電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

富士そばの支払い方法

最終更新日:
富士そば
電子マネー 使えない
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う → 店舗毎の検索はこちら
クレジットカード 使えない
ブランドプリペイド 使えない
タッチ決済(コンタクトレス決済) 使えない
QRコード決済(バーコード決済) 各店舗ごとに違う / 使えない 一部の券売機では、PayPay、LINE Pay、メルペイ、楽天ペイ、d払い、au PAY、AliPay、WeChatPayなどが利用可能。対応している店舗は少ないので要事前確認。
デビットカード 使えない
現金いらず得点 3.4点(5点満点中) 立ち食いそばチェーンでは珍しく、多くのお店で交通系電子マネーが使えるのは嬉しい。
公式サイト http://fujisoba.co.jp/

富士そばで使える電子マネー

富士そばのほとんどの店舗ではSuicaやPASMOなどの交通系電子マネーが使えます。ただし、まだ一部対応していない店舗もあるのでご留意ください(新橋駅前店など)。

富士そばの券売機

交通系電子マネーが利用可能な店舗は、富士そばの店舗一覧ページに「PASMO」のマークが書かれています。

その他、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPayなどの電子マネーは使えません。

富士そばでクレジットカードは使える?

富士そばではクレジットカード・デビットカードは使えません。

VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersなど、ブランドを問わず利用不可です。

au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドカードも使えません。

富士そばで使えるQRコード決済

富士そばの秋葉原電気街店など一部の券売機では、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、メルペイ、au PAY、d払い、Alipay、WeChat Payのコード決済が使えます。

対応店舗はとても少ないのでご注意ください。

富士そばのタッチパネル券売機

富士そばのタッチパネル券売機

富士そばの秋葉原電気街店など一部にはタッチパネル券売機が一台設置されています。

タッチパネルを操作して注文したい商品を選んだら「支払い方法選択」をタッチします。

すると、「電子マネー」「QR決済」の選択画面が表示されます。

富士そばのタッチパネル券売機のメニュー

QR決済の場合はブランド選択画面が出現するので、使いたい決済手段を選択してください。

富士そばのタッチパネル券売機のQRコード選択画面

QRコードは画面下の装置にかざして読み取ります。

富士そばのタッチパネル券売機の読み取り部分

最後に、食券がその下から出てきますのでお忘れないよう。

富士そばで使える商品券・ギフトカード

富士そばで利用可能な商品券・ギフトカードは存在しません。

ジェフグルメカードなどの商品券や、VJAギフトカード、JCBギフトカードなど、クレジットカード系のギフトカードも含めて、全て利用不可です。

富士そばで貯まる・使えるポイント

富士そばで利用できるポイントプログラムは存在しません。

独自ポイント、楽天スーパーポイントやdポイント、Tポイントなどの共通ポイントのいずれも導入していません。

富士そばで現金必要?

→交通系電子マネーがあれば基本的には現金いらずです。

大半の店舗ではSuicaなどの交通系電子マネーが使えますが、それでも一部店舗は現金払いしかできないのも事実。

どうにか全店舗で電子マネーを導入して欲しいところです。

QR決済対応のタッチパネル券売機が普及すれば、なお嬉しい。

富士そばってどんなお店?

富士そば(名代富士そば)は、ダイタングループが運営する立ち食いそばチェーン。もちろんうどんも注文可能。

立ち食い店ではあるものの、大半の店舗で椅子が用意されている。

店舗によって運営方針が異なるため、同じ富士そばでも店舗によってメニューや味に差があることも。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。