電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ヤマト運輸(代引き)の支払い方法

ヤマト運輸
電子マネー WAON / nanaco / 楽天Edy / au WALLET / ソフトバンクカード / 独自の電子マネー / 宅急便コレクト使用時。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / 宅急便コレクト使用時。
相性の良い電子マネー 各種電子マネーが使えます ショップとヤマトの契約による
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
貯まりやすいポイント Tポイント
ポイントカード Tポイントカード 直営店で荷物を送る際に200円で1ポイント貯まり、1ポイント=1円で直営店からの配送時に利用可能(ただし現金払い時のみ)。
現金いらず得点 3.5点(5点満点中) 直営店の郵送時にクレジットカードが使えないのが・・・。
公式HP http://www.kuronekoyamato.co.jp/top.html

ヤマト運輸の代引き決済で使える電子マネー

ヤマト運輸では宅急便コレクト(代引き決済)のサービスで電子マネーでの支払いが可能です(※ショップとヤマトとの契約によるので確認は必要)。

使える電子マネーの種類も多く、nanaco、楽天Edy、WAONの他にも各種交通系電子マネーも利用することが出来ます。これを知っていれば玄関で手からこぼれそうな小銭のやりとりをしなくて済むので非常に便利です。

国際ブランド付きのauWALLETやソフトバンクカードも利用可能です。auWALLETも、筆者の場合は宅配のお兄さんも慣れた様子で普通に使えました。

また、ヤマト運輸ではクロネコ電子マネーカードという独自のカードを発行しています(発行手数料、年会費無料)。

クロネコメンバーズカード

これはnanaco、楽天Edy、WAONとクロネコメンバーズカードが結びついたカードで各種電子マネーとしても使えます。以前は同時にクロネコポイントという独自のポイントも貯まっていたのですが廃止されました。

また、ちょっとややこしいのですが、付帯しているnanaco、楽天Edy、WAONの他に、クロネコメンバー割という送料の支払いに使える独自の電子マネー機能も付帯しています。

クロネコメンバーズカード = nanaco or 楽天Edy or WAON + クロネコメンバー割

クロネコ電子マネーカード(クロネコメンバー割払い)は荷物を<発送>する際にお得な電子マネー

このカードは宅急便コレクトで受け取り時に使ってもただの電子マネーです。実力を発揮するのはヤマト運輸の営業所で荷物を発送するとき。発送料が最大15%引きになります。

ただし、割引を受けるためには、nanacoや楽天Edy、WAONではなく、クロネコヤマトのクロネコメンバー割という独自の電子マネーにチャージ&支払いをする必要があります。クロネコメンバー割へのチャージは直営店や集荷依頼時に現金払いとなっています。

クロネコメンバー割には2種類のカードが用意されています。通常のクロネコメンバー割とクロネコメンバー割BIGです。

  • クロネコメンバー割・・・割引10%。チャージ単位1,000円、1回当たりのチャージ額1,000円-29,000円、チャージ上限100,000円。
  • クロネコメンバー割BIG・・・割引15%。チャージ単位10,000円、1回当たりの最大チャージ額50,000円−100,000円、チャージ上限100,000円。

BIGのほうが割引率は高いですが、チャージ額の融通は利かない形になっています。

また、このクロネコ電子マネーカードを保有していると、直営所に設置されているネコポスから発送手続きをする際に、タッチをすれば発送履歴なども表示されるので入力する手間が省けるというメリットもあります(履歴確認だけならおサイフケータイ、QRコードでもOK)。

ヤマト運輸の直営店で荷物を送る際に使える電子マネー

その他、ヤマト運輸直営店に荷物を持ち込んで送る場合の、料金の支払いには、nanaco、楽天Edy、waon、SuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネーも利用可能です。

ヤマト運輸の代引き決済クレジットカードは使える?

ヤマトでは宅配便コレクトでの注文の際に各種クレジットカード払い、デビットカード払いが出来ます。カード保有者本人のサインは必要になります(※こちらもショップとの契約によるので要確認)。

注文時にウェブサイトでクレジットカード情報を入力しなくて済むのでご利用サイトのセキュリティが不安な場合にも安心して決済できます。

ヤマト運輸直営店から荷物を送るときにクレジットカードは使える?

ヤマト運輸では直営店から荷物を送る際の支払い時にクレジットカードは利用できません。

クレジットカードで送りたければセブンイレブンなど、コンビニを利用しましょう。

ヤマト運輸で貯まるポイント(直営店で荷物を送るとき)

ヤマト運輸では独自のポイントシステムを廃止して、Tポイントを導入しました。

宅急便センターでの配送料金支払い時、ドライバーさんに集荷をお願いしたときの料金支払い時のみです。200円で1ポイントが貯まります。コンビニやその他のお店で配送をする際にはTポイントは貯まらないのでご注意ください。

また、貯まるのはあくまで送るときのみで、代引きでの支払い時(宅急便コレクト)にもTポイントは貯まりません。

Tポイントを貯めるためには、クロネコヤマトメンバーズから事前にTポイントの利用設定をする必要があります。

ヤマト運輸でTポイントを貯める手続きをする

Tポイントはメンバーズページからも確認できます。

ヤマト運輸のメンバーズページ(Tポイント)

貯まったTポイントは直営店(宅急便センター、セールスドライバー)での集荷時に1ポイント=1円で利用できます。ただし、利用できるのは現金払い時のみですのでご注意ください。包装資材の購入にも利用できます。

ヤマト運輸の代引き決済で現金必要?

→ショップによる。

さすがはヤマトで支払いの種類の多さが他の追随を許さないほど豊富でネット通販でも現金いらず。

だからこそ、あとは、宅急便コレクト(ヤマトの代引きサービス)を取り入れるショップがもっと増えてくれば・・・。 玄関先での小銭のやりとりって指がつりそうになるのがイヤだというそこのあなたは電子マネーで一瞬で決済が終わる便利さを一度実感してみてください。

クレジットカード払いも電子マネー払いもショップとの宅配便コレクトの契約次第なので(下記詳細)、もしもショップのほうでクレジットカード払い(信頼できるショップであれば)や電子マネー払いができるようであればヤマトを介さずそちらで決済をしてしまったほうが無難ではあります。

ヤマト運輸の集荷時に現金必要?

→必要かも。

直営店では送料の支払いにクレジットカードが使えないのに加えて、Tポイントは現金払い時にしか使えないので、クロネコメンバー割を利用しないのであれば、コンビニで郵送したほうがお得かも。

※ネットショップでの宅急便コレクト(代引きのクレカ・電子マネー決済)時の注意点

宅急便コレクトをネットショッピングで利用する場合に注意したいのは、ショップとヤマト運輸の契約がどうなっているのか次第なので、全てのショップで宅急便コレクトが利用できるわけではない(=代引き決済時にクレジットカードor電子マネーが使用できるわけではない)ということです。できるという記載があれば良いのですが、小さいショップで注文をする際には予めショップに問い合わせてみましょう。

amazonとヤマトにそれぞれ「amazonで代引き決済で注文をして、その後、ヤマト運輸の電子マネー決済を使って支払いをすることは可能なんですか?」と問い合わせてみましたが(どちらも担当者さんが変な質問に困惑していました・・・)、どちらの回答も、「ヤマトでの宅急便コレクトが適応できるかどうかは注文完了後、発送番号を確認してみないとわからない」、というのが現状のようです(特にamazonは発送業者がヤマトとは限らないのも理由の1つだと思いますが)。ちょっとネットショッピングでの実用性の面でまだ少し難ありなのかなーというのが正直なところ。Amazonでの支払いは公式に発表されている支払い方法を選択したほうがベターです。Amazonの支払い方法の詳細はこちらを参照してください。

ネットショッピングでの利便性がどんどん向上していくと良いですね。