電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)
【PR】このページでは初回2回2,000円オフの紹介コードを掲載しています。

タクシー配車アプリのUber(ウーバー)の支払い方法

最終更新日:
Uber(ウーバー)
支払い方法 クレジットカード / デビットカード
交通系電子マネー 使えない
相性の良い電子マネー 使えない
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners) 最初の設定時にクレジットカード番号を登録するだけ。
ブランドプリペイド 種類による 弾かれるものもあるので事前に登録できるか要確認。
デビットカード 使える
オンライン決済 PayPay / 楽天ペイ / Apple Pay / Google Pay
商品券・ギフトカード Uber ギフトカード
お得なクーポン 紹介クーポン 弊サイトの紹介コードは「hpa14k9awjjf」です。初回から2回分のUberの乗車がそれぞれ2,000円オフになります。
現金いらず得点 5点(5点満点中) 降車時に料金の支払いどころか財布を出す必要までないサービス。
公式サイト https://www.uber.com/cities/tokyo

Uberで使えるクレジットカード

Uber(Uber Taxi)は事前にカードを登録して使います。VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード・デビットカードが登録可能です。

メニューのウォレットから支払い方法の追加や設定を行うことができます。

Uberの支払い方法

Apple Pay、Google Payに登録してあるクレジットカードから支払うと楽です。

Uberで使えるブランドプリペイドカード

Uberでは、利用できるブランドプリペイドカードも基本的に登録可能です。

ただし、種類によっては弾かれるのでご注意ください。

Uberで使えるオンライン決済(PayPay・楽天ペイ)

Uberではオンライン決済のPayPay、楽天ペイが利用可能です。

Apple Pay(iOS)・Google Pay (Android)に登録してあるクレジットカードからも支払いが可能です。

Uber Eatsで利用可能なLINE PayはUberでは利用不可です。

Uberの使い方

アプリを起動するとすぐに近くに呼び出し可能なハイヤーやタクシーがいるかどうかが、マップが出てくるので、あとは呼びたい場所を指定をすればそこまでハイヤーが迎えに来てくれます。「あと◯分で到着」といった時間も表示されます。

Uberのマップ画面

ハイヤーの場合、到着したらドアを手動で開けてくれる紳士なドライバーさんに導かれるまま、高級なハイヤーに乗って目的地に到達するだけです。

料金は登録したクレジットカードから支払われるので、降車時に財布を出す必要は一切ありません。領収書も後ほどメールで送付されてきます。

Uberで貯まるポイント

Uberでは現状ではポイントなどは貯まりません。

海外ではUber Rewardsというポイントシステムがありますが、日本ではまだ導入されていません。

Uber ギフトカードからのチャージ(Uber Cash払い)

Uberではコードを入力することでチャージをすることができるUber Cashという仕組みがあります。

チャージ残高から支払う形で、優先的に利用されます。

日本ではUber ギフトカードというギフトカードがコンビニや家電量販店などで販売されているので、それらを購入してチャージをすることで利用可能です。

Uberのクーポン

Uberでは紹介クーポンが獲得可能です。弊サイトの紹介クーポンは【hpa14k9awjjf】です。

入力すれば、初回2回分のUberの乗車が各回2,000円オフになります。

Uberで現金必要?

→現金では支払えません。

Uberは現金で支払うことも可能ではありますが、基本的に完全に現金いらずのサービスです。

Uberってどんなサービス?

アメリカ発の高級タクシー配車サービス。創業者はトラビス・カラニック氏。世界の200以上の都市でサービスが拡大している。現在日本でのサービス展開は東京のみ。

東京で走っている台数はまだ多いとはいえないが、既存のタクシーとはひと味違う体験、利便性で中毒者が急増中。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。