電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Apple Musicの支払い方法

Apple Music
支払い方法 クレジットカード / 国際ブランド付きデビットカード / 国際ブランド付きプリペイドカード / ケータイキャリ払い / iTuneカード入金
料金 【個人メンバーシップ】980円、【ファミリーメンバーシップ】1,480円、【学生メンバーシップ】480円
電子マネー au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 国際ブランド付きプリペイドカードのみ。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
デビットカード 使える VISAデビット、JCBデビット (種類によるかも。)
商品券・ギフトカード iTuneカード 無料期間を利用するためには事前入金が必須。
公式HP https://www.apple.com/jp/apple-music/

Apple Musicの料金プラン

Apple Muisc(アップルミュージック)の料金プランは以下の3種類。

プラン名 価格 特徴
個人メンバーシップ 980円 Apple Musicの全ての機能を本人のみが使える。
ファミリーメンバーシップ 1,480円 Apple Musicの全ての機能を最大6人まで使える。
学生メンバーシップ 480円 半額の料金でApple Musicの全ての機能を本人のみが使える。大学生、高等専門学校生、専門学校生のみ。

Apple Musicは通常、個人利用をする場合には月額980円です。

iCloudの設定でファミリー共有を設定しており、ファミリーメンバーシップ料金の1,480円で家族6人までApple Muskcが利用可能。支払いはファミリーオーガナイザーという管理者のみが行います。全員が同じものをダウンロードしたりするのではなく家族それぞれが別のApple Musicを利用可能。

学生の方は通常の半額の480円で利用可能。利用可能期間は最長で4年間(48ヶ月)です。在籍確認はUNiDAYSというサービスを使って定期的に行われます。確認のために学生用アドレスが必要です。利用できるのは在籍中のみなのでご注意ください。

いずれのプランも途中から切り替えることも可能です。「For you」→アカウント情報で設定できます。

無料期間はありますが、Spotifyにように無料で利用できるプランはありません。

Apple Musicで使えるクレジットカード

Apple MusicはApple IDに紐付けているクレジットカードから支払いが行われます。

支払いにはVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種国際ブランドのクレジットカードが利用可能。

アップルミュージックで使うクレジットカードを登録

クレジットカードの登録&変更はWEBでAppleIDのページからログインして登録したり、iTune上(アカウント→マイアカウントを表示)、Apple Muiscアプリ上(For You→アイコンをクリック→Apple IDを表示→サインイン)から行うことが出来ます。

Apple Musicでデビットカード、プリペイドカードは登録可能?

Apple Musicの支払いに国際ブランド付きのデビットカードやLINE Payカード、auWALLETなどの国際ブランド付きの電子マネーは利用可能。

クレジットカードと同様に、カード番号と有効期限、セキュリティコード登録をすればOKです。高校生などでもデビットカードは作れるので登録可です(行けるという報告が多数ですが、デビットカードエラーもあるので一部弾かれてしまうものもあるかも)。

ただし、Apple Musicの月額料金(通常980円)が足りなかった場合、止められてしまうので、残高を気にするのが嫌だという方はクレジットカードを登録するのがおすすめ。

J-Debitは利用不可。

Apple Musicの月額料金をギフトカード払いは出来る?

Apple Musicではコンビニなどで購入可能のギフトカードのiTuneカードを使って入金をすることでも利用することが可能です。

Apple MusicでiTuneカード払い

アプリからカメラでバーコードを読み取ることが出来るので楽に入力可能です。

残高がなくなってしまったら使えなくなってしまうのでご注意ください。

Apple Musicでケータイキャリア払い

Apple MusicではDocomo、au、ソフトバンクユーザーならケータイキャリア払い(月々のケータイ料金と一緒に請求される)も可能です。

Apple Musicのケータイキャリア払い

クレジットカードの国際ブランドに混ざってキャリア決済のメニューがあるのでクリック→ケータイ電話番号を入力→記載されているコードを入力、という手順で設定できます。

Apple Muiscをクレジットカードなしで利用する方法まとめ

Apple Musicはクレジットカードを持っていない方でも利用できます。

  • 残高が切れないようにチャージする必要あり→デビットカード払い、LINE Payカードなどのプリペイドカード払い、iTuneカード払い
  • 残高をチャージする必要なし→ケータイキャリア払い

デビットカードやLINE Payカードでも残高を気にすればクレジットカードと同様に無料期間も利用できますが、iTuneカードだけは注意が必要(下記参照)。

Apple Musicの無料期間はクレジットカードが必須なの?

Apple Musicでは3ヶ月間は無料で使うことができるフリートライアルの期間があります。

フリートライアルを利用するためには支払い情報を事前に入力することが必須です。

支払い情報はmクレジットカードの以外のデビットカードやLINE Payカード、ケータイキャリア払いのいずれの方法で登録しても、3ヶ月無料のフリートライアルを利用することは出来ます。

ただし、iTuneカードの場合には、事前に一月分の金額(980円)を入金しなければ無料期間を利用することは出来ません。iTuneカードは1,500円からなので、チャージ額がない方は1,500円分を入金することになるでしょう。そうすれば、別にクレジットカード情報の登録の必要なく、3ヶ月の無料期間が利用出来るようになります。

できればコンビニでLINE Payカードを買ってきてチャージ&登録をしたほうが、残高の余りを気にしないで良いのでおすすめかも。

Apple Musicの支払い方法まとめ

Apple MusicはSpotifyのように完全無料で利用できる広告入りプランはないので、いずれかの支払い方法を用意する必要があります。

いちいちチャージ残高を気にしないで良いクレジットカード払いが基本になるでしょう。ポイントは貯まりませんが、ケータイキャリ払いもチャージの必要がないのでおすすめ。

高校生以下でもデビットカードやLINE Payカードで登録出来ますが、ご家族にファミリー会員のことを教えてあげるのが良いかも?大学生以上の学生さんなら迷わず学割を利用しましょう。

Apple Musicってどんなサービス?

Apple MusicはAppleが提供している音楽聴き放題サービス。音楽はダウンロードしてオフライン環境で聴くことも可能。

DJが最新の音楽を流しているRadio機能もあり。