電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ゆめタウンの支払い方法

ゆめタウン
電子マネー nanaco / 楽天Edy / au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う / 将来的には全店でnanacoと楽天Edyが使えるようになる予定。
交通系電子マネー Suica / nimoca / ICOCA / 各店舗ごとに違う / 広島店、久留米店など一部のみ。
相性の良い電子マネー ゆめピッと、ゆめか ゆめピッとはおサイフケータイ。ゆめかはカードタイプ。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う / (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 専門店でも何も注意書きがなければ基本的に使える。使えないお店にはレジにゆめクレジット不可のポップが置かれている。
おすすめクレジットカード ゆめカード 毎月1日と20日にポイント5倍。毎週木曜と土曜はクレジットの日で1回当たりの利用金額に応じて値引積立額をキャッシュバック。
貯まりやすいポイント 値引積立額
商品券・ギフトカード JCBギフトカード、VJAギフトカード、ゆめタウン・ゆめマート商品券など
現金いらず得点 3.5点(5点満点中) 直営店では現金いらず。ただし専門店では現金が必要なところも多々あり。
公式HP http://www.izumi.co.jp/

ゆめタウンで使える電子マネー

ゆめタウンでは現在は入っているお店によって使える電子マネーは異なります。

基本的に直営店で電子マネーの楽天EdyとLINE Payやau WALLETやソフトバンクカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードが使える他、セブンアンドアイホールディングスと提携をしているため、ゆめタウンみゆき、広島、高松、徳島、博多ではnanacoが使えます。

nanacoや楽天Edy対応店では、QUICPay、iD、Suicaやnimoca、ICOCAなど各種交通系電子マネーも利用できるように拡大している模様です(確認中)。

その他、ゆめタウン久留米店の食品売場では交通系電子マネーのnimocaも使用可能。

将来的には、ゆめタウンではnanacoと楽天Edyを全店で使えるようにするために動いているようなので、今後は利便性が高まりそうです!

独自の電子マネーであるおサイフケータイタイプの「ゆめピッと」、カードタイプの「ゆめか」も使えます。

ゆめか

ゆめかのチャージは1,000円単位で、サービスカウンターや売り場のレジ、設置されているゆめかステーションでもチャージが可能です。

ゆめかステーション

支払いに使えば100円使用する度に1.5円分が値引積立額として貯まります。毎月25日はゆめかの日で電子マネーのゆめか払いでポイントが5倍(100円につき5.5円分)です。

ただし、これらはゆめタウン直営店の話で、まだ専門店では現金が必要なお店も多々存在するのでご注意ください。

ゆめタウンで使えるクレジットカード

ゆめタウンではテナントではアクセプタンスマークがなくてもゆめクレジット利用可能というポップ(画像参照)があれば、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが使えます(情報ありがとうございます)。

↓がクレジットカードが利用可能なテナントのポップです。

ゆめタウンでクレジットカード利用可能のポップ

↓がクレジットカードが利用できないテナントのポップです。

ゆめカード不可のポップ

利用できないお店では現金が必要になってしまうのでご注意ください。

ゆめタウンが発行している独自のクレジットカード<ゆめカード>

ゆめタウンで発行されている独自のクレジットカードは、ゆめカードです。

ゆめカード

国際ブランドはVISAとJCB。年会費は完全に無料です。ゆめタウンで使用すれば100円の利用につき1円分の「値引積立額(ゆめタウンで貯まるポイント)」が貯まっていきます(毎月1日、20日は100円につき5円(5倍))。さらにカード払いなら「クレジット積立(JCB加盟店で貯まるポイントで値引積立額に等価で移行可能)」0.5ポイントも貯まります。

ゆめカードの場合、毎週木曜、土曜はクレジットの日で利用金額に応じて値引積立額がプレゼントされます。

ゆめカード クレジットの日

プレゼントのレートは以下の通り。

  • 2,000円以上5,000円未満なら100円
  • 5,000円以上10,000円未満なら200円
  • 10,000円以上20,000円未満なら450円
  • 20,000円以上30,000円未満なら900円
  • 30,000円以上50,000円未満なら1,800円
  • 50,000円以上なら2,800円

ゆめタウンで貯まるポイント<値引積立額>

↑でも多々出てきましたが、ゆめタウンのゆめか利用可能店舗では、電子マネーのゆめか、およびゆめカードの利用、もしくは提示することで、値引積立額というポイントが貯まります。

この値引積立額は500円貯まれば、500円分の値引き積立券と替えることが出来るポイントです。

値引積立額を貯める方法は大きく分けて2種類。

  1. ゆめか、ゆめカードで支払う(基本100円で1.5円分)
  2. ゆめか、ゆめカードを提示(100円で1円分)+現金払い

です。

ゆめか、ゆめカード提示+nanaco払い、楽天Edy払いでポイントの3重取りは不可能に(2018年5月末から)

2の方法で「ゆめか」や「ゆめカード」を提示してポイントを貯める場合、基本的には支払いは現金のみで、他社クレジットカード、楽天Edyやnanaco各種電子マネーは併用できません。

以前は直営店ではゆめか、ゆめカードを提示して値引積立額が貯まった上に電子マネー払いも可能で、クレジットカードからのチャージポイント、電子マネー払いのポイント、値引積立額の3重取りができたのですが2018年の5月末から不可能になりました。

ゆめタウンで使える商品券・ギフトカード

ゆめタウンではJCBギフトカード、UCギフトカード、VISAのVJAギフトカードが使えるほか、値引積立金と交換できる値引券、独自のゆめタウン・ゆめマート商品券などが使えます。

値引券は他社クレジットカードとは併用不可ですが、楽天Edy、nanacoなら現金扱いで併用可能です(情報ありがとうございます)。

ゆめタウンで現金必要?

→nanacoと楽天Edyが全店で使えるようになれば現金いらずかも。

独自の電子マネーゆめかだけではなく、独自のクレジットカードゆめカードまで発行し、さらにセブングループでしか使えないことが多いnanacoまで使えます。一部のセブンイレブンではゆめマート独自の電子マネーのゆめかも使えるなど相互利用も進み、利便性がどんどんと増しています。

ただし、これはあくまでゆめタウン直営部分の話で、専門店では現金も必要になる場面もあるので注意しましょう。

早く全店がnanacoと楽天Edyへの対応が完了して欲しいところです。

ゆめタウンってどんなところ?

スーパーマーケットを運営するイズミ(株式会社IZUMI)が運営する関西に展開しているショッピングモール、それこそがゆめタウン。広島の闇市が始まり。ゆめマート、ゆめモールなどがある。

ちなみに関東人に聞いてもほとんどの人が知らない。