電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

GAPの支払い方法

最終更新日:
GAP
電子マネー WAON / 楽天Edy / iD / QUICPay / 各店舗ごとに違う 主要な路面店では電子マネーが使える。
交通系電子マネー 各店舗ごとに違う
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX) 路面店、ショッピングモール店共に利用可能。
おすすめクレジットカード 楽天Edyなどにチャージしてポイントが付くクレジットカード
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / LINE Payカード etc.
デビットカード 使える
商品券・ギフトカード なし 路面店ではクレカ系ギフトカードは利用不可。
ポイント GAP MEMBERS SHIP
現金いらず得点 4.2点(5点満点中) 全店舗で共通して使える電子マネーがあれば◎
公式サイト https://www.gap.co.jp/

GAPで使える電子マネー

GAPでは大きな路面店を中心に電子マネーが使えるところも多々あるのですが、入っているショッピングモール次第だったり店舗によって使える種類が違うのでご注意ください。

路面店では電子マネーの楽天Edyなどが使えるところが多いです(↓一例)。

フラッグシップ銀座店(東京)、渋谷店(東京)、自由が丘MAST店(東京)、吉祥寺店(東京)、名古屋栄店(愛知)、グランドフロント北館店(大阪)、三宮店(兵庫)

WAONとポストペイ型の電子マネーのiDやQUICPayも上記の楽天Edyが使える店舗ではほぼ使えます。イオンモールに入っているGAPでも「ほぼ」使えます。

nanacoは使えるところが少ないですが、イトーヨーカドー東久留米店内(東京)のGAPアウトレット、グランツリー武蔵小杉店内のGAP、GAP KIDSなどで使えます。

au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、dカードプリペイド、LINE Payカードなど各種ブランドプリペイドカードが使えます(au PAY プリペイドカードは以前はポイントアップ店でしたが今は違っています)。

その他、SuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系電子マネーなどは一部のイオンモールに入っているGAPでは使えるところもあるなど、入っている店舗に準じて使える形です。

GAPでクレジットカードは使える?

→VISA、Mastercard、JCB、American Expressなど各種クレジットカードが使えます。

GAPのレジ周り

ショッピングモール内のGAPでも使えないところがほとんどのようです(イオンの中に入っている一部店舗を除く)。

そこまで高額にならない買い物ならクレジットカードから対応の電子マネーにチャージして支払って(チャージポイントが付くカードならですが)ポイントの2重取りをしましょう。

GAPで商品券・ギフトカードは使える?

GAPではJCBギフトカード、VJAギフトカード、UCギフトカードなど各種ギフトカード、商品券などは使えません。特に銀座店などの路面店では使えません。

その他、イオンの中に入っている店舗ではイオン商品券が使えるなど、入っているショッピングモールで使えるギフトカード等は使えることが多いです(イオン内の店舗ではクレジットカード系ギフトカードも使えるところがあります(全店舗ではないので注意))。

GAPの会員システム

GAPには独自の会員システムのGAP MEMBERS SHIP(ギャップメンバーシップ)があります。会員登録を行えば、各種クーポンなどが配布されます。

なのでよくGAPを利用する方は必ず登録をしておきましょう。→GAPメンバーズシップの公式HP

実店舗で使う際には会員ページから会員証の表示をクリックしてQRコードを表示させる(もしくはQRコードのページをブックマークしておいて支払いの際に見せる)ことで適応されます。

GAPの会員証

オンラインストアで利用する場合にはログインIDを入力すればOKです。

GAPで使えるクーポン

GAPの入会特典クーポン

GAPでは会員登録をするとクーポンが配布されます。実店舗、オンライン共に使えるクーポンもあるのでよく利用される方は登録をしておいても良いでしょう。

GAPで現金必要?

→ほぼ必要なし

路面店では楽天Edy、iD、WAONなどの電子マネーが使えますし、クレジットカードも基本的に使えるので現金がなくても支払いには困ることはありません。

ただし、その他店舗やモールの中に入っているGAPでは行く前に公式HPから店舗を検索して電話確認をしてからお店に行くほうが無難です。

GAPってどんなお店?

GAPはギャップ株式会社(Gap Inc.)が運営するアメリカで最大のアパレルブランド。ギャップ株式会社はオールドネイビーなどのブランドも取り扱っている。

GAPというブランド名前の由来は「ジェネレーションギャップ」から想起されたもの。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。