクレジットカード)

カードフェイス Visa LINE Payクレジットカード(オリンピックデザイン)
国際ブランド VISA
年会費 1,250円 ( 税抜 ) 初年度無料。前年度に利用があれば翌年度も無料。なければ1,250円(税別)がかかる。
申し込み資格 満18歳以上の方 高校生は除く。
還元率1% 基本還元率は1%。2021年4月までは+2%で還元率は3%。
ポイント名LINEポイント
電子マネー/NFC
  • Visaのタッチ決済 (付帯)
公式サイト Visa LINE Payクレジットカードの公式サイトを見る

Visa LINE Payクレジットカードについて

Visa LINE PayカードはLINEと三井住友カードが提携して発行するクレジットカード。Visaのタッチ決済も付帯しています。

2019年夏には申込みの事前予約も開始していましたが、元々提携予定だったオリコとの関係が破談になるなど、ひと悶着ありました。最終的に三井住友カードと提携する形で落ち着いたようで、2020年4月下旬から申し込みが開始されます。

取り急ぎ、今わかっている範囲のこと、それと予想や疑問点をまとめます。

Visa LINE Payクレジットカードのデザインは2パータン、合計6カラー

Visa LINE Payクレジットカードのデザインはスタンダードデザインとオリンピックデザインの2種類です。

スタンダードデザインがこちら。

Visa LINE Payクレジットカード(スタンダードデザイン)

東京2020オリンピックデザインがこちら。

Visa LINE Payクレジットカード(オリンピックデザイン)

2020年4月下旬時点で申し込めるのは、オリンピックデザインのみ、となっています。

スタンダードデザイン6月頃から申し込み開始
東京2020オリンピックデザイン4月下旬から申し込み開始

スタンダードデザインが欲しい場合は6月まで待つ必要があります。

なお、再発行手数料は1,000円かかるので、今はオリンピックデザインを申し込んで後からスタンダードデザインに変更しようと画策されている方はよく考えたほうが良いかもしれません。

Visa LINE Payクレジットカードの年会費は基本無料

年会費は初年度無料、次年度は前年度に1回でも利用していれば無料、利用がなければ1,250円(税別)となっています。

実質年会費無料で使えるカードです。

ETCカードは年会費500円(税別)、もし1回でも利用した場合は翌年度無料です。

家族カードもあり、1人目は無料、2人目以降は400円(税別)となっています。

Visa LINE Payクレジットカードの還元率はサービス初年度3%

Visa LINE Payクレジットカードの基本還元率は1%ですが、サービス初年度である2021年4月30日まで+2%でカードショッピング時に合計3%という高還元率となっています。貯まるポイントはLINEポイントです。

2021年5月からは新しくお得なキャンペーンを開始予定とのことですが、おそらく直前まで周りの様子を見て、還元率を決定してくる形だと思われます。

Visa LINE Payクレジットカードの還元スケジュール

還元率1%は当面担保されていると思って良いでしょう。

3%還元に関する注意点

公式サイトに小さく書いてある注意書きには以下のようにあります。

※2021年4月30日までのカードショッピングについて3%還元

「カードショッピング」という言葉がカードのIC払い、もしくはVisaのタッチ決済のことを指している場合、他の電子マネーへのチャージはもちろん、Apple PayやGoogle Payでの利用時にはポイント付与の対象外、もしくは基本還元率の1%還元の可能性が高いです(まだ登録できるかわかりませんが)。

外れて欲しい予想ですが、現実的に考えて3%還元はカード払いとVisaのタッチ決済に限定される気がします。

また、サービス初年度である2021年4月30日まで3%、という点にも注意が必要です。

三井住友カード デビュープラスなど、「申し込んでから」数ヶ月還元率アップですが、Visa LINE Payクレジットカードは全員」2021年4月30日まで、という期限付きの還元率3%です。例えば、2020年11月に申し込んだ場合、3%の還元率は半年しか享受できない、ということになります。

2021年5月から還元率は3%以上になる可能性が無きにしもあらずですが、より長く高還元率を享受したい方は早く申し込んだほうが良いと言えます。

LINEポイントの使い道

LINEポイントは、QRコード決済のLINE Payでも貯まるポイントで、現時点では以下のような形で利用可能です。

  • QRコード決済のLINE Payで利用する。
  • ブランドプリペイドカードのLINE Payカードで利用する。
  • Google PayのQUICPay+で利用する。
  • オンライン決済で利用する。

    Visa LINE Payクレジットカードの登場とともに、更に利用範囲が拡大しそうな気がします。

    なお、LINE Pay残高へのチャージは2019年12月31日に終了しています。

    LINE Pay(QRコード決済)と連携してクレジットカード払いが可能に

    QRコード決済のLINE Payは、PayPayなどのようにクレジットカード払いはできません。

    ですが、このVisa LINE PayクレジットカードはLINE Payと紐付けてクレジットカード払いができるようになる模様です。

    ポイント3%+マイカラー分のポイントの2重取りができるようであれば強いのですが・・・。

    Visa LINE Payクレジットカードの疑問点・懸念点

    筆者が考えるVisa LINE Payクレジットカードの疑問点や懸念点は以下の通り。

    • QRコード決済のLINE Payにこのクレジットカードを紐付けたとき、ポイントが2重取りできるのか?
    • Apple PayやGoogle Payに登録はできるのか?またその際にポイント還元率は3%なのか、それとも基本還元率の1%なのか、そもそも対象外なのか?
    • もしGoogle Payに登録できた場合、ブランドプリペイドのLINE PayカードはQUICPayだが、クレジットカードのVisa LINE Payクレジットカードは三井住友カード発行なのでiDが付与される?(それって許される?)
    • モバイルSuicaへのチャージでのポイント付与は難しそう?
    • 旅行保険とかは一切記載がないから付与されないっぽい?
    • 2021年5月からの還元率に不安あり。QRコード決済のLINE Payのほうでだいぶ振り回されているので・・・。

    だれか疑問点を解消できる答えをご存知の方がいらっしゃったら教えて下さいませ。

    Visa LINE Payクレジットカードのまとめ

    ということで、公式サイトからわかっていることと、筆者が疑問に思っていることなどをまとめました。

    三井住友カードはGoole PayならSuicaチャージでポイントが付与されるのですが、このVisa LINE Payクレジットカードも1%でも付与されたらかなり強いなと思っています。

    4月下旬を楽しみに待ちましょう。

    正直、オリンピックデザインよりスタンダードデザインが欲しいけど、クレオタとして早く新しいカードを使いたい欲が勝っているので4月に作ってしまう予定です。

      Visa LINE Payクレジットカードの付帯保険・追加カード等

      ETCカード 年会費:500円 利用があれば翌年度無料。
      家族カード 年会費:400円 1人目は無料、2人目から400円(税抜)の年会費がかかる。