電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

コーナンの支払い方法

コーナン
電子マネー 独自の電子マネー  
交通系電子マネー 使えない
相性の良い電子マネー コーナンPay 1,000円チャージをする毎に1%分が上乗せしてチャージされる。VISAとMastercardブランドのカードからのチャージも可能。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
おすすめクレジットカード コーナンカード コーナンで還元率1.5%(コーナンPayに他のクレジットカードからチャージして支払ったほうが還元率は高いかも)。
ブランドプリペイド au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
QRコード決済 使えない 独自のバーコード決済、コーナンPayのみ。
貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント
デビットカード 使える 国際ブランド付きデビットカード
商品券・ギフトカード JCBギフトカード、VJAギフトカードなどクレカ系ギフトカード ビール券やお米券などは利用不可。
ポイントカード 楽天ポイントカード 200円で1ポイントが貯まり、1ポイント1円で利用可能。コーナンアプリとのヒモ付も可能。
現金いらず得点 4.0点(5点満点中)
公式HP https://www.hc-kohnan.com/

コーナンで使える電子マネー

コーナンでは、楽天Edy、nanaco、WAON、QUICPay、iD、Suicaなどの交通系電子マネーは利用できません。

利用できるのは独自の電子マネーであるコーナンPayのみとなります。

コーナンPay

サービスカウンターから実カードを発行するか、コーナンアプリで会員登録をすることで発行可能となります。

実カードを発行する際には100円がかかります。後日100円分の電子マネーがもらえますが、アプリなら無料で作れるのでおすすめです。

チャージの方法はレジでの現金チャージか、アプリからのクレジットカードチャージです。利用可能なクレジットカードはVISAとMastercardブランドのみで、JCB、American Express、Dinersは利用不可です。

チャージ1,000円毎に1%分のポイントがボーナスとしてチャージされます。例えば、2,000円チャージをすれば2,020円分がチャージされます。

店頭での現金チャージは最大49,000円まで、アプリのクレジットカードチャージは最大100,000円です。チャージ限度額の合計は200,000円となります。

有効期限は最後の買い物から3年となっているのでご注意ください(期間限定マネーは60日)。

現金やクレジットカード、ギフト券、商品券との併用は可能です。

コーナンで使えるクレジットカード

コーナンでは、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが利用可能です。

デビットカードやau WALLET、ソフトバンクカード、dカード プリペイド、LINE Payカードなどのブランドプリペイドカードも利用可能です。

コーナンに併設されているダイソーでも大抵クレジットカード払いが可能です(アクセプタンスマークがないかもしれませんが、提示すれば大抵利用可能)。

数千円であればサインレスなのでスムーズに利用可能となっています。

コーナンが発行しているクレジットカード

コーナンはクレジットカード発行会社のポケットカードと提携して、コーナンカードというクレジットカードを発行しています。

コーナンカード

通常のコーナンカード、リボ払い専用カードのコーナン FLEXY、個人事業主向けのコーナン PRO Businessカード、コーナン コーポレートカードというラインナップがあります。

通常のコーナンカードは年会費は初年度無料で、次年度は前年度に利用があれば無料、なければ1,250円(税別)です。

コーナンで使えば通常の1回払いで還元率1.5%です(1,000円につき3ポイントで1ポイントあたり5円相当)。コーナン以外では還元率1%です。リボ払いだとさらにポイント還元率が上がる仕組みになっています。

FLEXYに関してはリボ払い専用(ポケットカードのリボ払いシリーズ)で、ここでは割愛するので興味がある方は店頭で聞いてみてください。

貯まったポイントはコーナン商品券などに交換できます。

ただ現在はチャージしてポイント還元率1%のコーナンPayが登場しているので、多少手間はかかりますが、クレジットカード(VISA、Mastercard)からコーナンPayにチャージしての支払いのほうがおすすめです(1%+クレジットカードのポイント)。

コーナンで使える商品券、ギフトカード

コーナンでは、JCBギフトカード、VJAギフトカード、アメックスギフトカード、三菱UFJニコスギフトカードなど、各種クレジットカード会社が発行しているギフトカードが利用可能です。コーナン商品券(コーナンクレジットカードで貯まったポイントと交換)も当然、利用可能です。

その他、お米券やビール券などの各種商品券は利用できません。

コーナンで貯まるポイント

コーナンでは共通ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるし、使えます(2019年4月開始)。

コーナンで楽天スーパーポイントが貯まる

200円で1ポイントが貯まり、1ポイント1円で利用可能です。

コーナンデザインの楽天ポイントカード

楽天ポイントカードアプリを提示してもOKです。コーナンアプリ上で楽天アカウントと紐付けることでコーナンアプリから楽天ポイントカードのバーコードを提示することも可能です。

コーナンで併設されているダイソーでも楽天スーパーポイントが貯まるし使えるのがスゴいです。

コーナン併設で楽天スーパーポイントが貯まるダイソー

積極的に利用していきたいところ。

コーナンで使えるQRコード決済

コーナンでは楽天ペイやPayPay、LINE PayなどのQRコード決済は利用できません。

独自のバーコード決済(QRではありません)であるコーナンPayのみとなります。

コーナンで使えるクーポン

コーナンではコーナンアプリ上からクーポンを取得することができます。

コーナンアプリのクーポン

店頭で提示をすればOKです。

コーナンで現金必要?

→クレジットカードがあれば必要ありません。ほぼサインレスで決済可能です。

Suicaや楽天Edyなどの電子マネーは導入されていないので、基本的にはクレジットカード、デビットカード、ブランドプリペイドカードか現金という選択肢になります。

コーナンPayもクレジットカードチャージか現金チャージのみなので、クレジットカードを用意しておきましょう。

共通電子マネーを導入してくれたら嬉しい。

コーナンってどんなお店?

コーナンは大阪に本社を置くコーナン商事株式会社が運営するホームセンターのチェーン店。

日用品からプロユースの商品まで幅広い商品を扱っている。