電子マネー、QRコード決済、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ダイレックスの支払い方法

ダイレックス
電子マネー WAON / nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / 各店舗ごとに違う
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners) 全店舗で3,000円まではサインレス。
おすすめクレジットカード ダイレックスクレジットポイントカード ダイレックスで還元率2.5%ほど。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / dカード プリペイド
NFC決済(タッチ決済) 使えない
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / メルペイ / d払い / au PAY / J-Coin Pay / ゆうちょPay / Alipay / WeChat Pay / クオカード・ペイ
デビットカード 使える
商品券・ギフトカード JCBギフトカード、VJAギフトカード、お米券、ビール券など
現金いらず得点 4点(5点満点中) クレジットカードだけの対応だが、サインレスなのでスムーズに決済が可能+店内で少額でも利用することを推奨している。
公式HP http://www.ds-direx.co.jp/

ダイレックスで使える電子マネー

ダイレックスでは楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay+、交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)が利用できます。

導入が遅れていたWAONも対応となったためすべての電子マネーが利用可能です。

ダイレックスの電子マネー端末

ただし残高不足の際は利用不可、不足分の現金併用も出来ないため楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネーで利用する場合は残高にはくれぐれも注意しましょう。

なお、各店舗で発行しているダイレックス現金ポイントカードは付与対象外となるため注意が必要です。

その他、国際ブランドが付いたプリペイドカードやau PAYプリペイドカード、ソフトバンクカード、dカード プリペイドなども利用可能です。

ダイレックスでクレジットカードは使える?

→VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが利用可能です。

すべての店舗で3,000円までサインレスでスムーズに決済が可能です(2016年10月くらいから一斉にサインが廃止になった模様)。

ダイレックスで利用可能なクレジットカード

ダイレックスのカード決済端末

セルフ操作でICカードは差込み、au PAYプリペイドカードやdカードプリペイドなどの磁気式カードは裏向きにしてスワイプして読み取ります。

なお、対応済店舗においては従来は3000円からであったサインが「5000円以上で暗証番号またはサイン」に変更となっており、まとまったお買い物でもサッとご利用出来るようになりました。

ダイレックスが発行しているダイレックスクレジットポイントカード

ダイレックスクレジットポイントカード

ダイレックスではJACCSと提携して独自のクレジットカードを発行しています。

それがダイレックスクレジットポイントカードです。このカードならダイレックスだと30,000円までサインレスで決済ができます。

年会費は完全無料でダイレックスクレジットポイントカードでは3種類のポイント(ダイレックスポイント、ダイレックスクレジットポイント、ラブリィポイント)が貯まるカードです。

ただ少々仕組みが複雑なので、ダイレックスで使った場合とそれ以外の場合で解説します。

ダイレックス店舗で使った場合に貯まるポイント

ダイレックスクレジットポイントカードをダイレックスで使った場合には、ダイレックスポイントとラブリィポイントの2種類のポイントが貯まります。

ダイレックスポイントはダイレックスの店舗で貯まるポイントです。100円につき2ポイントが貯まり、500ポイントがダイレックス店頭で500円引きになります。この際の還元率は2%です。

さらに、JACCSカードのポイントであるラブリィポイントも貯まります。200円につき1ポイントが貯まり、キャッシュバックや各種景品など(1,000ポイントが1,050円分のキャッシュバック)に交換できます。この際の還元率は0.525%程度(Jデポ時)です。

なので、ダイレックスで使った際の還元率は合計で2.525%程度になります。ヘビーユーザーなら作っても損はない還元率だと言えるでしょう。

ダイレックス以外のお店やサービスで使った場合に貯まるポイント

ダイレックスクレジットポイントカードをダイレックス以外のお店で使った場合には、ダイレックスクレジットポイントとラブリィポイントの2種類のポイントが貯まります。

この際にはダイレックスポイントは貯まりません。

ダイレックスクレジットポイントは200円につき1ポイントが貯まり、500ポイントがダイレックスお買い物券500円分と交換できます。この際の還元率は0.5%です。

加えてJACCSのラブリィポイントも200円で1ポイントが貯まります(還元率0.525%程度)。

なので、ダイレックス以外で使った際の還元率は合計で1%程度となります。

ダイレックスで使えるQRコード決済

ダイレックスではQRコード決済のPayPay、au PAY、d払い、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイ、J-Coin Pay、りそなWallet、ゆうちょPay、FamiPay、QUOカードPay、AliPay、WeChat Payに対応しています。

ダイレックスのアクセプタンスマーク

2020年3月半ばから対応が開始されました。

ダイレックスで商品券・ギフトカードは使える?

ダイレックスではJCBギフトカードやVJAギフトカードなど各種クレジットカード会社発行のギフトカードが使えます。

また、お米券やビール券、ハーゲンダッツの商品券なども利用可能です。

ダイレックスクレジットポイントと交換したダイレックスお買い物券も当然利用可能。

全国百貨店共通商品券などは利用不可となっています。親会社のサンドラッグも株主優待として独自の商品券を発行しているわけではありません(お米券などが優待)。

ダイレックスで現金必要?

→全く必要ありません。

長らくクレジットの金額制限を設けていた期間があったものの、現在は少額決済でも推奨されており3000円または5000円までならスピード精算出来るようになりました。

クレジットカードに加えてQRコード決済も全店舗対応、さらに電子マネーも順次導入が進められているので決済手段に困ることはありません。

ダイレックスってどんなお店?

ダイレックスは佐賀県佐賀市高木瀬町に本社を置くサンドラッグ傘下のディスカウントストア。九州を中心に展開している。

エブリデイロープライス(EDLP)が特徴。とにかく安い。