電子マネー、QRコード決済、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

西友の支払い方法

西友(SEIYU)
電子マネー 独自の電子マネー  
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う 公式サイトの各店舗ページでも利用可否が確認可能。
相性の良い電子マネー SEIYUショッピングカード、SEIYUマネー 支払い時にポイントは貯まらない。SEIYUショッピングカードのチャージは現金とセゾンカードからのみ可能。SEIYUマネーは現金チャージのみでチャージ時に1%還元。
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners)
おすすめクレジットカード ウォルマートカード・セゾン アメリカン・エキスプレス(2022年3月31日で終了) 西友・リヴィン・サニーで常時3%オフ(毎月3日程度開催されるセゾンカード感謝デーは5%オフ)だったが、西友とセゾンの提携終了に伴い、これらの割引は2022年3月31日で終了。その後は楽天がポイントプログラムを提要予定。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ 西友とサニー全店で利用可能。コードを自ら読み取る方式。セルフレジでは利用不可。
デビットカード 使える
商品券・ギフトカード 西友商品券・サニー商品券・パルコ商品券・クレジットカード系ギフトカード 全国百貨店共通商品券・QUOカードは使えません
ポイントカード SEIYUアプリの来店スタンプ SEIYUアプリから貯まるスタンプ。100個集めると50円オフのクーポンと交換可能(あくまでおまけ程度に考えて良さそう)。
貯まりやすいポイント 永久不滅ポイント
現金いらず得点 4.0点(5点満点中) 独自の電子マネーがあるものの、ポイントが貯まらないので魅力にかけるかも!?PayPayの導入で利便性アップに期待。
公式HP https://www.seiyu.co.jp/

西友で使える電子マネー

西友では2020年11月ごろからSuica、PASMO、ICOCAなどの交通系電子マネーが利用可能な店舗が増えてきています(多くの店舗で拡大中)。

公式サイトの店舗検索ページ→各店舗情報から利用可否は確認可能です。

西友の公式サイトで電子マネー利用可否確認

西友で使える電子マネーとQRコード決済の案内

セルフレジでも利用可能です。

西友のセルフレジで電子マネー払い

楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPayなどは使えません(系列店のリヴィンやサニーなどでも同様)。

独自の電子マネーが発行されています。それが、西友・リヴィン・サニーの各店舗共通で使える独自の電子マネーのSEIYUショッピングカードです。

SEIYUショッピングカード

チャージ出来る限度額が10万円と高額なのは嬉しい。一度数万円入金してしまえば西友内ではお財布いらずです。チャージは現金とクレジットカードチャージも可能ですが、セゾンカードのみです。通常のプリペイドカードのように支払い時にポイントが貯まるわけではないのであくまで西友、リヴィン、サニーでの現金払いが嫌な人用だと言えます。

プリペイドカードを使うならゆうちょが発行している電子マネーのmijicaがおすすめ。

貯まるポイントはセゾンカードでおなじみの永久不滅ポイントで、西友で使えばポイントが2倍貯まります。

新型レジ導入店では「SEIYUマネー」も登場

SEIYUマネー

順次入れ替えが進められている新型レジを設置している店舗では、バーコード式の独自電子マネー「SEIYUマネー」が導入されています。

新型レジ導入店のサービスカウンターでカードを貰い、店内設置のチャージ機でカードの有効化・チャージを行えばすぐに利用可能。カード発行手数料などもかかりません。

SEIYUマネーのチャージと有効化

利用の際のポイント付与はSEIYUショッピングカード同様ありませんが、SEIYUマネーでは現金チャージの際に毎回チャージ額の1%が付与される特典があります。

チャージは現金のみでレジでは受付不可、お支払い時はSEIYUマネーのカード裏面にあるバーコードを読ませれば完了。

対応している店舗がまだ限られますが、現金でしか買い物していない方の「とりあえず」な支払手段としてもオススメです。

西友で使えるクレジットカード

西友ではVISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード・デビットカードが使えます。

西友の支払い方法

クレジットカードの扱いで、au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドカードも使えます。

金券類や切手のみクレジットカード払いは出来ません。

サインは食品売り場では3万円以下ならサインレスで利用出来ます。その他、衣料品・住居用品売場等ではセゾンカード以外、買物額に関わらずサインが必要(セゾンカードだと3万円以下なら食品売り場以外でもサインレス)。

SEIYU、リヴィン、サニーで一番お得なクレジットカード

西友で一番お得なカードは、セゾンカードとの提携カードであるウォルマート・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードでしたが、2022年3月31日で提携が終了し、順次カードも切り替わるのでご注意ください。(切り替わるカードはまだ未発表)

ウォルマート・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

このカードを使うことで「毎日3%OFF」で購入することができましたが、その特典も2022年3月31日までとなっています。

西友とセゾンカードの提携が終了するので、毎月セゾンカード感謝デー(毎月開催日は変わる)は5%OFFの特典も同日に終了します。

日本の西友は楽天に買収されているので、2022年4月以降は楽天が新しいポイントプログラムを提供予定となっています。

クレジットカードの取り扱い・割引方法

西友・リヴィン・サニーでは下記のレジが設置された店舗については、外付けの決済端末でICカードは差込・磁気カードは裏向きにしてスワイプしてお支払いします。

西友のカード取り扱い方法

また、ウォルマートカードセゾンならびに各種セゾンカードの3%OFF・5%OFFについては↑のレジ設置店舗で利用した場合、請求時値引きから決済時に即時値引きとなります。

西友で使えるQRコード決済

西友、及びサニーではQRコード決済のPayPay、LINE Pay、楽天ペイが全店舗で利用可能です。

セルフレジでもCPM方式へと移行して使えるようになってきています。

西友で使える商品券・ギフトカード

西友では西友商品券と、サニー商品券、パルコ商品券などが全店で使えます(お釣りが出ます)。西友商品券は一部のパルコでも使えます。

西友商品券

JCB、VISA、ダイナース、DC、UC、ニコス、Dinersなど各クレジットカード会社が発行するギフトカードも全店で使えます(お釣りは出ません)。JTBナイスギフトも一部の西友で使えます。

全国百貨店共通商品券やQUOカードは使えません。

西友のポイントカード、ポイント制度

西友は実店舗では楽天ポイントやdポイントなどの共通ポイントには参加していません。2022年4月以降、楽天の新しいポイント(優待)プログラムが開始予定となっています。

その他、独自のポイント制度としてはSEIYUアプリから1日1来店でスタンプ(ポイント)が貯まります。スタンプは西友、LIVIN、サニーでアプリを起動してチェックインするか、店舗に設置されているQRコードを読み取ってスタンプをゲットします。

ただし、スタンプは100個集めて、ようやく50円オフのクーポンなので、あくまでついで程度に考えたほうが良さそうです。

SEIYUアプリの来店ポイント

その他、独自のポイントカードは用意されていません。(ネットスーパーの「楽天西友ネットスーパー」では楽天ポイントが貯まります)「やっぱコスパ」が売りなので、ポイント分を価格に反映しているものと思われます。

なので、基本的にはポイントを貯めたければ、普段から使っているクレジットカードで支払ってポイントを貯めましょう。ただし、どんなに高還元率のカードでも3%引きのウォルマートセゾンアメリカンエキスプレスカードに還元率で勝てるものは稀です。ポイント制度ではなく、あくまで親会社の発行カードによる「割引」がメインになっています。

「スマホdeレジ」について(サービス休止中)

西友は、手持ちのスマホで商品のバーコードをスキャンし、専用レジでスマホの画面をスキャンして会計をする新型レジ「スマホdeレジ」を導入していました(現在はサービス休止中ですが、再開予定となっているので流れを説明します)。レジで行う操作は精算のみとなるので、列に並ぶことなく会計を済ませることができます。

スマホdeレジ利用の大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 店舗でアプリを起動する
  2. 購入商品のバーコードをスマホで読み取る
  3. 「スマホdeレジ」専用レジで、バーコードを読み取る

「スマホdeレジ」を利用するには、まずAndroid/iOSでアプリをインストールする必要があります。

アプリは、西友の「スマホdeレジ」導入店の近くに行かないと起動しません。

スマホdeレジのアプリは店舗に近づかないと起動できない

導入店に着いたら、アプリを起動して、購入したい商品のバーコードを読み取ります。

西友のスマホdeレジのカート画面

青果商品や一部の惣菜、パンなどバーコードが存在しない商品や、アプリでスキャンできない衣類、雑誌、書籍はスマホdeレジアプリでのスキャンはできません。専用レジに備え付けてあるスキャナーで商品を追加してください。(セルフレジの要領です)

医薬品、POSAカード(iTunesカードなど)、タバコに関しては、「スマホdeレジ」専用レジでの会計そのものが不可となります。

購入商品のスキャンを終えたら、アプリで「お支払い」を選択して、バーコードを表示させます。このバーコードを、「スマホdeレジ」専用レジのスキャナーで読み取り、レジの案内に従って支払います。

スマホdeレジの会計時に読み取るバーコード

通常のセルフレジと同様、クレジットカードなどの、VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Dinersの国際ブランドつきカードや、西友ショッピングカードでの支払いが可能です。

利用可能時間は11:00から20:00までとなっています。24時間営業の店舗でも、利用時間は上記の時間に限られます。

レジには係員が常駐しているので、不明点があった場合には気軽に質問することができて安心です。

現在、アプリで税込32,400円分の商品を購入するごとに、西友ショッピングカード1,000円分をプレゼントするキャンペーンが行われています。ショッピングカードへの交換は、「スマホdeレジ」設置店のサービスカウンターで実施中です。

西友のスマホdeレジのキャンペーン

筆者も実際に「スマホdeレジ」アプリを利用して購入しましたが、アプリでのバーコード読み取り感度が良く、サクサクと精算に進むことができました。

ただ、1つバーコードを読み取るごとに、再度バーコード読み取り画面に移動する操作が必要なので、大量の商品を買う場合は大変かもしれません。購入商品数が少なめの場合に利用するのがオススメです。

西友で現金必要?

必要なくなりつつあります。

電子マネーの拡大など、充実してきています。ヘビーユーザーの方ならウォルマートセゾンアメリカンエキスプレスカードを作って支払いを徹底したいところ。そうすれば現金は全く必要ないしお得です。

西友ってどんなお店?

運営会社である合同会社西友は、世界で最大の小売であるウォルマートの子会社。始まりは西武グループが作った小型店舗。新生活百貨店のリヴィン、スーパーマーケットのサニーも運営している。