電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ゆめタウンの支払い方法

ゆめタウン
電子マネー nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う / nanacoと楽天Edyが2018年10月末から全店で対応。
交通系電子マネー Suica / nimoca / ICOCA / 各店舗ごとに違う / 広島店、久留米店など一部のみ。
相性の良い電子マネー ゆめピッと、ゆめか ゆめピッとはおサイフケータイ。ゆめかはカードタイプ。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う / (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 専門店でも何も注意書きがなければ基本的に使える。使えないお店にはレジにゆめクレジット不可のポップが置かれている。
おすすめクレジットカード ゆめカード 毎月1日と20日にポイント5倍。毎週木曜と土曜はクレジットの日で1回当たりの利用金額に応じて値引積立額をキャッシュバック。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 各店舗ごとに違う /
QRコード決済 PayPay 直営店の売り場で使える。
商品券・ギフトカード JCBギフトカード、VJAギフトカード、ゆめタウン・ゆめマート商品券など
貯まりやすいポイント 値引積立額 ゆめか払い、ゆめカードクレジット払いで貯まる。値引券との交換(500円以上)、ゆめか残高への交換が可能(1円単位)。
現金いらず得点 4.0点(5点満点中) 直営店では現金いらず。ただし専門店では現金が必要なところもあり。
公式HP https://www.izumi.co.jp/

ゆめタウンで使える電子マネー

ゆめタウンでは現在は入っているお店によって使える電子マネーは異なります。

基本的に直営店で電子マネーの楽天Edy、nanaco、QUICPay、iD、LINE Payやau PAY プリペイドカードやソフトバンクカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードが使えます

セブンアンドアイホールディングスと提携をしているため、2018年10月末からはnanacoもすべてのゆめタウンの直営店で使えるようになりました(以前はゆめタウンみゆき、広島、高松、徳島、博多だけだった)。

ゆめタウンで使える電子マネー2(iD、QPも)

nanacoに対応している店舗では4種類の電子マネーに対応

その他、ゆめタウン久留米店の食品売場では交通系電子マネーのnimocaも使用可能。

独自の電子マネーであるカードタイプの「ゆめか」も使えます。

ゆめか

ゆめかのチャージは1,000円単位で、サービスカウンターや売り場のレジ、設置されているゆめかステーションでもチャージが可能です。

ゆめかステーション

支払いに使えば100円使用する度に1.5円分が値引積立額として貯まります。毎月25日はゆめかの日で電子マネーのゆめか払いでポイントが5倍(100円につき5.5円分)です。

ただし、これらはゆめタウン直営店の話で、まだ専門店では現金が必要なお店も多々存在するのでご注意ください。

食品売り場での電子マネー利用について

各店鋪の食品売り場のレジでは、レーンによって利用可能な電子マネーが異なりますので注意が必要です。

ゆめかは有人・セミセルフ・セルフレジの全てで利用可、nanacoは有人・セミセルフで利用可、残りのEdyiDQUICPay+は有人レーンでのみの対応です。(対応レーンは各店鋪レジ前に掲示がありますので利用される方は確認してからお会計へ)

ゆめタウンで使えるクレジットカード

ゆめタウンではテナントではアクセプタンスマークがなくてもゆめクレジット利用可能というポップ(画像参照)があれば、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが使えます(情報ありがとうございます)。

↓がクレジットカードが利用可能なテナントのポップです。

ゆめタウンでクレジットカード利用可能のポップ

↓がクレジットカードが利用できないテナントのポップです。

ゆめカード不可のポップ

利用できないお店では現金が必要になってしまうのでご注意ください。

ゆめタウンの専門店でクレジットカード払い

なお、専門店では20203月末よりICクレジットの対応が開始されました。

ICカードの場合は10,000円までは暗証番号不要、それ以上は暗証番号の入力が必要です。

磁気カードでの取引は従来通り金額問わずサインが必要です。

ゆめタウンが発行している独自のクレジットカード<ゆめカード>

ゆめタウンで発行されている独自のクレジットカードは、ゆめカードです。

ゆめカード

国際ブランドはVISAとJCB。年会費は完全に無料です。ゆめタウンで使用すれば100円の利用につき1円分の「値引積立額(ゆめタウンで貯まるポイント)」が貯まっていきます(毎月1日、20日は100円につき5円(5倍))。さらにカード払いなら「クレジット積立(JCB加盟店で貯まるポイントで値引積立額に等価で移行可能)」0.5ポイントも貯まります。

ゆめカードの場合、毎週木曜、土曜はクレジットの日で利用金額に応じて値引積立額がプレゼントされます。

ゆめカード クレジットの日

プレゼントのレートは以下の通り。

  • 2,000円以上5,000円未満なら100円
  • 5,000円以上10,000円未満なら200円
  • 10,000円以上20,000円未満なら450円
  • 20,000円以上30,000円未満なら900円
  • 30,000円以上50,000円未満なら1,800円
  • 50,000円以上なら2,800円

ゆめタウンで貯まるポイント<値引積立額>

ゆめカードでのゆめか払い、ゆめカードでのクレジット払いで貯まる「値引積立額」は、2つの方法から利用することができます。

値引券との交換

値引積立額が500円以上貯まると店頭レジやゆめかステーションで税抜500円の割引ができる「値引券」を発行することができます。

値引券はレジでの精算時税抜き501円以上の場合に使用可能です。

ゆめか残高へ交換

値引積立額1円をゆめか残高1円へ交換することができます。

交換の都度、ゆめかステーションかゆめ会員サイトで切り替えの操作が必要です。

なお、交換には1日かかるため当日のポイント数によってはレジで値引券の発行になる場合があります。

ゆめタウンで使えるQRコード決済

ゆめタウン、ゆめマートでは直営店の売り場でQRコード決済のPayPayが導入されています(2019年8月29日から対応した)。

ユーザーがQRコードを読み取る方式での対応となっています。

その他、LINE Payや楽天ペイは導入されていません。

ゆめタウンで使える商品券・ギフトカード

ゆめタウンではJCBギフトカード、UCギフトカード、VISAのVJAギフトカードが使えるほか、値引積立金と交換できる値引券、独自のゆめタウン・ゆめマート商品券などが使えます。

値引券は他社クレジットカードとは併用不可ですが、楽天Edy、nanacoなら現金扱いで併用可能です(情報ありがとうございます)。

ゆめタウンで現金必要?

 →nanacoと楽天Edyが直営店全店で対応して、現金いらず。

独自の電子マネーゆめかだけではなく、独自のクレジットカードゆめカードまで発行し、さらにセブングループでしか使えないことが多いnanacoまで使えます。一部のセブンイレブンではゆめマート独自の電子マネーのゆめかも使えるなど相互利用も進み、利便性がどんどんと増しています。

ただし、これはあくまでゆめタウン直営部分の話で、専門店では現金も必要になる場面もあるので注意しましょう。

ゆめタウンってどんなところ?

スーパーマーケットを運営するイズミ(株式会社IZUMI)が運営する関西に展開しているショッピングモール、それこそがゆめタウン。広島の闇市が始まり。ゆめマート、ゆめモールなどがある。

ちなみに関東人に聞いてもほとんどの人が知らない。