電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

マツモトキヨシの支払い方法

マツモトキヨシ
電子マネー 楽天Edy / iD / QUICPay / au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 各店舗ごとに違う / → 店舗毎の検索はこちら 楽天Edyは多くの店舗で使える。iD、QUICPayは使える店舗拡大中。
交通系電子マネー Suica / PASMO / 使えない店舗もあり。
相性の良い電子マネー au WALLET ポイントアップ店(200円で3ポイント)
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
貯まりやすいポイント マツキヨポイント、WALLETポイント
商品券・ギフトカード クレジットカード系ギフトカード、クオカード
ポイントカード 現金ポイントカード 100円で1ポイント貯まり、200ポイント=200円分で請求時にマツキヨで利用可能。名前は現金ポイントカードだが、電子マネー払いのときでもポイントが貯まる(2重取りが可能)
現金いらず得点 4.7点(5点満点中) WAONかnanacoと親和性があればより嬉しい。
公式HP http://www.matsukiyo.co.jp/

マツモトキヨシで使える電子マネー

マツモトキヨシで使える電子マネーは楽天Edyとau WALLET(及びソフトバンクカードやLINEPayカードなどの国際ブランド付き電子マネー)、SuicaやPASMOといった交通系電子マネーです。

マツモトキヨシで200円分のお買い物を楽天Edyで支払いをした際には、マツキヨカードの提示で2P(100円で1ポイント)+楽天Edyのポイントが1P(200円で1ポイント)とダブルでポイントが貯まります。

また、マツモトキヨシではau WALLETで支払いをするとポイントが通常の3倍(200円につき3ポイント)貯まります。貯まったWALLETポイントはマツキヨポイントに等価で交換することができます。

SUICA、PASMOも首都圏の店舗によっては使うことが出来ますのでどうしてもという方は最寄りのマツモトキヨシで確認をするか、店舗に行く前に公式サイトから検索をしてみてください(電子マネーでの絞り込みが出来るのはPC版のサイトのみ)。

またApple Payへの対応も進めているのでiDやQUICPayが使える店舗も急拡大しています。こちらも公式サイトから検索できます。

マツモトキヨシの店舗検索(iD、QUICPay、Suica、PASMOなど)

Apple Payにチェックを入れるとiDとQUICPayの両方が使える店舗を検索できます。

その他、nanacoとWAONは現在都内で使える店舗が1店舗ずつしかないので使えないと考えたほうが良いかと思います。

マツモトキヨシで使えるクレジットカード

マツモトキヨシではお買物金額がいくらであってもクレジットカードが使えます。VISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersのクレジットカードであればほぼ間違いなく使えると思ってよいでしょう。

マツモトキヨシが独自に発行しているマツモトキヨシメンバーズクレジットカードもあります。 現金ポイントカードとクレジットカードが1枚になったカードです。マツモトキヨシメンバーズクレジットカード

年会費は完全無料なのですが、どこで使っても100円で1ポイント貯まる=還元率は1%と中々の還元率。

ただし、マツキヨでもクレジットカードのポイントが100円で1ポイント(還元率1%)+現金ポイントカードとして貯まるポイント100円で1ポイント(還元率1%)です。マツキヨで支払ったからといってクレジットカードの還元率が上がるわけではないので、他の還元率1%以上のクレジットカード+現金ポイントカード提示(100円で1ポイント)で支払っても還元率は同じです。

その他、24時間365時間医療相談を行ってくれるサービスも付いています。

メリットを感じる方は確認をしてみてください。

マツモトキヨシで貯まるポイントカード

マツモトキヨシでは独自のポイントカードである現金ポイントカードが用意されており、店頭で簡単に作ることが出来ます。

100円につき1ポイントが貯まるポイントカードで1ポイント1円相当でマツモトキヨシで使えます。

クレジットカード払いや楽天Edy払いの際にもポイントが貯まるようです(情報提供ありがとうございます)。つまりクレジットカード払いの際にもダブルでポイントを貯めることが可能。

マツキヨで1000円の買い物をしたケース

  • 現金払い+ポイントカード提示=10ポイント=10円相当
  • 現金払い+ポイントカード提示+楽天Edy払い(マツキヨポイントが貯まるように設定で200円で1ポイント)=10ポイント+5ポイント=15ポイント=15円相当
  • クレジットカード払い(還元率1%とする)+ポイントカード提示=10ポイント+10ポイント=20ポイント=20円相当
  • auWALLET払い(特約店で200円で3ポイント)+ポイントカード提示=15auWALLETポイント+10ポイント=25円相当

普通に現金払いをしてポイントをしてポイントカードを提示するのが一番損です。還元率が1-1.5%以上のクレジットカード、もしくはauWALLETで支払って、現金ポイントカードを提示するのが最もお得になります。

貯まったマツキヨポイントの使い道

マツキヨポイントは200ポイント貯まると精算をする際に200円引きになります。ただし、処方箋の支払いには利用できません。また、500ポイント以上貯めて景品と交換することも可能です。

マツモトキヨシで使える商品券・ギフトカード

マツモトキヨシではJCBギフトカード、VJAギフトカード、VISAギフトカード、NICOSギフトカードなど各種クレジットカード系ギフトカードが使える他、クオカードも利用できます。

マツモトキヨシで現金必要?

→必要ありません。

生活必需品で必ず必要になる支出だと思います。

ポイントカードと併用して、クレジットカードのポイント、auWALLET、楽天Edyを活用してポイントを蓄積していくのが吉。

マツモトキヨシってどんなお店?

マツモトキヨシは千葉県松戸市に本社を置くドラッグストアチェーン。創業は1930年に現在の本社がある千葉県松戸市に開かれた薬局が始まり。

創業者の松本清は千葉県松戸市長にもなっており、「すぐやる課」などを設置したことでも知られている。

コメント・情報提供はこちら

当サービスはキャッシュレス派の皆様からの情報で成り立っております。いつもありがとうございます。