電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

SUBWAY(サブウェイ)の支払い

最終更新日:
電子マネー nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う 一部店舗を除く。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う 同上。
相性の良い電子マネー なし 独自電子マネーのサブウェイカードは終了済み。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners / UnionPay)
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / dカード プリペイド / 各店舗ごとに違う
タッチ決済(コンタクトレス決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardタッチ決済(コンタクトレス) / JCBのタッチ決済 / アメリカン・エキスプレスのタッチ決済(コンタクトレス決済) 対応している有人レジでは「クレジットカードで」と伝えてタッチすればOK。セルフオーダーでは「クレジットカード」を選択してタッチすればOK。
QRコード決済(バーコード決済) PayPay / メルペイ / d払い / au PAY / ゆうちょPay / Alipay / クオカード・ペイ / 各店舗ごとに違う
デビットカード 使える
貯まりやすいポイント なし 共通ポイントは導入されていない。
現金いらず得点 4.0点(5点満点中) 殆どの店舗でキャッシュレスを導入。一部現金不可(完全キャッシュレス)のお店もあり。
公式サイト https://www.subway.co.jp/index.html

サブウェイで使える電子マネー

サブウェイでは 、多くの店舗でSuicaやPASMO、ICOCAなどの各種交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、ポストペイ型のiD、QUICPayなど各種電子マネーが使えます(一部店舗除く)。

サブウェイのアクセプタンスマーク

上記の掲示がない店舗もありますが、下記のクレジットカード端末が設置してある場合は電子マネーの利用が出来るのでチェックしておきましょう。
一部テナント店舗は対応する電子マネーの種類が違う場合があるのでご注意ください。(後述のセルフオーダー機店舗を除く)

au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカードなどブランドプリペイドも多くの店舗でクレジットカード扱いで使えます。

サブクラブカードは終了済み

サブウェイでは独自の電子マネーとしてサブクラブカードを発行していましたが、サービスは終了しました。

2022年9月30日までにチャージと新規発行は終了、利用も2023年8月31日で終了しました。

サブウェイでクレジットカードは使える?

サブウェイではVISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners、銀聯のクレジットカードが多くの店舗で使えます。

サブウェイのカード端末の待機画面

上記のクレジットカード端末がある店舗の場合、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCBのタッチ決済、American Expressのタッチ決済のタッチ決済も対応しています。

有人レジ店舗の場合は「クレジットカードで」と伝え、端末の画面をこちら側へ向けてもらうように伝えましょう。

セルフオーダー機店舗の場合は「クレジットカード」を選択するだけでそのまま利用できます。

セルフオーダー機は完全キャッシュレスも

主に2022年以降に新規オープン・リニューアルをした店舗では、下記のセルフオーダー機で注文・精算を行うようになっています。

サブウェイのセルフオーダー機

セルフオーダー機設置の店舗の場合、出店場所問わず全ての店舗で上記の電子マネー・クレジットカード・QRコード決済が利用可能で、各店舗1台はキャッシュレス専用機も用意されています。

なお、セルフオーダー機設置の都内の一部店舗は現金が一切利用出来ない「キャッシュレス専用店舗」もあるので気を付けましょう(e.g.「秋葉原タイムズタワー店」など)。

サブウェイで使えるQRコード決済

サブウェイではPayPay、d払い、au PAY、メルペイ、ゆうちょPay、QUOカード Payが使えます。

2020年末から多くの店舗で導入されています。

サブウェイで使えるポイントカード

サブウェイでは楽天ポイント、dポイント、Pontaポイントといった共通ポイントは導入されていません。

サブウェイで現金必要?

→ほぼ必要ありません。

サブウェイは2018年に入ってからクレジットカードと電子マネーに対応しており、一部を除いて現金は必要なくなっています

なお、以前は独自電子マネーのSUB CLUB CARDで現金がチャージのみでしたが、そちらも終了しているので、現在は現金が必要な場面はほぼないかと思います。

サブウェイってどんなお店?

サンドウィッチ専門店。注文のために色々と言葉を発する必要あり。初めて行く人は、フットロングが長いパン、レギュラーが短めのパンなのでそこから選択し、パンの種類は4種類あるけど違いがわかるわけがないから、とりあえずウィート、そして具を直感で選びましょう。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず(旧 現金いらず.com)運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)、動画で理解したい方はYouTubeでも日々情報を共有しています。