電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Uber(ウーバー)の支払い方法

Uber(ウーバー)
支払い方法 クレジットカード / デビットカード
交通系電子マネー 使えない
相性の良い電子マネー 使えない
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 最初の設定時にクレジットカード番号を登録するだけ。
ブランドプリペイド 使えない ほとんど使えないと思っておいたほうが無難。
デビットカード 使える
現金いらず得点 5点(5点満点中) 降車時に料金の支払いどころか財布を出す必要までないサービス。
公式HP https://www.uber.com/cities/tokyo

Uberで使えるクレジットカード

Uberは事前にカードを登録して使います。VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード・デビットカードが登録可能です。

メニューのウォレットから支払い方法の追加や設定を行うことができます。

UberのWallet画面

Apple Pay(iOS)・Google Pay (Android)に登録してあるクレジットカードからも支払いが可能です。

Uberで使えるブランドプリペイドカード

Uberでは、利用できるブランドプリペイドカードは一部のものに限られます。

au PAY プリペイドカードやKyashもクレジットカードのように登録しようと思っても出来ませんでした。思わぬトラブルになりかねないので、できる限りクレジットカードを登録することをおすすめします。

Uberの使い方

アプリを起動するとすぐに近くに呼び出し可能なハイヤーやタクシーがいるかどうかが、マップが出てくるので、あとは呼びたい場所を指定をすればそこまでハイヤーが迎えに来てくれます。「あと◯分で到着」といった時間も表示されます。

Uberのマップ画面

ハイヤーの場合、到着したらドアを手動で開けてくれる紳士なドライバーさんに導かれるまま、高級なハイヤーに乗って目的地に到達するだけです。

料金は登録したクレジットカードから支払われるので、降車時に財布を出す必要は一切ありません。領収書も後ほどメールで送付されてきます。

Uberで貯まるポイント

Uberでは現状ではポイントなどは貯まりません。

海外ではUber Rewardsというポイントシステムがありますが、日本ではまだ導入されていません。

Uber Cash払い

Uberではプロモーションコードを入力することでチャージをすることができるUber Cashという仕組みがあります。

チャージ残高から支払う形で、優先的に利用されます。

ただし、まだ日本ではチャージに対応しておらず、かつ、チャージした国でしか使えないので日本国内では使えないと思っておいたほうが良いでしょう。

Uberで現金必要?

→現金では支払えません。

Uberは現金で支払うことも可能ではありますが、基本的に完全に現金いらずのサービスです。

Uberってどんなサービス?

アメリカ発の高級タクシー配車サービス。創業者はトラビス・カラニック氏。世界の200以上の都市でサービスが拡大している。現在日本でのサービス展開は東京のみ。

東京で走っている台数はまだ多いとはいえないが、既存のタクシーとはひと味違う体験、利便性で中毒者が急増中。