電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

天下一品の支払い方法

最終更新日:
天下一品
電子マネー 各店舗ごとに違う / 使えない 一部のお店でiD、QUICPay等が利用可なところも(使えるお店は減ってきている)。
交通系電子マネー 各店舗ごとに違う / 使えない 同上。
クレジットカード 使えない 基本的には利用不可。一部店舗、及びショッピングモール内の店舗で利用可能なところも。
ブランドプリペイド 使えない
QRコード決済(バーコード決済) PayPay / 各店舗ごとに違う 一部の店舗でPayPayが導入されている。
デビットカード 使えない
貯まりやすいポイント スタンプ(キャンペーン期間中)
現金いらず得点 1.4点(5点満点中) 使える店舗が拡大すればより足を運びたくなるかも。
公式サイト https://www.tenkaippin.co.jp/

天下一品で使える電子マネー

天下一品の多くの店舗は、電子マネーは一切使えません。Suicaなどの交通系電子マネー、楽天Edy、QUICPayなど、種類を問わず利用不可です。

ただし、一部の店舗でiD・QUICPay・交通系電子マネーを利用出来るところもありますが(↓の店舗はiDが利用可能な店舗)、以前は利用可能だった店舗でも「現金のみ」になっているケースが多々あるのでご注意ください。

赤坂店 (東京都)、茨木けいさつ前店(大阪府)、千里小野原店(大阪府)、東生駒店(奈良県)、福井二の宮店(福井県)、高松駅前店(香川県)

天下一品の「現金のみ」の表記

↑電子マネーが利用不可になった天下一品

以前は使えていた総本店(京都府)などでも今は使えなくなってしまっています。

また、イオンやららぽーとなどのショッピングセンターに入居している店舗なら電子マネーが使えます。

(イオンならSuicaなどの交通系電子マネー・WAON・iD・QUICPayの4種類。ららぽーとならSuicaなどの交通系電子マネー・楽天Edy・iDの3種類)

天下一品で使えるクレジットカード

天下一品の大半の店舗は、クレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイドは使えません。

ただし、数少ない電子マネー対応店舗ではクレジットカードも利用できます。

また、イオンやららぽーとなどのショッピングセンターに入居している店舗でも、各ショッピングセンターが対応するクレジットカードが使えます。

以前は京都にある本店などでクレジットカードを利用出来ましたが、現在は利用不可に変更されているところもあります。

天下一品で使える商品券・ギフトカード

天下一品の運営会社は上場企業ではないので株主優待券は存在しません。

ジェフグルメカードのような商品券も使えません。

なので、基本的には商品券・ギフトカードの類は使えません。

唯一使えるのは、イオンやららぽーとなどのショッピングセンターに入居している店舗の場合。大抵の場合、各ショッピングセンターが対応するクレジットカードが使えます。

天下一品で使えるポイントカード・スタンプカード

天下一品では、常時使えるポイントカード・スタンプカードは導入されていませんが、キャンペーン期間中にはアプリでスタンプが貯まります。

天下一品のアプリのスタンプカード

毎年交換条件は変更されますが、数ヶ月間の期間中にスタンプを5個貯めると、オリジナルグッズか、ラーメン(並)が半額券が貰えます。

天下一品で使えるQRコード決済

天下一品では、PayPayが導入されているところもあります。

電子マネー未対応でもPayPayだけ導入している店舗もあるので、PayPayアプリからお近くの天下一品が対応しているか確認してみてください。

その他、LINE Payや楽天ペイは導入されていません。

天下一品で現金必要?

→ 必要です。

PayPayが最も使える可能性が高いです。初めて行く店舗は事前に調べるか、基本的には現金払いしか出来ないと考えた方が良いでしょう。

数少ない電子マネー対応の店舗が行動圏内にある場合は、貴重なキャッシュレスでラーメンを食べられる店舗として重宝しましょう。

天下一品ってどんなお店?

天下一品は、株式会社天一食品商事が運営するラーメンチェーン店。本店は京都市。

濃厚スープの「こってり」が非常に人気。店内を見渡しても、大半の人はこってりを注文している。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。