電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

タリーズコーヒーの支払い

タリーズ
電子マネー 楽天Edy / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う / 独自の電子マネーが全店舗で使える。iD、QUICPayも一部の店舗を除いて利用可能(2018年5月から)。楽天Edyは100店舗以上で利用可能。それ以外(nanaco、WAONなど)はごく一部店舗のみ。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う / → 店舗毎の検索はこちら 全国100店舗以上で使える。
相性の良い電子マネー タリーズカード タリーズカードで支払えば1杯10円引きの特典あり。クレジットカードと紐付けてオートチャージ機能も付けられます。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 以前は利用不可でしたが、現在は殆どの店舗で使えるようになっている。
ブランドプリペイド au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
NFC決済 使えない
QRコード決済 使えない ごく一部のショッピングモール内の店舗などで例外的に使えるところも。
デビットカード 使える
ポイントカード ビーンズスタンプカード
貯まりやすいポイント ポイントではなく割引(タリーズカード)
現金いらず得点 4.2点(5点満点中) タリーズカードを作ればオンラインでオートチャージ機能を付けて現金いらず。全店で共通してクレジットカードが使えたら嬉しいかも?
公式HP http://www.tullys.co.jp/

タリーズで使える電子マネー

タリーズでは使える電子マネーが店舗毎に異なりますが、使える店舗が圧倒的に多いのは、ポストペイ型電子マネーのiD、QUICPay、SuicaやPASMO、ICOCA、manaca、TOICA、SUGOCA、nimoca、はやかけんといった各種交通系電子マネー、楽天Edyです。

これらの電子マネーは公式サイトのショップ検索で使えるかどうか確認出来るのですが、更新が遅れている、ショッピングモールの決済端末で電子マネー対応となっている店舗の対応状況が反映されていない場合があり、実際には使えないとされている店舗でも使えることがあります。

タリーズのレジ周辺

2018年4−5月から、ポストペイ型電子マネーのiD、QUICPayが使えるように拡充されました(一部店舗除く)。

その他メジャーどころの電子マネーはEdyや交通系電子マネーと比べたら使える場所は限られてきますが、nanacoはヨーカドーやアリオの中に入っている一部のタリーズで使えます。

タリーズのヘビーユーザーだったらタリーズが三井住友銀行と組んで発行している独自の電子マネー兼プリペイドカードであるTULLY’S CARD(タリーズカード)がお得です。

タリーズカード

飲み物を注文して、タリーズカードで支払えば一杯あたり10円の値引きがされる特典があります。Sサイズが300円だとしたら10円引きで還元率は3.3%。チャージは1,000円単位で上限は20,000円。

チャージ方法はタリーズの店頭で現金、そしてクレジットカードからもチャージ出来ます(オンラインからオートチャージのみで、国際ブランドはVISAとMasterCardのみ)。タリーズカードの残高が指定した額以下になったら1,000円単位で自動でクレジットカードから入金をしてくれます。例えば、不足したときのチャージ金額を2,000円、実行する判定額を1,000円と設定すれば、タリーズカードの残高が900円(999円以下)になったらその度に自動的に2,000円チャージしてくれます。

また、これによって設定したクレジットカードのポイントも貯まるように

初回発行をする際には最低1,000円をチャージをする必要があります。利用は全店舗のタリーズで可能ですが、一部店舗では発行は受け付けていないのでご注意ください。入金したプリペイドの有効期限は2年間なのでこちらもご注意ください。

auWALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードは基本的に下記、クレジットカードが使える店舗なら使えます。

タリーズで使えるクレジットカード

タリーズの多くの店舗では、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersなどの各種クレジットカード・デビットカードが使えます。 VISA、Mastercardには半数程度の店舗が対応。JCB、American Express、DinersはVISA・Mastercardに比べて少々対応店舗が少なくなっています。

iDやQUICPay払いが使えるようになったのでApple PayやGoogle Payの利用者はそちらのほうが楽かも。 他にも上記タリーズカードにオンラインでクレジットカードを登録するか、楽天Edyなどの電子マネーにクレジットカードからチャージをして間接的にクレジットカード払いをするという方法も使えます。

タリーズで使えるQRコード決済

基本的にはタリーズでPayPay、LINE Pay、楽天ペイなどのQRコード決済は使えません。

ただし、例外的にQR決済が使える店舗はいくつか存在します。

例えば、PayPayの使えるイオン内に入っているタリーズなど、一部店舗では例外的にPayPayが使えます。

  • PayPayが使える店舗:新横浜プリンスペペ店(神奈川県)、イオンモール津田沼店(千葉県)、盛岡駅フェザン店(岩手県) など
  • LINE Payが使える店舗:ヨドバシ横浜店(神奈川県)、福岡空港店(福岡県) など
  • Origami Payが使える店舗:新横浜プリンスペペ店(神奈川県) など

    その他、AlipayやWeChat Payが使える店舗も一部存在します。

    タリーズで使える商品券・ギフトカード

    タリーズではJCBギフトカードやVJAギフトカードなどクレジットカード系ギフトカードは基本的に利用することができません。また、ジェフグルメカードも利用不可です。

    タリーズで貯まるポイントカード

    ドリンク用のスタンプカードはタリーズカードの登場と共に終了しました。

    コーヒー豆を買った時に貯まるビーンズスタンプカードというポイントカードは現在も存在しています。ビーンズスタンプカードは豆100gあたりスタンプ1つ。20個貯めれば1,000円分のチケットと交換できます。ですが、これもいずれタリーズカードと共有化されるかも?

    タリーズで現金必要?

    →お近くの店舗がクレジットカードか電子マネーに対応していれば必要ありません。

    普段からご利用の店舗がクレジットカード、電子マネー(楽天Edyか交通系電子マネー)に対応していれば問題ないのですが、全店舗で対応しているわけではないので事前に確認は必要。クレジットカードか電子マネーのいずれかが使えるタリーズなら500店舗近く存在します。

    ただ、常連なら、タリーズカードを持っていればオンラインでクレジットカードを設定すれば、いちいちクレカが使えるか店舗かどうか迷う必要もなく万事解決。現金いらずでコーヒータイムを楽しめます。

    タリーズってどんなお店?

    タリーズコーヒーはアメリカのワシントンに本社がある大手コーヒーチェーン。アメリカでの売上はスターバックスに次いで2位。日本のタリーズコーヒーはお茶で有名な伊藤園の子会社が運営している。