電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

郵便局の支払い方法

郵便局
                       
電子マネー WAON / iD / QUICPay / 各店舗ごとに違う / → 店舗毎の検索はこちら 2020年2月3日から全国65の郵便局で対応(5月には8,500局まで拡大予定だったが延期中)。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う / 同上。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う / (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/UnionPay/) 2020年2月3日から全国65の郵便局で対応(5月には8,500局まで拡大予定だったが延期中)。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 各店舗ごとに違う /
NFC決済(タッチ決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless / 各店舗ごとに違う /
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / Origami Pay / メルペイ / d払い / au PAY / ゆうちょPay / Amazon Pay / Alipay / WeChat Pay / 各店舗ごとに違う / ゆうちょPayも使えない状況が(!)2020年2月からようやく解消・・・。
デビットカード 使える
現金いらず得点 2.5点(5点満点中) 2020年2月から65局で現金いらず。5月から8,500局で対応予定だったが対応延期中。
公式HP https://www.post.japanpost.jp/index.html

郵便局で使える電子マネー

一部の郵便局では、iD、QUICPay、WAON、SuicaやPASMO、ICOCAなどの各種交通系電子マネーに対応しました(2020年2月3日から開始)。

郵便局のアクセプタンスマーク(電子マネー、クレジットカードブランド、QRコード決済)

nanacoや楽天Edyは対象外となっています。

対応店舗では郵便料金、切手、通常はがき、往復はがき、年賀はがきなどのはがき類、ゆうパック、ゆうメールなどの支払いにも利用可能です。

窓口ではがき1枚を買うのに小銭を用意しなければならない、切手を買うためにセブンイレブンでnanacoを使う時代が続きましたが、2020年になってようやく解消される形です。

ただし、収入印紙などの各種印紙、宝くじ、代引引換金・コレクト引換金、国税(関税)などは利用不可なのでご注意ください。

現金払いとの併用はできません。

mijica

郵便局が発行している電子マネーにはmijicaがあり、今までは郵便局では使えなかったのですが、2020年になってようやく使えるようになります。

au PAY プリペイドカードやソフトバンクカードなどのブランドプリペイドも電子マネー・クレジットカード対応店舗では利用可能です。

郵便局でクレジットカードは使える?

一部の郵便局では、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners、銀聯の各種クレジットカードが利用可能になりました(2020年2月3日から開始)。

一括払いのみとなっています。

非接触決済(NFC Pay)であるVisaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCB Contactless、American Express Contactless、銀聯クイックパスにも対応です。

電子マネー同様、対応店舗では郵便料金、切手、通常はがき、往復はがき、年賀はがきなどのはがき類、ゆうパック、ゆうメールなどの支払いにも利用可能です。収入印紙などの各種印紙、宝くじ、代引引換金・コレクト引換金、国税(関税)などは利用不可なのでご注意ください。

WEBから注文するサービス、Webレタックス、Web速達、Webレターおよびe内容証明では以前からカード払いが可能です(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners)。

郵便局のWebレタックス、Web速達、Webレター支払い画面

他に、ゆうパックを送る際にはローソンならクレジットカードが使えます(ミニストップ、セイコーマートではゆうパックでのクレジットカード利用不可)。

ゆうパックスマホ割(ゆうパックは事前払いでクレジットカード払いが利用可能)について

ゆうパックでは2018年からアプリ内での決済でクレジットカードでの事前払いのサービスが開始されています(ゆうパックスマホ割)。

ゆうパックスマホ割という専用のアプリのインストールが必要です。インストールしたらゆうびんIDをお持ちでない方は登録をする必要があります。

ゆうパックスマホ割アプリの画面

ゆうパック基本運賃から180円割引され、継続利用割引として年間10個以上の発送(前月までの1年間で10個以上の発送)で次の発送から10%割引されるという割引も適応されます。

ゆうパックスマホ割のカード登録画面

支払いはクレジットカードで、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが利用可能です。ただし、LINE Payカードなどの一部ブランドプリペイドカードは利用不可となっています(Kyashは登録できました)。

郵便局のゆうプリタッチ(もしくは窓口)でアプリ内のバーコードをスキャンすれば宛名が簡単に印刷できるので後は送るだけです。窓口で現金払いをする必要はありません。

また、受け取り人の住所がわからなくても、かんたんSNSでお届け機能を使えば依頼人に場所を選んでもらうことで安心して荷物を送る&受け取ることが可能になります(メールなどで案内を送って、相手に受け取り場所を選択してもらうシステム)。

郵便局が発行するクレジットカード<JP BANKカード>

JP BANKカード

郵便局はゆうちょのキャッシュカードと一体化したJP BANKカードというクレジットカードを発行しています(VISA、MasterCardブランドは三井住友VISAカードが発行、JCBブランドはJCBが発行)。

年会費は一般カードは初年度無料、次年度から1,250円(税別)、ゴールドカードは10,000円(税別)、学生などの若者向けにはVISAブランドはJP BANK VISAカード ALenteで初年度無料で次年度からは前年度に一度でも利用があれば無料、JCBブランドはJP BANK JCB カード EXTAGEで5年間年会費無料(ただし途中でやめた場合は2,000円(税別)がかかる)となっています。

1,000円で1ポイントが貯まり、貯まったポイントは各種商品と交換可能です。VISA、MasterCardとJCBでは交換景品が変わってきますが、いずれにせよ還元率は0.5%ほどでそこまで高くありません。

カラオケ館やビッグエコー、メガネスーパー、スパリゾートハワイアンズや鴨川シーワールドなどで優待が用意されています。

ゆうパック、EMS(国際郵便)では切手払いが出来る

郵便局でゆうパック、EMSを送る場合には切手での支払いも可能です。

ローソンやミニストップ、セイコーマートなど郵便局以外の場所からゆうパックを送る際には切手払いは出来ません。

郵便局で使える商品券・ギフトカード

郵便局の窓口ではVJAギフトカードやJCBギフトカードなどの各種ギフトカードやQUOカードなど商品券も一切利用できません。

郵便局で使えるQRコード決済

一部の郵便局の窓口で、ゆうちょPay、PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、Amazon Pay、Origami Pay、楽天ペイ、AliPay、WeChat Payが利用可能です(2020年2月3日開始)。

5月には全国8,500局の郵便局で使えるようになります予定でしたが、コロナの緊急事態宣言の影響で延期となっています。。

郵便局で現金必要?

→必要なくなります。

2020年2月から一部の店舗でようやく対応、5月には全国の郵便局、約8,500局で対応予定でしたが非常事態宣言の影響で対応は延期とのことです。いずれにせよ近々対応はしてくれるでしょう。

今までmijicaを出しても郵便局で使えない、ゆうちょPayを出しても郵便局で使えないという泣ける状況だったのがようやく好転です。

あまりにも遅すぎる気もしますが、対応しただけ良しとしましょう・・・。

日本郵政株式会社ってどんな会社?

日本郵便は東京都千代田区霞が関に本社を置く総務省所管の特殊会社。

2007年に民営化され、2015年末に東証一部に上場。