電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Can Do(キャンドゥ)の支払い方法

最終更新日:
Can Do(キャンドゥ)
電子マネー WAON / iD / QUICPay / 各店舗ごとに違う 対応店拡大中。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う 同上。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う (VISA / Mastercard / JCB) 対応店拡大中。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / dカード プリペイド / 各店舗ごとに違う
タッチ決済(コンタクトレス決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardタッチ決済(コンタクトレス) / JCBのタッチ決済
QRコード決済(バーコード決済) LINE Pay / PayPay / メルペイ / d払い / au PAY / J-Coin Pay / Alipay / WeChat Pay / イオンペイ イオンペイはユーザースキャン。
商品券・ギフトカード 使えない 商業施設ないであればその施設に準じたものが使えることも。
貯まりやすいポイント WAON POINT 現金で支払いをする場合のみ。対応店舗拡大中(電子マネー、クレジットカード対応店で取り扱い)。
現金いらず得点 4.0点(5点満点中) 2022年からキャッシュレス対応店が多くなっている。
公式サイト https://www.cando-web.co.jp/

キャンドゥで使える電子マネー

キャンドゥでは路面店を中心に電子マネーの対応が順次進められており、下記の掲示がある店舗ではiD・QUICPay+・WAON・交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimocaはやかけん)が利用できます。

キャンドゥのアクセプタンスマーク

一方でイオンやイトーヨーカドーなどの商業施設内出店やスーパーやドラッグストアの売場への出店も多いため、このような場合は施設・店舗に対応する電子マネーには基本的に利用することができます。

他の同業チェーンと比べて対応するお店が店舗検索などでも探すことが出来ず、フランチャイズ元や施設側の意向で使えない場合もあるので基本的に対応しているかどうかは店舗の掲示物で確認するしか方法がありません。

キャンドゥでクレジットカードは使える?

路面店では順次クレジットカードの対応が進められており、上記の掲示がある店舗ではVisa、Mastercard、JCBの3ブランドが利用できます。

キャンドゥのクレジットカード決済端末(タッチ決済可)

タッチ決済(コンタクトレス)も対応しており、「クレジットカード」と伝えるだけで利用できますがカードをお預かりされるケースが非常に多いため、万が一カードの提示を求められた場合はタッチすることを伝えて端末をこちら側へ向けてもらいましょう。

商業施設内出店や店舗内の売場へ出店している店舗については、施設側がクレジットカードに対応している場合は一部を除きほとんどのケースで利用出来ます。

例外として施設内店舗であってもクレジットカードだけ利用出来ないケースも存在するのであらかじめ掲示物を確認しておきましょう。

キャンドゥで使えるQRコード決済

キャンドゥでは路面店、施設内店舗問わず多くの店舗でQRコード決済に対応しています。

PayPay、LINE Pay、au PAY、d払い、メルペイ、楽天ペイ、J-Coin Pay、Coin+、AliPay、WeChat Payは店舗スキャン方式で対応。

上記の電子マネーとクレジットカードが利用可能な路面店ではイオンカードのコード決済「AEON Pay」もユーザースキャン方式で対応しています。

キャンドゥで使えるギフトカード・商品券

キャンドゥはギフトカードや商品券を発行していません。

株主優待券は存在します。

1枚につき100円+税の商品と交換可能な株主券で、20枚綴のものです。株主優待券ですので、もちろんキャンドゥ全店舗で利用可能となっています。

また、商業施設内の店舗であれば、その商業施設内で利用可能なギフトカードや商品券が使える場合があります。

キャンドゥで貯まる・使えるポイント

キャンドゥではイオンの共通ポイント「WAON POINT」が上記の電子マネーとクレジットカードが利用可能な路面店で利用できます。

原則ポイントの加算・付与ともに現金で支払いする場合にのみ利用可能で、200円ごとに1ポイント貯まります。

キャンドゥで現金必要?

→徐々に必要なくなってきています。

路面店でも徐々に電子マネーやクレジットカードが利用出来るようになりつつあり、イトーヨーカドー・Ario・マルイなどの商業施設内の店舗であれば現金いらず。

イオングループ入りした影響もあってか遅れていた路面店でもようやく電子マネーとクレジットカードが導入され飛躍的に利便性が向上、施設内の店舗は他の百均チェーンと比べ、キャンドゥは施設共通の決済手段は柔軟に導入する傾向にあるため何かしらの決済手段が利用できるようになっています。

キャンドゥってどんなところ?

イメージキャラクターのワンドゥ

キャンドゥは全国に1000店舗以上を展開する、業界第3位の100円ショップ。東証一部上場で、本社は東京都新宿区。Instagramでおしゃれな写真を発信しており、若い女性を中心に人気上昇中。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。