電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

IKEAの支払い方法

IKEA
交通系電子マネー 使えない
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
ブランドプリペイド au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
NFC決済 Visaのタッチ決済 / Mastercardコンタクトレス /
QRコード決済 LINE Pay / au PAY / Alipay / WeChat Pay / 2019年の3月から利用可能に。
デビットカード 使える 国際ブランド付きのもの。Jデビットは利用不可。
商品券・ギフトカード IKEAギフトカード チャージは1円単位で50万円まで。JCBギフトカードなどクレカ系ギフトカードは使えない。
ポイントカード IKEA FAMILYカード ポイントが貯まるわけではないが、割引が受けられるといった特典あり。
貯まりやすいポイント お使いのクレジットカードのポイント。独自のポイントはなし。
現金いらず得点 3.9点(5点満点中) ビストロやスウェーデンフードマーケットで電子マネー払いが出来るようになったら嬉しい。
公式HP http://www.ikea.com/jp/ja/

IKEAで電子マネー使える?

IKEAではFeliCa方式の電子マネーでの決済は導入されていません。

すなわち、楽天Edy、WAON、nanaco、後払い式のiDやQUICPay,SUICAやPASMOなどの各種交通系電子マネーは基本的に利用できません。過去にはSuicaを始めとした交通系電子マネーが1階のビストロの食券販売機で使えたこともあったようですが、現在では使えません(筆者は使えるところを確認したことがありません)。

auWALLET、ソフトバンクカード、LINE Payカードといった国際ブランド付き電子マネーは利用可能。

IKEAではNFC決済が可能(Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス)

IKEAでは海外標準の非接触決済であるNFC決済が利用可能です。

使えるのはVISAのタッチ決済とMastercardコンタクトレスの2種類。

有人レジなら店員さんに「NFC決済で(NFC PAYで)」と伝えます。セルフレジの場合は、メニューから<クレジットカード>→<NFC PAY>と選択して、端末左下のマークのところにタッチをすれば利用可能です(下記、IKEAで使えるクレジットカード欄の端末画像参照)。

まだ有人レジだと珍しがられるかもしれませんが丁寧に説明して利用しましょう。セルフレジのほうが試しやすいです。

IKEAのセルフレジ

Visaのタッチ決済は三井住友VISAデビットカード、住信SBIネット銀行VISAデビットなど、デビットカードを中心にに付いています。近年はイオンカードや三井住友カードなど、クレジットカードにも付く例が増加中。

Mastercardコンタクトレスはdカードやオリコカードが発行する対応カードを申し込むか、dカード、オリコカード、auWALLET(プリペイドカード含む)など、MastercardブランドのカードをApple Payに登録することでも使えます。(一部対応していない場合もあり)

レストランでも基本的には使えます。

IKEAで使えるクレジットカード

IKEAではVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種主要クレジットカードが利用できます。

IKEAで使える国際ブランド

特に相性の良いクレジットカードも現状はありませんので(高額の買い物なら特に)ポイントを貯めたいご自身のクレジットカードを利用されると良いかと思います。IKEA内にあるIKEAレストランでもクレジットカードが使えます。

セルフレジでは上記の各種クレジットカード(及びNFC決済)のみ利用可能です(現金不可)。↓は有人レジの画像ですが、端末はセルフレジでも同じです。

IKEAのレジ(セルフレジも同じ)

ただし、ホットドッグやフライドチキン、ドリンクバーが格安で飲み食いできるIKEAビストロではクレジットカードは使えません。これは不便。

スウェーデンフードマーケットは殆どの店舗でクレカは使えます。

IKEAのビストロは現金のみ

↑はIKEA Bistroの券売機ですが、現金のみです。

場所クレジットカード
有人レジ
セルフレジ◯(現金不可)
IKEAレストラン
IKEAビストロ
スウェーデンフードマーケット

IKEAの会員制度・ポイントカード

IKEAでは独自の会員カード「IKEA FAMILY CARD」という入会費もその他費用も一切かからないメンバーズカードがあります(BUSINESS会員もあります)。

IKEA FAMILY CARD

このIKEA FAMILYはポイントが貯まるようなものではありません。特定の商品の割引が受けられたり、FAMILY会員限定のセールが開催されているのでお得になる会員サービスです。

IKEAのFAMILY会員のプレセールで割引がされている商品の一例

FAMILY会員ならセール期間ではなくても常時割引がされている商品もあります(IKEA FAMILYシリーズが中心)。

他にも、子供向けのパティシエ教室やIKEA主催のお泊り会(これも子供用)、他にも大人向け含め、数々のステキなイベントがあったり、ファミリーシリーズという家族のための商品が割引になったり、IKEAレストラン&カフェで平日にはドリンクバーが半額だったり、誕生日に500円のクーポンがもらえたり、、などなど会員制サービスが盛り沢山です。

IKEAレストラン

IKEAのアプリの「IKEA STORE」にFAMILYカードを登録しておけば、カードを持ち歩く必要がない(アプリ、WEB上でバーコードを提示すればOK)ので便利です。

IKEA FAMILYカードをIKEA STOREアプリに登録

IKEAで使えるQRコード決済

IKEAではQRコード決済のLINE Pay、au PAYが使えます。

その他、中国のAliPay、WeChat Payも利用可能となっています。

IKEAで使える商品券・ギフトカード

IKEAでは独自に発行しているギフトカード、IKEAギフトカード(プリペイドカード)が用意されています。

IKEAギフトカード

1円単位で最高はなんと50万円まで。好きな額をIKEAの店頭でチャージして(チャージに使えるのは現金のみ・・・)、人にプレゼントをしてみましょう。引越し祝いなどに最高です。IKEAレストラン、スウェーデンフードマーケットでも利用可能です。ただしIKEAビストロと、仙台店のレストランでは利用不可です。

支払い時はギフトカードを最大10枚まで併用出来ます。

以前は有効期限がなかったのですが、現在はカード発行(チャージ)から3年間が有効期限となっています。プレゼントで貰った際は購入時期を聞いた方が良いかも……。

ちなみに繰り返しのチャージは出来ません。一回使い切りのギフトカードです。

残念なことに、その他、JCBギフトカードやVJAギフトカードなどのクレジットカード系ギフトカードや商品券などは一切使えません。

IKEAでの買い物&支払いまでの手順

IKEAで買い物をする際のイメージ図

IKEAではまず、店内に用意されているイエローバッグ(欲しいものを入れて持ち運ぶバッグ)、必要であればショッピングリスト、鉛筆、メジャーを手に取ります。

家具などの大型品はショールームで試して気に入ったら、購入予定の商品のプライスタグに記載されている情報(列や棚番号)をショッピングリストにメモしていきます。IKEA STOREアプリをインストールしてあれば、いちいちショッピングリストにメモしなくてもアプリでタグをスキャンしていくだけでOKなのでおすすめ。

スキャンしてリスト化した↓の画像の赤い部分、列と場所の番号が後で必要になります。

IKEAのアプリで購入品をリスト化

一階のマーケットホール(キッチン用品や照明などの小物が大量にあるエリア)では、購入するものをそのままイエローバッグに入れていきます(量が多い場合はカートを使う)。

IKEAのマーケットホール

IKEAのイエローバッグ

最後に、セルフサービスエリアでトロリー(家具を乗せるカートの巨大版みたいなもの)を取って、メモしておいた商品番号、棚番号、列番号を頼りに家具などの大型商品を自分でピックアップしていきます。

IKEAで大型家具を運ぶトロリー

先程アプリでリスト化したソファーは8列の13棚にあるということだったのでまずは8列を探します。

IKEAの列番号

次に奥に行って13の棚を発見。ここから商品をとって、トロリーに載せます。

IKEAの棚番号

こうしてイエローバッグとトロリーに載せたもの、全て買うものが全て決まったら、1階で会計をします。通常のレジの他に、カートを使っていない少数の買い物の方用のエコレジ、自分でレジを通すセルフレジも用意されています。

IKEAのセルフレジの支払い方法

IKEAでは合計商品が15店以下の場合はセルフレジが使えます。セルフレジでは使えるのは基本的にクレジットカードとギフトカードのみで、現金不可です。

セルフレジを利用するためにはSサイズ59円、M、Lサイズ99円ほど(店舗によって違うかも?)のブルーバッグを購入して、レジの横にセットします。

その後は買う商品をスキャンして、ブルーバッグに入れる→IKEA FAMILYカードを持っている方はスキャン→支払い方法を選択(クレジットカード、IKEAギフトカード)→クレカorギフトカード読み取り(IC付きカードは端末の下側から差し込み、ICチップが付いていない磁気カードはスキャン)→暗証番号を入力、で購入完了です。

NFC払いの際にはクレジットカードを選択後にNFC Payを選択してタッチをします。

小物のみだと慣れてきたら早いので便利。

IKEAの返品制度

IKEAは購入した商品を購入から365日以内なら返品可能という長期返品制度が取られています。ただしコストコのように使ったものでもOKという返品制度ではないので一緒くたにしないようにご注意ください(コストコのように年会費を取ってないので当然ですが)。

IKEAで現金必要?

→高額な買い物は出来る限りクレジットカードで行いたい。

しかし、レジが別のIKEAビストロではクレジットカードが使えない、基本的に現金のみなので、立ち寄る方は結局現金は必要になってしまいます・・・。ギフトカードついでにアプリからクレジットカードチャージできる独自の電子マネーでも発行して使えるようになると幸い・・・。

IKEA FAMILYカードはヘビーユーザーの方はもちろん、何回かいく予定がある方、家族連れの方は割引のためにもぜひとも持っておきたいところです。

IKEAってどんなお店?

スウェーデンで生まれたおしゃれな北欧家具のお店といえばまず思い浮かぶのがIKEA。現在、その本社は現在はオランダ。イングランドカンプラード氏(IKEAのIとK、残りのEとAはそれぞれ農場名と地域名)が作った会社です。この方、長者番付世界7位にもなっています。

特徴は商品を自ら持ち帰って、自ら組み立てるDIYが基本。配送する場合には別途料金(重量や階段の釣り上げ業務などで加算)がかかります(配送料についての詳しくは公式サイトを参照してください。

IKEAの凄いところはポリシーがしっかりとしているところ。しっかりと商品を見てもらいたいとの方針で(たぶん)公式のオンラインショップはありません(その代わりどっかの誰かが転売はしていますが・・・)。

国内では千葉県の船橋を最初に、現在オープン予定の店舗も含めると10以上の店舗がある。