電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ヤマダ電機(LABI・テックランド)の支払い方法

ヤマダ電機(LABI)
電子マネー au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 使えない / 国際ブランド付き電子マネーのみ。
交通系電子マネー 使えない
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) ポイントは現金払いのときと比べて-2%ほどになる。
おすすめクレジットカード ヤマダLABIカード ヤマダ電機でクレジットカード払いをすると、ヤマダポイント満額付与+永久不滅ポイント(還元率0.5%)が貯まる。
貯まりやすいポイント ヤマダポイント
デビッドカード 使える J-debit、各種ギフトカード (J-debit払いだと現金払い扱いでポイント満額付与。)
商品券・ギフトカード JCBギフトカード、JTBギフトカード、UCギフトカード、三菱UFJニコスギフトカード クレジットカード払い扱いでポイントは-2%。VJAギフトカードは利用不可。
ポイントカード ヤマダポイントカード 基本的に購入金額の10%還元(商品による)。
現金いらず得点 3.0点(5点満点中) クレジットカードは使えるがポイント付与率は現金払いより下がる。
公式HP http://www.yamada-denki.jp/

ヤマダ電機(LABI・テックランド)で使える電子マネー

ヤマダ電機では楽天Edy、nanaco、交通系電子マネーのSuicaやPASMO、ICOCAなど、さらに後払い式のiD、QUICPayといった種類を問わず、電子マネーは使えません。

au WALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードといった国際ブランド付きの電子マネーのみ、です(クレジットカード扱いでポイントは−2%)。

実際に電話で問い合わせてみましたが即答で使えないと即答を頂きました。

ヤマダ電機(LABI・テックランド)でクレジットカードは使える?

VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersといった各種クレジットカードが使えます。

ただし、他の大手家電量販店と同様にクレジットカード払いだとヤマダポイントが−2%となってしまう点だけは注意。還元率が2%を超えるクレジットカードはないので、損をしないためには現金払い(もしくは下記、デビットカード払い)になります。

クレジットカード払いでも2%引きにならない唯一のクレジットカードはヤマダ電機がUCカード(クレディセゾン)と提携して発行しているヤマダLABIカードです。

ヤマダLABIカードについて

ヤマダLABIカード

ヤマダLABIカードは年会費は初年度無料で次年度からは500円(税別)となっていますが、前の年に1回でも利用していれば、次年度の年会費は無料になるので実質無料で使うことができます。

ヤマダポイントカード+セゾンカードの機能が1枚になったクレジットカードです。

ヤマダ電機でこのヤマダLABIカードで支払えば、貰えるヤマダポイントは現金払いと同じパーセンテージ(満額付与)。

なので、例えばヤマダ電機で10%のポイントが付与される商品(20,000円)をカード払いしたら、ポイントカードとして2,000ポイント(ヤマダポイント)が貰えるのに加えて、通常のクレジットカードのポイント、永久不滅ポイントが1,000円で1ポイント(=5円相当)、20ポイント(=100円相当)も貯まります。なので、合計で2,100円相当のポイントが貯まり、合計の還元率は10.5%になるという仕組みです。

ただし、ヤマダ電機以外では通常のクレジットカードで永久不滅ポイントが0.5%貯まるだけなので、その点はご注意ください。あくまでヤマダ電機のヘビーユーザーの方のためのクレジットカードといえるでしょう。

ヤマダ電機のプレミアム会員で、かつ、このヤマダLABIカードを保有していると、ポイント残高の4%分(1年に2回でそれぞれ2%)のボーナスポイントを得ることができるというサービスも用意されています。例えば、ポイントが指定日に2,000ポイント残っていたら、40ポイントがボーナスポイントとして加算されるという形。ただ・・・6ヶ月で6万円以上の買い物をしていないといけなかったり、色々と制約があるので、あくまでボーナスとして捉えておくと良いでしょう。

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイレージクラブ機能やアメックスの機能も付いたヤマダLABI ANAマイレージクラブカード《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードも用意されています。AMEXが嫌じゃない方はこちらでも良いかもしれません。

ヤマダ電機(LABI・テックランド)で使えるデビットカード

→VISAデビットカード、JCBデビットカード、J-debitカードの各種デビットカードが使えます。

中でも現金いらずで買い物できて、かつ、ポイント還元率が下がらない支払い方法が「J-debitカード払い」です。

え?J-debitって何?という方もよくいらっしゃるのですが、日本の銀行のキャッシュカード(例えばみずほ銀行など)の裏側をよく見ていただくとJ-debitのマークが確認できるかと思います。このJ-debitは現金払いと同じ感覚で支払いが可能で、同時にポイントカードを提示すれば満額のポイントが貰えます。

高額な商品を購入する際に、ポイントを満額貯めたいからといって現金の束を持ち歩くのは危険なので、J-debitカード払いがおすすめ。

ヤマダ電機(LABI・テックランド)で貯まるポイント

ヤマダ電機では独自のヤマダポイントが貯まります。貯めるためには店頭でヤマダポイントカードを作るか、ケータイde安心アプリをインストールする必要があります。年会費などは一切かかりません。

スマートフォンアプリの「ケータイde安心」アプリをインストール(もしくは空メールを送信して会員登録)しておけば、ポイントカードを忘れても、アプリ上のバーコード提示でOKなのと、WEBのヤマダウェブコム、ヤマダモールで貯めたポイント、上記のヤマダLABIカードなどとの共通化ができるのでおすすめ。

ヤマダ電機「ケータイde安心」

貯まるポイントは商品によって異なりますが、基本的には現金払い時に10%還元の商品が多いです(クレジットカード払いだと-2%)。ポイントの有効期限は1年間なのでご注意ください。

ケータイde安心の来店ポイント&ランクアップ制度

ケータイde安心に登録しておくと、来店ポイントを貯めることができる、ランクアップ制度を利用してよりポイントを貯めやすくできるというメリットもあります。

来店ポイントはスマートフォンを設置されているポイントマシーンにかざしてスロットを回して取得します。おサイフケータイ対応機種の方は置くだけでスロットが周り、対応していない機種の方はアプリのバーコードを読み込ませる形。↓のポイントマシーンの左側がバーコードを読み取る部分、右側の青いところがおサイフケータイを置く部分です。

ヤマダ電機に設置されている機械(来店ポイントのスロットを回せる)

来店ポイントのスロットは1,000円以上の買い物をしたときに4回行うことができます(ランクアップするともっと回せるようになる)。最高(1等)で数千ポイント(多々変更される)、最低で1ポイントです。

ヤマダ電機の会員ランク制度

年間の買い物額に応じて(ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンド)、来店ポイントの保持回数が増えたり、誕生日月にポイントが加算されたりするといった特典が加わります。

ヤマダ電機(LABI・テックランド)で使える商品券・ギフトカード

ヤマダ電機ではJCBギフトカードやJTBギフトカード、UCギフトカード、三菱UFJニコスギフトカードが利用できます。金券払いを行った際にはクレジットカードと同様にポイントはマイナス2%くらいになる模様です(電話問い合わせ済み)。

VJAギフトカード、VISAギフトカードは利用不可な点はご注意ください。

ヤマダ電機(LABI・テックランド)で現金必要?

→必要かも。

ヤマダLABIカードをお持ちではない方がポイントを満額貯めるためには、現金払いが基本。やっぱりポイントが2%引きになってしまうのは痛い・・・。還元率が2%のクレジットカードがあれば相殺できるのですが、そこまで高還元率のクレジットカードはほとんど存在していないので・・・。

唯一、J-debitが現金いらずでポイントを満額貯めることが出来るので、高額な買い物のときには積極的に活用していきたいところです。

【補足】ヤマダ電器で楽天Edyが使えるという噂について

ヤマダ電器で楽天Edyが使えるという噂があるようですが、結論から申し上げますと使えません。

楽天Edyは自分で貯めるポイントを選べるのですが、その中でヤマダ電器のヤマダポイントが選択できる、というだけで実際の支払いには使えません。ご注意くださいませ。

ヤマダ電機(LABI・テックランド)ってどんなお店?

ヤマダ電機は群馬県高崎市に本社を置く株式会社ヤマダ電機が運営する日本で最大の家電販売チェーン。LABIはヤマダ電機の都市型店舗、テックランドは郊外型店舗のブランド名。LABIのほうがライバル店が近くに多く存在しているため、価格競争で安くなっていることが多い傾向がある。