電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

イオンシネマの支払い方法

最終更新日:
イオンシネマ
電子マネー WAON WAON以外の電子マネーは利用不可。イオンシネマの券売機、コンセッション(飲み物などを買う所)、グッズ売り場で使える。
交通系電子マネー 使えない
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners) AMEXブランドは2023年7月に遅れて対応した。
おすすめクレジットカード イオンカード(ミニオンズ)
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / dカード プリペイド etc.
NFC決済(タッチ決済) American Express Contactless AMEXブランド「のみ」タッチ決済が可能。
QRコード決済(バーコード決済) 各店舗ごとに違う / 使えない セルフレジ対応の飲食売店では、PayPay、au PAY、d払い、メルペイ、AEON Payが利用可能。
デビットカード 使える 国際ブランド付きデビットカード (イオン銀行のキャッシュ&デビットだとお客さま感謝デーの割引が適応されるのでお得)
商品券・ギフトカード シネマギフト クレジットカード系ギフトカードは一切使えない。
貯まりやすいポイント "ミタ"ポイント、dポイント、WAON POINT ミタポイントは年会費400円のワタシアタープラス会員限定で貯まるポイントで6個集めると無料クーポン(ミタクーポン)と引き換え可能。dポイントは100円で1ポイント貯まり、100ポイント=100円で利用可能。WAON POINTは200円で1ポイント貯まり1ポイント1円で利用可能。各種イオンカードとの併用不可など条件あり。
現金いらず得点 4.1点(5点満点中) セルフレジ対応の飲食売店はとても便利なので全店拡大して欲しいところ・・・。
公式サイト https://www.aeoncinema.com/

イオンシネマで使える電子マネー

イオンシネマではイオングループの電子マネーのWAONが支払いに使えます。映画館に併設されているチケット専用端末(発券機)、飲み物を購入する売店でも、物販購入時に使用可能です。

イオンシネマの飲食・ドリンクの注文機器

WAON POINTはいつでもポイント2倍になっているので、200円で2WAON POINTが貯まります(会員登録済みWAONの場合)。

その他、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPayといった電子マネーは使えません(イオンでは使えても、イオンシネマでは使えない)。

イオンシネマでクレジットカードは使える?

→イオンシネマの券売機・及び売店では、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersのクレジットカード・デビットカードが使えます。

イオンシネマの券売機

アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードは2023年7月に遅れて対応しました。

なお、券売機ではアメリカンエキスブランド「のみ」タッチ決済が利用可能です(AMEXのみの対応は筆者も初めて聞くケース)。

au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドもクレジットカード扱いでオンライン(e席リザーブ)、チケットカウンター共に使えます。

また、ポップコーンや飲み物を購入するコンセッションでも各種クレジットカードが使えます(こちらは↑の写真のようなセルフレジの場合、AMEXも使えます)。

ポイントカードの発行手数料ではクレジットカードは使えません。

イオンシネマで1,000円(税込)で観れる(条件あり)クレジットカード

イオンシネマでお得なクレジットカードはイオンカード(ミニオンズ)です。

↓私が保有しているイオンカード(ミリオンズ)。

イオンカード(ミリオンズ)の実物

©UCS LLC

このカードで管理画面のMyPageからイオンシネマのチケットを購入すれば映画料金がいつでも1,000円(税込)になります(年間12枚まで+α)。

それとこちらはあまり知られていませんが、TGC CARD(東京ガールズコレクションのデザイン)もイオンカード(ミリオンズ)同様のイオンシネマ1,000円(税込)の特典が付きます。

2023年10月からは1,000円(税込)の映画チケット単体が年間30枚→12枚に、残りの18枚はドリンク・ポップコーン付きで1,400円(税込)という形に変更されました。映画館行ったらドリンクやポップコーン買っちゃうし、という方は合計で年間30枚は変わらないので特にお得度は減っていないかなと思います。

  • 特別鑑賞シネマチケット(1,000円(税込))・・・年間12枚
  • ドリンク・ポップコーン引換券付きシネマチケット(1,400円(税込))・・・年間18枚

イオンカード(ミリオンズ)、TGCカードの保有者の方は、メンバーページから特別価格で購入できるページに行くことができます。

イオンシネマ(ミリオンズ)の特典で映画鑑賞券を購入する画面

その他、イオンカード(ミニオンズ)ほどお得にはなりませんが、他のイオンカード(イオンカードセレクト、コスモ・ザ・カード・オーパス、スポーツオーソリティカード、ワタミふれあいカードなど)を使っても、いつでも映画料金が300円割引になります(一般料金(1800、1700円以上から)。

イオンカードセレクトの実物

また、毎月20日と30日のイオングループのお客さま感謝デーには映画代金が1,100円(税込)になります(食品などの5%オフよりもお得)。

※e席リザーブで予約したときにも割引が効きます。

クレジットカードのイオンカードを何かしらの理由で作れない方は、イオン銀行のキャッシュ&デビットというデビットカード機能付きキャッシュカードでも20日、30日の優待は効くのでおすすめです。

オンラインチケット購入のe席リザーブの場合はクレジットカード払い(及び国際ブランド付きデビット、プリペイド)のみとなります(こちらもAmerican Expressは使えない)。

イオンシネマで使える商品券・ギフトカード

イオンシネマではJCBギフトカードやVISA(VJA)ギフトカードなどのクレジットカード会社発行のギフトカードは使えません。またイオンが発行しているイオンギフトカードも使えません(イオンギフト券は使用可)。

イオンの商品券は利用可能です。

イオンシネマ独自のギフトカードであるシネマギフトなら、ポップコーンとドリンク(各Sサイズ)と映画1本が付いています。

イオンシネマのポイントサービス・会員サービス

イオンシネマでは会員サービスとしてワタシアターが提供されています。クーポンが提供されたり、e席リザーブの入力が簡単になったり、鑑賞履歴を確認できたりします。

年会費無料で利用できるワタシアターライト会員年会費や更新日が年間400円(税込)かかるワタシアタープラス会員の2種類があります。

ワタシアタープラス会員限定でミタクーポンという制度が用意されており、有料で観ると1ミタが貯まり、2ミタで1,300円で鑑賞できるクーポン、6ミタで無料クーポンと交換できるという仕組みです。大人なら2回観れば、年会費の元は取れることになります。

ミタクーポンを手に入れるためにはワタシアターの会員ページでログインしてe席リザーブから予約するかチケット窓口で会員証を提示する必要があります。

イオンシネマではdポイントが貯まる・使える

イオンシネマでは独自のポイントの他に、docomoのdポイントが貯まるし、使えます。

dポイントカード

100円で1ポイントが貯まり、100ポイント=100円でイオンシネマの料金の支払いでも利用可能です。

dポイントはオンライン予約のe席リザーブでも貯まるし使えます。

イオンシネマのe席リザーブでの購入時にdポイントを貯める

ポイントを貯める際には、イオンマークの入ったクレジットカード(常時300円オフになる)、及び、WAON POINTとの併用は不可。ポイントを使う際には、イオンマークの入ったクレジットカードとの併用は可能です。

その他、電子マネーのWAONでの購入時、前売り券、ムビチケでの購入、ACチケットでの購入時にもdポイント付与の対象外となります。ご注意ください。

dポイントクラブ会員なら毎週火曜日がお得

dポイントクラブサイト内で発行されているスペシャルクーポンを利用すれば、毎週火曜日はdocomoチューズデーで映画鑑賞料金が1,100円になるので、dポイントを貯めていない方でも登録しておきたいところです。

イオンシネマではWAON POINTが貯まる・使える

イオンシネマではイオンが発行するWAON POINTが貯まるし、使えます。

WAON POINTカード

200円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能です。グッズ販売店でも使えます。

イオンカード、dポイントカード提示時、dカードなどでの支払い時にはポイントは貯まりません。

また、dポイントと違って、e席リザーブでの支払い時には貯まらないし、使えません。

イオンオーナーズカードの特典

イオンオーナーズカードはイオンの株を100株以上保有している方に提供される株主優待です。

このイオンオーナーズカードを保有していれば、映画料金が大人、大学生/高校生の場合は1,000円、中学生以下は800円になります(オーナーズカード1枚につき1割引)。さらに映画鑑賞券を買えば、ポップコーンか飲み物の引換券も貰えます。

券売機で上映回・座席を選び、チケットの種類を選択する画面で「オーナーズカード」をタッチ→オーナーズカードを挿入して反映します(オンラインのe席リザーブでは利用不可)。

オーナーズカードが何よりも強いのは、なんと同伴者の方も含めて1,000円になるという点です。

当然その他優待との併用は出来ませんが、お客さま感謝デーやdocomoチューズデーなどの割引よりもお得です。

イオンシネマでQRコード決済は使える?

イオンシネマは券売機・グッズ売り場では基本的にPayPayやLINE PayなどのQRコード決済は使えません。

ただ、現在イオンシネマは飲食・ドリンクでセルフレジを拡大しており、そこではPayPay、au PAY、メルペイ、d払い、au PAY、AEON Payが利用可能です。

オンライン予約「e席リザーブ」の支払い方法

イオンシネマのオンライン予約システム「e席リザーブ」では、以下の支払方法が利用可能です。

  • クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)
  • オンライン決済(PayPay、LINE Pay、メルペイ)

    飲食・ドリンクの飲食売店のセルフレジ

    イオンシネマでは現在一部で飲食売店のセルフレジの取り組みを行っています。これらのレジではVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubのカード、電子マネーのWAON、QRコード決済のPayPay、au PAY、メルペイ、d払い、au PAY、AEON Payが利用可能です。

    ↓キャッシュレス専用のレジも(イオンシネマ市川妙典)。

    イオンシネマの飲食売店のセルフレジ(キャッシュレス専用レジ)

    注文後はカウンターで受け取りだけで便利です。

    イオンシネマで現金必要?

    →必要ありません。

    イオンをお使いの方ならWAONやクレジットカードのイオンカード各種をお持ちの方も多いと思いますので現金いらずで映画を観ることが出来ます(QUICPayやiDなども使えたら嬉しい・・・)。

    ヘビーユーザーならイオンカード(ミニオンズ)は持っておきたいところです。

    イオンシネマってどんな映画館?

    イオンシネマはイオングループのイオンエンターテイメントが運営する映画館。ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメントと合併して日本最大の館数を持つ映画館になった。

    現金いらず.com 運営チーム
    著者:現金いらず.com制作チーム
    2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず.com運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)でも日々情報を共有しています。