電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ゲオの支払い方法

GEO(ゲオ)
電子マネー au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う / → 店舗毎の検索はこちら Luecaが使える。EdyやiD、QUICPayは使えなくなりました。(2014年9月より)
交通系電子マネー 使えない
相性の良い電子マネー Lueca 中古品を売って、売却額をそのままチャージしたときにはプラス10%分のポイントがチャージされる。現在は現金でのチャージ時にはポイントは貯まらない。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/UnionPay/) 銀聯も全国1,700のGEO、及びセカンドストリートの店頭、ゲオモバイルなどで使える。
おすすめクレジットカード JMBローソンPONTAカード
貯まりやすいポイント Pontaポイント
デビッドカード 使えない 一部VISAデビットなど使えるケースもあるようですが、あまり期待しないほうが・・・
商品券・ギフトカード 使えない
ポイントカード GEO Pontaカード ローソンPontaカードなど、その他Pontaカードにもレンタル会員機能を追加できる。
現金いらず得点 3.8点(5点満点中) クレジットカードにも対応していますが、独自電子マネーのLuecaへのクレジットカードチャージが可能になるとなお◎。
公式HP http://geo-online.co.jp/store/

ゲオで使える電子マネー

DVD、CD、コミックなどのレンタルを幅広く行っているゲオでは楽天EdyやiD、QUICPayといった電子マネーが2014年9月をもって全店舗で使えなくなりました。nanacoやWAON、Suicaなどの交通系マネーなど主要な電子マネーは全て使えません。

GEOで使える電子マネーは、独自の電子マネーであるルエカ(LUECA )のみです。

ルエカ(Lueca)

GEOだけではなく、グループの各店、総合リユースショップのセカンドストリート、リサイクルショップのジャンブルストア、総合モバイルショップのゲオモバイルなどでも使えます。利用できる店舗で配布されており、作るのは無料です(配布されている&使える店舗は公式サイトから検索してください)。

Luecaが使えるお店

チャージの上限金額は5万円で、1回にチャージできるのは1,000円(1回あたりのチャージ上限は4万円)です。

チャージの方法は、現金、もしくは、中古品を売った際に得た金額をそのままチャージする方法の2通り。

買い取り金額をそのままチャージしたら10%増しでチャージされる(例えば中古品が2万円で売れてそれをそのままチャージしたら2万2,000円分チャージされる)という電子マネーです。以前は現金でチャージをしたにはポイントが付与されていたのですが、2017年の4月からポイントは付かなくなっています。

中古品を売った金額をチャージすればチャージポイントがアップするという仕組みはとても面白いですが、チャージは現金のみで、さらに現金チャージの際にポイントがつかないので売却をしない方以外は作る必要はないかも。クレジットカードからチャージが出来ない点は特に残念です。

何かを売る方なら、実質10%引きで買い物が出来るということなので、定期的にGEOやセカンドストリートで買い物をされる方であればLuecaで支払ったほうが良いかもしれません。

国際ブランド付きの電子マネー、auWALLET、ソフトバンクカード、LINE Payカードなどは問題なく使えるようになっています。

ゲオで使えるクレジットカード

→VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、銀聯の各種クレジットカードが使えます。

宅配レンタルのゲオの場合、基本的にはクレジットカードでしか支払うことが出来ません。使えるクレジットカードは店舗によって多少異なるそうですが、ほとんど大丈夫。

200円や300円など低額でもカード払いを受け付けてくれるので非常に助かります。少額だとクレジットカードを使いにくいという方でもセルフレジだとより使いやすいかもしれません。

ゲオで使えるポイントカード

ゲオでは会員カード兼ポイントカードとして、PONTAカードを使います(以前は独自の会員カードがあったのですが廃止されてPontaカードと統合?されました)。

GEOのPontaカード

既にローソンで発行したローソンPontaカードや、クレジットカードの(JMB)ローソンPontaカードVISAなどなどPontaカードをお持ちの方は、店頭、もしくはオンラインでゲオでのレンタル機能を追加することができます。新しくPontaカードを作るとポイントが分散してしまうので、既に貯めているPontaカードをお持ちの方はそのPontaカードを持って店舗に行きましょう。

ローソンポンタカード、クレジットカード

店舗では指定された商品のレンタルで200円で1ポイント、宅配レンタルでは100円で1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で使えます。

このPontaカードでオンラインでGEO IDを取得(会員登録)をしておけば、ゲオアプリを会員カード代わりにすることも可能です。

ゲオでギフトカード・商品券は使える?

ゲオではギフトカード・商品券は使えません。

JCBギフトカード、VJAギフトカードといったクレジットカード会社が発行するギフトカード、クオカードも一切使えません。

ゲオで使えるクーポン

ゲオでは独自のアプリの「ゲオアプリ」がリリースされており、会員限定のクーポンが配布されています。

また、GEOでは入会時やキャンペーンなどでクーポンが配布されます。

GEOの半額クーポン

半額クーポンなどはレンタル料金が高い新作のレンタル時などに使ったほうがお得です。

ゲオのセルフレジの支払い方法

ゲオはセルフレジも設置されています。慣れている方ならこちらのほうが便利です。

ゲオのセルフレジ

ゲオのセルフレジの使い方

ゲオのセルフレジ(バッグと現金入れ)

まずPontaカードをカードリーダーにスキャンします。その後、盗難防止用のロックを解除してからバーコードをスキャンします。

もしもゲオアプリなどでクーポンを利用する方はクーポンもスキャンします。

セルフレジでも支払いには、クレジットカード、Lueca、現金払い、Pontaポイントが利用可能です。

支払いが完了したら下に設置されているレンタルバッグにCDやDVDを入れて完了です。

ゲオで現金必要?

→クレジットカードを持っていない方は必要。

独自の電子マネー(プリペイドカード)Luecaに、何か中古品を持って行って売ってその売れたお金をそのままチャージして支払いという方法がもっとも還元率が高くなるのでオススメなのですが、何か売る気がない方は現金チャージでポイントはつかなくなったので、Luecaを使うメリットはありません。

そもそもLuecaにはクレジットカードからチャージができないので、現金以外だと、レジで直接クレジットカードや国際ブランド付きのプリペイドカードで支払いをするのがメインになってくるでしょう(デビットカードは使えないものもある模様)。

CD1枚でクーポンを使って100円−200円程度だと「クレジットカード払いをするのはちょっと・・・」という方もいらっしゃるかもしれませんが、セルフレジなら店員さんに気を使うことなく支払い可能です。

ちなみに、オンライン宅配レンタルは、スポットレンタル(数枚だけ借りるプラン)、月額定額借り放題レンタルなど、いずれのプランにせよクレジットカードが必要になってきますので、そもそも現金使えません。

どうしてもオンラインでクレジットカード払いをしたくないという方は、ゲオグループの「ぽすれん」というサイト(倉庫はGEOと一緒という話です)だとコンビニ払い、Edy払い(PCにつなげる専用機器が必要)なども出来るのですが、オンラインレンタルに一々コンビニ払いをするのは逆に面倒かも!?

ご自身に合った支払い方法を選んでみてください。

GEOの宅配レンタルのプラン

GEOの宅配レンタルにはいくつかのプランがあります。

  • 月額900円の定額プラン(スタンダード4)→月に4枚までレンタルが出来る。 月額1860円の定額プラン(スタンダード8)→月に8枚までレンタル出来る。 月額3760円の定額プラン(ダブル16)→月に16枚までレンタル出来る。
  • 定額プランにはレンタルの期限がないため期限を気にせず何度でも観たい方などには特にオススメ(もちろん月額の定額料金はかかっているのですが)。

    その他、スポットプランは、1枚につき新作は◯◯円、旧作は◯◯円(現在の価格は公式HPで確認して下さい)という形でピンポイントで借りるプラン。別途送料がかかる他、10日以上レンタルを続けると延滞料金もかかります。

    返却はいずれもポストに入れるだけです。

    コメント・情報提供はこちら

    当サービスはキャッシュレス派の皆様からの情報で成り立っております。いつもありがとうございます。