電子マネー、スマホ、クレジットカード、暗号通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

東急ハンズの支払い方法

東急ハンズ
電子マネー 楽天Edy / iD / au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん /
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/UnionPay/) 1万円以下はサインレスで利用可能。セルフ可能。銀聯は店舗によって異なる。
貯まりやすいポイント ハンズクラブのポイント
デビッドカード 使える VISAデビット、JCBデビット
商品券・ギフトカード ハンズギフトカード、東急百貨店の商品券、東急ストアの商品券、JTBが発行するナイスショップギフトカードなど VJAギフトカードやJCBギフトカードなどクレカ系ギフトカードも利用可。その他入っているモールによって異なる。
ポイントカード ハンズクラブのポイント、dポイント 100円で1ポイント(プレミアム会員なら100円で2ポイント)貯まり、300ポイントから100円単位でハンズなどで利用可。dポイントは新宿店、渋谷店、池袋店、梅田店、博多店で100円で1ポイント貯まるし1ポイント=1円で使える。
現金いらず得点 4.2点(5点満点中)
公式HP https://www.tokyu-hands.co.jp/

東急ハンズで使える電子マネー

→東急ハンズでは使える電子マネーは入っているショッピングモールなどによって異なります。

例えば、千葉県柏市の高島屋に入っている東急ハンズだと楽天Edy、iD、SuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネーが使えます。

東急ハンズで使える電子マネー一覧(柏店)

モール内、ショッピングセンター内の東急ハンズだとこのタイプ(楽天Edy、iD、交通系)が多いかと思います。新宿のタイムズスクエアビルの東急ハンズなら使えるのは楽天Edyのみ、また、イオンモール内の東急ハンズならWAONが使えるところもあります。

nanacoとQUICPayが使えるところは少ないと思ったほうが良いでしょう(画像は電子マネーが使える東急ハンズの多くで電子マネー用に導入しているJT-R550CR)。

東急ハンズの電子マネー用R/W

初めていくハンズでは使えないと思っていったほうが無難かもしれません。例えば、都内だと銀座店だと電子マネーは不可です。

九州だとJQのおかげで(熊本店を除く)全店で交通系電子マネーが使える模様です。

ソフトバンクカード、auWALLET、LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードは各種利用可能です。

東急ハンズでクレジットカードは使える?

VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードやデビットカードが利用可能です。

銀聯も多くの店舗で使えます(銀聯が使えるかどうかは東急ハンズの英語サイトの店舗一覧ページで確認できます)。

東急ハンズのクレカ決済用に導入されているVEGA

IC付きクレジットカードは端末に自分で差し込んでOKボタンを押すだけ(セルフ)で、サインレスで決済が可能になります(1万円以下)。

東急ハンズで使えるクレジットカードの国際ブランド

東急ハンズで使える商品券・ギフトカード

東急ハンズでは基本的にはハンズギフトカード、東急百貨店の商品券、東急ストアの商品券、JTBが発行するナイスショップギフトカードなどが使えます。

またJCB、VJA、VISA、UC、三菱UFJニコス、DC、アメックスなどの各種ギフトカードも使えます。

全国共通百貨店ギフトカードなどはごく一部の東急ハンズで使える形なので、事前に問い合わせたほうが良いでしょう。

その他、イオン内の東急ハンズではイオン商品券、イオンモールお買い物券など所定の商品券、ギフトカードが利用可能、高島屋内の東急ハンズではタカシマヤギフトカードが利用可能、と言った具合に入っているSSのギフトカードが使えるケースもあります。

東急ハンズで貯まるポイント(ハンズクラブ)

東急ハンズではハンズクラブという会員制度が設けられており、東急ハンズ全店、ハンズ ビー全店、ハンズEXPO、ハンズカフェ、東急ハンズネットストアなどの各店でポイントが貯まる&使えます。

ハンズクラブはレジでカードを作ってWEBで登録するか、東急ハンズが提供するハンズクラブアプリから入会可能です。ハンズクラブアプリのほうが簡単なのでおすすめです。レジでバーコードを提示するだけです。

ハンズポイントカード(アプリ)

ポイントは100円で1ポイントが貯まります。現金払いの際はもちろん、クレジットカード払いの際にも同様のポイントが貯まりますからポイントの2重取りが可能です。

ポイント有効期限は翌年度末の3月31日までになっています。今年の2月に貯まったポイントも、9月に貯まったポイントも、来年の3月31日までが有効期限になっています。

プレミアム会員

ハンズクラブにはプレミアム会員というランクが用意されています(通常はレギュラー会員)。プレミアム会員になると、ポイント還元が2倍、100円で2ポイントが貯まるようになります。ポイント還元率は2%。

ハンズポイントのプレミアム会員

4月から3月の間に10万円以上利用することで翌年度4月からプレミアム会員になります。

貯まったハンズクラブのポイントの使い方

貯まったハンズクラブのポイントは1ポイント=1円で東急ハンズやハンズビーなどの各店で利用することが出来ます。東急ハンズのネットショップでも利用可能です。

東急ハンズで貯まる、その他のポイント(dポイント、TOKYUポイント)

東急ハンズでは新宿店、渋谷店、池袋店、梅田店、博多店ではdポイントが100ポイント1円で貯まるし、1ポイント=1円で使えます。

また、TOKYUポイント(現金払いの際のポイントカード提示時)は東急ハンズだと町田店では100円につき1ポイントと金沢店だと200円につき1ポイントが貯まり、これらの店舗では1ポイント=1円で会計に利用できます。

東急ハンズで現金必要?

→必要ありません。

電子マネーが使えるかどうかは店舗によりますが、クレジットカードやプリペイドカードだとサインレスでスムーズな決済が可能です。

東急ハンズはハンズラボという東急ハンズのグループ会社である会社でPOSシステムを自ら作っているのでとてもスムーズな会計が可能になっています。

今後、電子マネーも全店共通で使えるようになったら嬉しい。

東急ハンズってどんなお店?

東急ハンズは株式会社東急ハンズが運営するホームセンター、雑貨チェーン店。東急ハンズの他にハンズ ビー、ハンズEXPO、ハンズカフェなどを運営している。