電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

コストコの支払い方法

コストコ
電子マネー 独自の電子マネー / 使えない /
交通系電子マネー 使えない
相性の良い電子マネー コストコプリペイドカード チャージは最高10万円(1回49,000円)。購入した金額がチャージされている。チャージはコストコに設置されている専用のチャージ機からで現金払いのみ(クレジットカードチャージ不可)。
クレジットカード 使える (AMEX) AMEXは提携クレジットカードもOK。MasterCardはコストコオリコマスターカードのみ。
おすすめクレジットカード セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカードは年会費実質無料で作れる希少なAMEXのクレジットカード。
貯まりやすいポイント アメックスカードのポイント、コストコオリコマスターカードのスマイルポイント
デビッドカード 使えない
商品券・ギフトカード コストコ独自の商品券 コストコで売っている商品券。入場券の代わりにもなる。
現金いらず得点 2.3点(5点満点中) 使えるクレジットカードの種類が増えて欲しい・・・!
公式HP http://www.costco.co.jp/

コストコで使える電子マネー

コストコでは楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay、交通系のSuicaやPASMOなどの電子マネーは使えません。

auWALLETも含めて一切使えません。

使えるのはただひとつ、独自の電子マネーであるコストコプリペイドカードのみです。

コストコのプリペイドカード(陳列)

このコストコプリペイドカードはチャージ機能付きの電子マネーです。全国のコストコで発売されており、購入金額は5,000円(あらかじめ5,000円分のチャージがされています)、1万円(あらかじめ10,000円分のチャージがされています)の2種類。

コストコプリペイドカードのチャージャー

チャージはコストコに設置されているチャージ機(↑の写真)、1,000円単位で一回にチャージ出来るのは最高49,000円、カードの中にチャージ出来る最高額は10万円までです。

ただ、チャージが出来るのは良いのですが、ポイントが付くような電子マネーではないですし、チャージできるのはコストコ内の機械からだけで、現金のみなのが残念。チャージ額がなくなったら結局現金が必要になります。

コストコでクレジットカードは使えるの?

→使えます。ただし、COSTCOは使えるクレジットカードがかなり限られているのでご注意ください。VISA、JCB、MasterCard(※)、Dinersのクレジットカードは使えません。

※MasterCardはコストコが直接発行しているコストコオリコマスターカードのみ使えますが、わざわざ作るメリットは少ないです(下記詳細)。

基本的に、使えるのは国際ブランドがAMEXのクレジットカードのみです。提携しているクレジットカードも含めて全てのAMEXブランドが付与されたクレジットカードが使えます。

中でも、コストコで使うのに一押しのクレジットカードは以下のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費が実質無料で使えるAMEX)

セゾンカードとAmerican Expressが組んで発行しているセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は初年度無料で年に1回でも利用すれば次の年も無料になる(使わなければ1,000円)ので、実質無料で使うことが出来ます。

アメックスのクレジットカードは年会費が高いものばかりで、ブランドが直に発行しているアメックスカード(グリーンカード等)は最低でも年会費が1万円以上かかってきます。せっかくコストコでまとめ買いをしてお得なのに、ムダな年会費がかかってきては意味がありません。

コストコではアメックスから来た人が入会手続きもしており、その場で勧誘が行われているのですが、わざわざ作るメリットは少ないです。コストコで使うため(他の一部のお店でも使うため)ということだったら、年会費が無料のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのほうが圧倒的におすすめです。

貯まるポイントは永久不滅ポイントで、還元率は0.5%と一般的ですが、ポイント有効期限はないですし、通常だと現金払いのみでポイントが貯まらないコストコで0.5%でも還元されるのは嬉しい。

ただでさえ安いコストコでポイントが貯まるとお得感がアップします。コストコに行くと使っている人をよく見かけるカードです。

>>セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら

コストコオリコマスターカード(コストコが直接発行しているクレジットカード)

コストコオリコマスターカード

COSTCOがオリコカードと提携して発行しているコストコオリコマスターカードです。入会費も永年無料で貯まるポイントはオリコカードのポイント、スマイルポイントです。還元率は0.5%。ポイントが貯まったらコストコ商品券に変えることも出来ます。

こちらも入会時に勧誘されることも多いでしょう。ただし、これを作ったからといって会員の年会費が無料になるわけでも、会員証代わりになるわけでもありません。日常的にコストコに放浪しに行くという方は作っても良いかも!?(他のところで出すのは少し恥ずかしいかもですが・・・)

繰り返しますが、マスターカードで使えるのはこの1種類だけで、現状では他のマスタカードは使えないのでご注意ください。

コストコの会員カード、ゴールドスターメンバーカード

コストコゴールドスターメンバーカード

ここをご覧になってくださっている方は既にご存知の方も多いかと思いますが、コストコは会員にならないと入ることが出来ません。年会費は4,400円(税別)です(以前は4,000円でしたが値段アップしました)。

WEBから申し込んで、倉庫店に行くといちいち書類に記載をする必要がなく申込みがスムーズです。

作成にあたって身分証明書が必要ですのでご注意ください。

コストコのゴールドスターメンバーズカードの裏面

また、家族に会員がいる方は18歳以上であれば無料で1枚まで無料で家族カードを作れます。

個人事業主や会社経営者の方は法人会員になると年会費が3,850円(税別)と安くなります。屋号や住所が記載されている名刺さえ出せば法人会員として契約できます。

年会費は更新の際にクレジットカード払いで自動引き落とし設定も可能です(更新月の前々月20日までに公式サイトから設定する必要あり)。この自動引き落とし設定に利用可能なクレジットカードはコストコで支払いに利用できるクレジットカード、AMEXとコストコオリコマスターカードのみです。

会員カードの年会費の返金制度

コストコは会費がかかるからイヤだ・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は年会費はデポジットのようなもので、退会したらその年の分は返金されます。

ただし1点注意したいのは、もしも退会をした場合、そこから1年間(12ヶ月間)は新規会員登録をすることが出来ないという点です。何回も入会、退会を繰り返されたら迷惑なのでその対策でしょう。

会員にならずにコストコに入る方法

会員でなくても、1日特別ご招待券があればコストコに1日だけ入ることが出来ます。

コストコ1日特別ご招待券

チラシに付いていたり、会員が更新時に貰えたりします。ただし、この1日特別ご招待券で入った場合には、購入代金は会員の購入費用+5%です。定期的に利用される方は会員になったほうがオトクです。

コストコで使える商品券・ギフトカード

コストコでは独自の商品券があります(コストコ商品券)。

コストコの商品券

コストコのレジで購入するか、コストコオリコマスターカードのポイントを貯めると交換できます。この商品券は会員ではない方でもコストコに「入場」できる入場券の役割も果たしてくれる代物です。

ただし、この商品券で入場した会員ではない方も、1日特別ご招待券で入ったときと同様に、会員価格での購入ではなく、会員価格よりも5%アップした価格での購入となりますのでご注意ください。

その他、JCBギフトカード、VJAギフトカードなどのクレジットカード会社系のギフトカードは一切使えません。

コストコの返金制度

コストコでは、万が一満足できない場合には商品と引き換えに代金を全額返金されるという制度があります。これは、例えば、購入して食べかけのピザでも返金をすることが可能ですし、衣料品も着てみてやっぱり合わなかったという理由で返金が可能です(店内で試着が出来ないので返金を利用するしかないのですが)。

返金カウンターで理由を言えばOK。この返金制度は期限がなく会員資格が継続している限り返金対象になるのも嬉しい(家庭用家電電化製品とダイヤモンドは90日間でその後はメーカー保証)。

コストコで使えるクーポン

コストコは基本的にはメールマガジンで期間限定の割引情報(クーポン情報)を受け取る形になります。

コストコのメールマガジンでお知らせされるクーポン

特にこれを印刷するわけではなく、対象商品を普通に会計すれば割引価格で会計されているのでクーポンというよりは、セールといったほうが適切だとは思います。ただ、コストコユーザーはみんなこれをクーポンというので、郷に入っては郷に従いましょう。

少し前までは紙のクーポンが配られていたので(それが廃止されてメールマガジンで割引情報が送られてくるようになった)、その名残なのと、コストコは普段からセール尽くしみたいなものなので、その上さらにセールというのはニュアンス的に適切ではないのかもしれません。笑

今でもたまに紙のクーポンが郵送で送られてくることもありますが、新規ユーザー開拓のためだったりするので極稀です。

コストコのメールマガジンに登録していないと見逃すこともあるのでせっかく年会費を払っている会員の方は登録しておくことをおすすめします。

コストコで現金必要?

→アメリカンエキスプレスのクレジットカードを持っていない方は必要です。

使えるクレジットカードは基本的にAMEXのみとかなり限られているので現金はどうしても必要になってきます。

電子マネーのコストコプリペイドカードも入金は現金のみなので現金いらずで買い物をするには特定のクレジットカードが必要。

安い安いと興奮しているうちに、気付いたら高額な買い物になることも多くポイントは貯まりやすいので、ヘビーユーザーならコストコのために上記のクレジットカードを作るのもあり◎

コストコってどんなお店?

カリフォルニア発祥の、会員制の倉庫型店舗。とにかく安くて珍しい商品も多い。そして何でもある。

東京には店舗がなく、札幌(北海道)、上山(山形)、富谷(宮城)、幕張(千葉)、金沢シーサイド(神奈川)、川崎(神奈川)、入間(埼玉)、新三郷(埼玉)、前橋(群馬)、座間(神奈川)、多摩境(東京)、つくば(茨城)、千葉ニュータウン(千葉)、ひたちなか(茨城)、中部空港(愛知)、野々市(石川)、射水(富山)、岐阜羽島(岐阜)、尼崎(兵庫)、京都八幡(京都)、神戸(兵庫)、和泉(大阪)、広島(広島)、久山(福岡)、北九州(福岡)などに展開している。

出向いたら最後。まず間違いなく散財する(個人の意見です)。

コストコで買い物をする手順

  1. コストコで会員カード(及びコストコ商品券や1日特別券など)を提示して中に入ります。同行者がいる場合は固まって入場しましょう。
  2. レジで会計をする際にも会員カードの提示が必要です。
  3. 買い物が終わって倉庫を出る際には出口のところで必ずレシート(買い上げ品数と合っているか)を確認されます。バッグの中身を確認されることもあります。

What's new
ApplePayについて最新情報をまとめています