電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ワッツ(ミーツ・シルク)の支払い方法

最終更新日:
ワッツ
電子マネー WAON / nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / 各店舗ごとに違う → 店舗毎の検索はこちら
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う 同上。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners) 商業施設に併設している店舗ではその店舗に準ずる。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / dカード プリペイド / 各店舗ごとに違う
タッチ決済(コンタクトレス決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardタッチ決済(コンタクトレス) / JCBのタッチ決済 / アメリカン・エキスプレスのタッチ決済(コンタクトレス決済) / 各店舗ごとに違う 「クレジットで」と伝えてタッチすればOK。2023年10月から開始。
QRコード決済(バーコード決済) PayPay / 楽天ペイ / d払い / au PAY / Alipay / WeChat Pay / 各店舗ごとに違う / 使えない 2023年3月末に一部店舗で拡充。
デビットカード 各店舗ごとに違う
商品券・ギフトカード JCBプレモ 単独店・路面店で使える。その他、例えばアコレ併設店であればイオン商品券が使えるなど、入っている施設で使えるものが使えるところも。
貯まりやすいポイント 公式アプリのスタンプ 最大で1日2個貯められ、7個貯まる毎にワッツのオンラインショップで利用できるクーポンと引き換えることができる。
現金いらず得点 3.2点(5点満点中) 店舗業態がバラバラなので精算方式も多種多様。初めて行く店舗では事前検索が必要。
公式サイト https://www.watts-jp.com/

ワッツ(ミーツ・シルク)で使える電子マネー

ワッツ(Watts)、ミーツ、シルクでは、ほとんどの店鋪において楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、iD、QUICPay+の国内で使える電子マネー全種に対応しています。

ワッツのアクセプタンスマーク

Wattsのセルフレジ

公式サイトの店舗検索で電子マネーとクレジットカードが全種記載されている路面店・単独店は利用可能、路面店・単独店は順次セルフレジを設置しているため対応の記載がない場合でも上記のセルフレジがある場合は問題なく利用可能です。

また、商業施設への出店やスーパー・ドラッグストアの売り場として併設しているケースも多数あり、各店鋪の決済方法に応じた電子マネーが利用できます

ワッツの商業施設内店舗

公式サイトの店鋪一覧に入居するスーパー・ドラッグストアの店名があり、店鋪所在地に「店内」と書かれた店鋪が目印です。(例えばマックスバリュ・アコレ併設であればWAON・交通系・iD・QUICPay+が利用可能、マルエツ併設店でも一部WAONが利用可能な店舗あり)

なお、店舗一覧ページに記載があります。

ワッツの公式サイトで使えるキャッシュレスを検索

ワッツ(ミーツ・シルク)でクレジットカードは使える?

ワッツ、ミーツ、シルクでは、電子マネー同様にクレジットカードも一部店鋪においてVisa、Mastercard、JCB、AMEX、Dinersの主要5ブランドに対応しています。

ワッツの決済端末

クレジットカードに対応した店鋪であればブランドデビットやau PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドカードも利用可能です。

対応店舗については上記、電子マネー同様に店舗一覧ページから調べることができますが、タッチ決済対応店舗についてはパッと見探すことが出来ないため「電子マネー」「クレジットカード」「QRコード決済」の対応ブランドが全て書かれた店舗を参考にしてください。

なお、こちらも商業施設への出店やスーパー・ドラッグストアの売り場併設の店鋪で、クレジットカードが利用可能なお店であればそのまま使うことができます。公式サイトの店鋪一覧に入居するスーパー・ドラッグストアの店名があり、店鋪所在地に「店内」○○と書かれた店鋪が目印です。(ただし一部併設店でもマルエツの一部において利用できない場合あり)

タッチ決済は使える?

上記の決済端末でクレジットカードを扱う全店舗でVisaのタッチ決済、Mastercardタッチ決済、JCBのタッチ決済、American Expressのタッチ決済も利用可能です。2023年10月から開始しました。

三面待ちなので「クレジットカードで」と伝えるだけでOKです。

ワッツ(ミーツ・シルク)で使えるQRコード決済

ワッツ、及びグループ店のミーツ、シルクではほとんどの店舗でPayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、WeChat Pay、AliPayが導入されています。

電子マネー同様、店舗一覧ページから確認することをおすすめします。

ワッツ(ミーツ・シルク)で使えるギフトカード・商品券

ワッツ単独店・路面店においてはJCBプレモカードが利用出来ます。

上記の電子マネー・クレジット・コード決済に対応した店舗であれば利用可能で、利用する場合は「クレジットカード」と伝えるかセルフレジで選択してください。

ただしカード残高の範囲内でしか利用出来ないため、残高不足による現金や他の支払い方法との併用は出来ませんので注意しましょう。

その他、商業施設内店舗や併設店では各店舗で取り扱いしている商品券が利用できます。(ポピュラーなところならイオン出店店舗やマックスバリュ、アコレ併設店であればイオン商品券・イオンギフトカードなどが利用可能)

ワッツ(ミーツ・シルク)で使えるポイントカード

ワッツでは「ワッツ公式アプリ」において、来店チェックインをすると貯まるスタンプカードを提供しています。

ワッツのポイントカード

従来提供していたスタンプカードに代わりチェックイン対象店舗が併設店を含むすべての店舗へと拡大し、スタンプの付与方法も位置情報によるアプリチェックインへ変更となったため簡単に利用できます。

店頭でのチェックインの他にアプリ立ち上げによるログインスタンプもあり、最大で1日2個貯められ、7個貯まる毎にワッツのオンラインショップで利用できるクーポンと引き換えられます。(店頭での割引には利用できません)

従来提供のTポイントアプリによるスタンプカードは2022年8月31日で終了しました。

ワッツ(ミーツ・シルク)で現金必要?

一部の単独店舗・併設店舗を除き必要ありません。

ワッツの場合、出店形態が単独店だけでなく売場併設型としての出店も全体の中で多く占めるため、ほとんどの店舗で何かしらの決済方法に対応しているケースが多いです。

また、単独店舗においても順次クレジットカードや電子マネーの導入が進められているためほとんど現金いらずでOK。

ただし、現状見分けがつきにくい店舗も多いため、一度店舗一覧から確認をした上で利用してみてください。

ワッツってどんなお店?

大阪府大阪市中央区に本社を置く「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」と並ぶ日本の4大100円ショップのひとつ。

小規模で古くから展開している「シルク」「ミーツ」をはじめ、現在は社名の「ワッツ」も用いた3ブランドで全国展開中。

店舗形態の柔軟さも特徴的で、自社店舗の他にスーパーやドラッグストアの売場のひとつとして展開しているケースも多数ある。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。