電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天モバイルの支払い方法

楽天モバイル
支払い方法 クレジットカード、デビットカード(一部)、口座振替
料金 【データSIM】525円- 【050データSIM】645円- 【通話SIM】1,250円-
電子マネー 使えない au WALLETもソフトバンクカードも使えない。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 分割払いは楽天カード、VISA、MasterCardのみ。
おすすめクレジットカード 楽天カード 楽天モバイルに契約すると、スーパーポイントアッププログラムで楽天市場で使ったときにポイントが+1倍になる。
デビットカード 使える 楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカード
公式HP http://mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルの支払いに使えるクレジットカード

楽天モバイルでは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、DinersClubの国際ブランドが付いた各種クレジットカードが使えます。使えるのは「本人名義のクレジットカード」のみです。

当然、楽天カードも当然使えます。

楽天モバイルの支払いでデビットカードは使える?

楽天モバイルでは格安SIMケータイの支払いでは珍しくデビットカードが使えます。

ただし、使えるのは楽天銀行VISAデビットカード、楽天JCBデビットカード、スルガ銀行VISAデビットカードのみです。

公式に使えるとされているのが楽天デビットとスルガ銀行VISAデビットのみなので、その他、ジャパンネット銀行VISAデビットカードや、りそなVISAデビット、三菱UFJ VISAデビット、住信VISAデビットなどは使えないと思った方が良いでしょう。

楽天モバイルの支払いで電子マネーは使える?

楽天モバイルではauWALLET、ソフトバンクといった国際ブランド付き電子マネーは利用することができません。

楽天モバイルで口座振替での支払いは可能?

楽天モバイルでは支払いに口座振替が可能です。

2016年の12月請求分から口座振替に対応しています。すでに楽天モバイルを利用している方はメンバーズステーションから変更できます。

楽天モバイルの料金システム

 プラン名データSIM(SMSなし)050データSIM(SMSあり)通話SIM通信速度
ベーシック525円645円1,250円200Kbps
3.1GB900円1,020円1,600円 下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps
5GB1,450円1,570円2,150円
10GB2,260円2,380円2,960円
20GB4,050円4,170円4,750円
30GB5,450円5,520円6,150円

楽天モバイルのプランは、データSIMプランのSMSなし、050データSIMのSMSあり、通話SIMの3種類です。

以前は、データSIMプランのSMSありバージョンがあったのですが現在では廃止されています。その代わりとして出てきた050データSIMはLINEアプリの楽天版(楽天が買収した)通話&メッセージアプリを使って通話が可能になります。

番号は050というちょっと変わったものが付与されます。LINEは固定電話にはかけることが出来ませんが、このプランなら固定電話にも携帯電話にもかけること(もちろん着信も)が可能です。

楽天モバイルの050データSIMで通話し放題

現在は終了期間未定で国内への通話し放題というトライアルが行われています(制限時間は10分)。

楽天モバイルのコミコミプラン

楽天モバイルのコミコミプランとは、指定の端末の分割料金、データ通信、5分間かけ放題オプションが全部付いて、1年目は1,880円、2年目は2,980円になるという全部コミコミで価格を下げたプラン。

ただし、最低契約期間は2年になる(途中で解約すると手数料12,000円)な点は注意。

楽天モバイルの通話SIMでの通話料金

楽天モバイルで通話SIMを使った場合、通常の通話料金は30秒20円です。

5分かけ放題オプション

楽天モバイルでは月額850円で5分間なら電話がかけ放題になるオプションも用意されています。

5分以降も通常の半額の30秒10円でかけることができるのでよく電話をする方なら間違いなくお得です。

楽天モバイルのSMS送信料

楽天モバイルのSMS機能付き(050データSIMと通話SIM)の場合の料金は、受信料は無料、送信料は1通3円です。対国際は50円となっています。

楽天モバイルの各種オプション料金

  • 楽天でんわ(5分間の電話かけ放題のサービス)・・・月850円。
  • 端末保障&リモートサポート(端末セット購入時、端末保障(500円)とリモートサポート(500円)がセット)・・・合計月800円に割引。
  • エココネクトWi-Fiへの接続(BBモバイルポイント、Wi2のWi-Fiスポットへの接続が可能に)・・・月362円。
  • データ復旧・・・月500円。
  • マカフィー・モバイル・セキュリティ・・・月300円。
  • スマート留守電(音声を文字に変換して伝言メッセージを読んで聞ける)・・・月290円。
  • 留守番電話・・・月300円。
  • キャッチホン・・・月200円。
  • 容量追加・・・100MBで300円。

楽天モバイルの料金支払日(請求日)

楽天モバイルの料金支払日は(請求日)は公式サイトにもハッキリとは明記されていないですが、筆者は毎月18日前後に請求されています。

楽天モバイルの初期費用の支払い

楽天モバイルでは初期費用(事務手数料)として、3,000円(税別)が初月にかかってきます。

その代わり、初月はデータSIM、通話SIMに関わらず、月額基本料はかかりません(コミコミプランは除く)。

その他、SIMカードの再発行手数料、SIMカードのサイズ変更、交換、MNP転出には3,000円(税別)です。

楽天モバイルの最低契約期間と解約手数料の支払い

楽天モバイルは通話SIMの場合には最低利用期間は12ヶ月で、12ヶ月以内に契約を解除すると手数料として9,800円がかかります。

コミコミプランの場合には、最低契約期間は24ヶ月で、24ヶ月以内に契約を解除すると手数料として12,000円がかかります。

データSIM、050データSIMの場合には契約解除手数料はかかりません。

楽天モバイルの支払いに使えるポイント

楽天を普段から使っている方が楽天モバイルを使うと、スーパーポイントアッププログラムが適応されて、楽天スーパーポイントが現在より+1倍貯まる(+100円で1ポイントが貯まる)のでお得です(事務手数料と端末料金はポイント対象外です)。

楽天カードユーザーが楽天モバイルを使った際のメリット

さらに楽天市場などで貯まった楽天スーパーポイントを月々の支払いに充当することも可能です。

普段から楽天市場などで買い物をすることが多い方は、この連携できる点も加味して楽天モバイルを選んでも良いかもしれません。楽天カード(ゴールド以上)を使っている方でしたら、最高7倍のポイントまで狙えるようになります。

楽天モバイルの支払いまとめ

支払い方法は、格安SIMでは珍しく、クレジットカード払いだけではなくデビットカード、及び、口座振替にも対応しているのはさすが。

楽天モバイルってどんな格安SIMサービス?

楽天モバイルは、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営するMVNOサービス。

価格の安さや「5分間のかけ放題サービス」がキャリアの半分以下の価格で使えること、楽天モバイルを使っている間は楽天市場でポイントが貯まりやすくなることなどが特徴。

回線はDocomo。