電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

日本交通の支払い方法

日本交通
電子マネー iD / QUICPay / au WALLET / ポストペイ型のiDとQUICPayは問題なく使えます。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / 各種交通系電子マネーが使用可◎
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) タクシーチケットはDinersのものは使えません。
現金いらず得点 5点(5点満点中) LINE Payと手を組んだLINE TAXIまで導入されれば現金は全く必要なくなります。
公式HP http://www.nihon-kotsu.co.jp/

日本交通のタクシーで使える電子マネー

日本交通ではiDとQUICPayが使えます。また、SuicaやPASMOなど各種交通系電子マネーも使えます。

auWALLETもMasterCardでの決済に対応しているので問題なく使えます。

nanaco、WAON、楽天Edyといった商業系の電子マネーは使えません。

日本交通のタクシーでクレジットカードは使える?

→VISA、JCB、MasterCard、AMEX、Dinersの各種クレジットカードが使えます。

日本交通のタクシーで使えるタクシーチケット

日本交通のタクシーチケット、VISA、MasterCard、UCカード、UFJカード、愛のタクシーチケットなどの各種タクシーチケットが使えます。

DinersClubはタクシーチケットは使えなくなってしまいましたが、クレジットカードは問題なく使えます。

※日本交通のタクシーチケットは日本交通が独自の発行するタクシーチケットで別途公式HPや電話から契約の申し込みをする必要があります(発行までは約2週間、登記簿謄本、予納金約40万円などが必要になります)。

日本交通で使えるその他カード

日本交通のタクシーで使えるカード

日本交通ではペーパーレスの決済のためにプリペイドカードやキャブカードが利用可能です。

タクシー専用のプリペイドカードであるタプリカード(都内のみ)。そして日本交通独自のキャブカードも利用可能です(要契約)。

日本交通のタクシーネット決済とは?

スマートフォンなら、日本交通が提供する「日本交通タクシー配車」というアプリをダウンロードして、会員登録をし、クレジットカードを登録しておけば、タクシーの呼び出しからお支払いまで全て完結できます。

日本交通タクシー配車のアプリ画面

乗車をする際にスマホの画面を提示すれば目的地に到着後、クレジットカードを提示したり、支払いをする必要はありません。翌日までに、利用代金の明細がメールで送付されてきますので確認をしましょう。

日本交通 ✕ LINE Payの最強キャッシュレスサービス「LINE TAXI」

上記、タクシーネット決済の進化系が、日本交通がLINEと手を組んで2014年の冬から始まったLINE TAXIです。徐々にタクシーネット配車に対応しているタクシー数万台でも使えるように拡大中。

LINEの専用アカウント、アプリからタクシーを呼んで、支払いもLINE Payで済ませることが出来るので、LINEのアプリ上でタクシー移動が全て完結してしまう、完全なキャッシュレスで、LINE Payは送金サービスを使えば友人とタクシーに乗った際にも割り勘がしやすい。

LINE Payでは銀行口座からチャージも出来るのでクレジットカードをお持ちではないor使いたくない方でも使用可。

日本交通のタクシーで現金必要?

→全く必要ありません。

電子マネーやクレジットカードでの支払いの対応も◎、スマートフォンを使った決済システムの導入も早く、利便性もピカ一です。

キャッシュレス支払いの対応としては全業種の中でもトップクラス!!

日本交通ってどんなタクシー?

日本交通は東京を拠点とするタクシー会社。グループ全体で、タクシー業界での売上は日本一。(赤、もしくは、青色の)桜の花のマークに「N」と描かれたマークが入っているのが目印。創業者は川鍋秋蔵氏。現在の代表は三代目の川鍋一朗氏。
What's new
ApplePayについて最新情報をまとめています