電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ダイソーの支払い方法

DAISO(ダイソー)
電子マネー 各店舗ごとに違う / 使えない / → 店舗毎の検索はこちら 大型店では楽天Edyなどの各種電子マネーが使える。テナントに入居している店舗の場合、そのテナントに準じる場合もあり。イトーヨーカドー内の店舗ではnanacoが、イオン内の店舗ではWAONが使えることが多い。
交通系電子マネー Suica / 各店舗ごとに違う / 使えない / 交通系電子マネーも店舗によっては使える。
クレジットカード 各店舗ごとに違う ショッピングモール内の店舗などを中心に使えるところも増えてきているが、事前確認が必要。
ブランドプリペイド 各店舗ごとに違う
QRコード決済 PayPay / 各店舗ごとに違う / 2019年10月から直営店全店で利用可能になり、かなりの数の店舗で使える。電子マネーなどと同様に公式サイトから検索可能。
デビットカード 使えない JCBデビット、VISAデビット (クレジットカードが使える店舗では使えるところも。)
商品券・ギフトカード なし 一部の大型施設内の店舗のみ。
ポイントカード 楽天スーパーポイント コーナンに併設されたダイソーでは楽天スーパーポイントが貯まるし使える。
現金いらず得点 2.6点(5点満点中) 店舗によっては◎。でもまだまだ使えない店舗が多すぎるかも。
公式HP https://www.daiso-sangyo.co.jp/

ダイソーで使える電子マネー

ダイソーでは電子マネーが使えるお店も随分と増えてきました。ただし、まだ使えない店舗も多いのと、店舗によって使える電子マネーの種類が異なるので、事前に公式サイトから検索をしていくことをおすすめします。

使える店舗と使えない店舗の分布は以下のような感じ。まだ使えるところは少ないことがわかります。

ダイソーで電子マネーが使える店舗と使えない店舗の比較

大型商業施設ではないビルに入った大型店や路面店では、楽天Edy、SuicaやPASMO、ICOCA、SUGOCA、はやかけん、TOICA、Kitacaといった各種交通系電子マネー、後払い式のiD、QUICPayも使える店舗が多いようです。それらの店舗ではApple Payでの支払いも可。

その他、イトーヨーカドーに入っている店舗ではnanacoが使える、イオンに入っている店舗ではWAONが使えるといった具合にショッピングセンターなどで使える電子マネーはそのまま使えるケースも多いです。

↓は各種電子マネーが使えるダイソー(プラーレ松戸内)。

商業施設内に入っていて各種電子マネーが使えるダイソー

全店舗で共通して使える電子マネーはありません。

公式サイトからお使いの店舗を検索することで使える電子マネーが確認できますのでご活用ください。

https://www.daiso-sangyo.co.jp/shop

ダイソーの公式サイトで電子マネーが使える店舗を検索

店舗の個別ページに行くと、使える電子マネーの種類もきちんと明示されているので事前確認をするのが確実です。

ダイソーの店舗ページで使える電子マネーの確認

 ダイソーでクレジットカードは使える?

→一部店舗でのみ使えます。

上記の電子マネーと同様に店舗検索→絞り込みオプションでクレジットカードが使えるかどうかも確認できます。

電子マネーが使える多くの店舗で使えますが、電子マネーのみ使えて、クレジットカードは使えないという店舗もあるのでご注意ください。

ダイソーでクレジットカードが使える店舗と使えない店舗の比較

100円のものを大量に買う予定があるときには特に使える店舗を検索してから向かったほうが良いかも。

クレジットカードが使えるお店では、auWALLET(MasterCard)、ソフトバンクカード(VISA)、LINEPayカード(JCB)といった国際ブランド付き電子マネーも使えます。

クレジットカードが使えるお店でもAmerican ExpressとDinersは「その他のクレジットカード」にまとめられてしまっているので、事前に電話確認をしたほうが無難でしょう。

ダイソーで使えるギフトカード・商品券

→一部店舗でのみ使えます。

イオンに入っているダイソーはイオンの商品券が使えたりします(使えないところもあり)。JCB商品券、JVA商品券も一部使える店舗はあるようですが、ほとんど使えないと思っておいたほうが良さそうです。

ダイソーで使えるQRコード決済

ダイソーでは2019年10月1日から直営店全店でPayPayが利用可能になっています。

電子マネー同様に利用可能な店舗が検索できますが、かなりの数のダイソーが対応しています。

ダイソーで使えるクーポン・ポイント制度

ダイソーは100円ショップですからクーポンや独自のポイント制度というのは用意されていません。

なので、「基本的には」ポイントを貯めたければクレジットカードを用意するしかないでしょう。

コーナン併設店では楽天スーパーポイントも貯まる

ショッピングセンターのコーナンではダイソーが併設されていることが多いです。

コーナンの中のダイソーで楽天スーパーポイントが貯まる

そしてそれらのダイソーでは2019年4月1日から200円で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります(コーナンで楽天スーパーポイントが導入されたため)。

1ポイント1円で利用することも可能です。

ダイソーで現金必要?

→必要かも?

店舗によっては電子マネーがかなり充実していてクレジットカードも使えるところもあるのですが、まだまだ使える店舗数が少ない印象です。クレジットカードはもちろんですが、Apple Payなどのスマートフォン決済で購入出来ると便利なので、これからますます使える店舗が増えてくることに期待しましょう。

ダイソーってどんなお店?

ダイソーは広島に本社がある大創産業という会社が経営している100円均一ショップ。世界中に展開している。世界のお店は日本よりも高く、日本を訪れた観光客の多くはダイソーに立ち寄る。ツアーの1つにダイソーが入っていたりするのだとか。

なお、外国人に人気なのは抹茶味のお菓子らしい。

洋服の青山との並列店舗であるダイソー&アオヤマ 100YEN PLAZAなども存在している。