電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Apple(旧Apple Store)の支払い

Apple Store
電子マネー au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 使えない / Apple PayならiDとQUICPayで支払い可能。
交通系電子マネー 使えない Apple PayならSuicaで支払い可能。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) ituneアカウントにクレジットカードを登録しておくとセルフチェックアウト(EasyPay)が使えるようになる。
デビッドカード 使えない
商品券・ギフトカード Apple Storeギフトカード オンラインストアはもちろん直営店でも使えます、
現金いらず得点 4.5点(5点満点中) Apple Payは使えますし、現金いらずの究極系に近いセルフチェックアウト(EasyPay)の今後に期待。
公式HP http://www.apple.com/jp/

Apple(旧Apple Store)ならではの究極の現金いらず決済【セルフチェックアウト(EasyPay)】

AppleではApple Storeアプリをインストールすることで、セルフチェックアウトというセルフレジの決済方法が使えるようになります。

EasyPayという名前で呼ばれることが多いですが、正式名称はセルフチェックアウトと呼ばれる模様。クレジットカードも電子マネーも、もちろん現金も必要ありません。もっというなら店員さんに声をかける必要もありません。必要なのはスマートフォンのみ。

手順は以下のとおり。

1,「Apple Store」というアプリをインストール。

2,位置サービスをオンにする(最初の起動時にも連携するか否かを尋ねられます)。

Apple Storeのアプリ画面

3,クレジットカードを登録してあるAppleIDでログイン(アプリ内アカウント→アカウント設定)。

4,店舗に入り、apple storeアプリのストア画面にいくとセルフチェックアウト(EasyPay)を使うことが出来るようになっている。

5,商品のバーコードをスキャンして、「セルフチェックアウト」をタップ。

6,クレジットカードのセキュリティコードを入力。

7,購入完了。

8,商品を持ち帰ってOK。

どうせなら、このまま、しれっと購入して、現金いらず、カードいらず、店員いらずでスムーズにお店を出たいですが、商品単体を持ち運ぶのがなんとなく万引きしているようで嫌だという方は店員さんを呼べば袋をくれます。

・・・まあ、常人は、万引きしているようで心臓が痛くなる可能性が高いので袋をもらって「購入しましたよアピール」はすることをおすすめします(ちゃんとした購入方法なのでそのままカバンに入れて正々堂々とお店を出てOKなんですが・・・)。

「アップルストアの店員さんってなんかテンション高くて苦手」という筆者のような根暗な人間にも安心の決済サービスです。手軽に利用するためにもうちょっと知名度がアップして使っている人が増えてほしいところです。

セルフチェックアウト(EasyPay)で支払えない商品

残念ながらセルフチェックアウトでは支払うことが出来ない商品もあります。

まず、Genius Barでの支払い、それと価格が4万円以上するもの。そして商品と所有者を結びつけるためのシリアルナンバーがあるような商品です。

目印としてアップルの店内でバーコードがない商品は使えないのでご注意ください。

Apple(旧Apple Store)で使える電子マネー

Appleでは楽天Edy、nanaco、後払い式の電子マネーのiD、QUICPay、交通系電子マネーのSuicaなどの各種電子マネーは基本的には使えません。

ですが、店員さんに伝えればApple Payでの支払いは可能です。

これはどういうことかというと、クレジットカードに付帯したiDやQUICPay、カードのSuicaでの支払いは出来ないけれど、Apple Payを通してのiD払い、QUICPay払い、Suica払いは可能だということ。

電話でApple銀座とApple表参道に問い合わせましたが、いずれも「電子マネーは使えません」「え?アップルペイは?」「あ、アップルペイは使えます」という返答でした。「電子マネーで支払いたいならApple Pay使ってね?」というアップルならではのシステムです。Genius Barでも支払いにも店員さんに言えばApple Payは利用可能なようです。

au WALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードといった国際ブランド付き電子マネーは使えます。

Apple(旧Apple Store)で使えるクレジットカード

ショップ、Genius Barでの支払い共にVISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERSの各種クレジットカードが使えます。

銀聯カードは使えないのでご注意ください。

(商品によっては使えませんが)各種分割払いも対応しています。

特別ポイントが貯まりやすいクレジットカードは現状ありません。

ポイント目当ての場合はヤマダ電機ビッグカメラなどの家電量販店にいったほうがよいでしょう。

Apple(旧Apple Store)で使えるギフトカード

apple storeギフトカード

Apple Store直営店ではアップルが独自に発行しているアップルストアギフトカードのみ利用できます。コンビニ等で売っているapp storeカードやituneカードとは違いますのでご注意ください。

アップルストアギフトカードは、Apple online storeや直営店で購入したり、キャンペーンの際に割引代わりについてきたりするカードです。Eメールで誰かに送ることも出来ます。

その他VJAギフトカード、JCBギフトカードなどは使えません。

Apple(旧Apple Store)で貯まるポイント

Appleではポイントが貯まるような制度は一切設けていません(そんな硬派なところがAppleの支持者が多いポイントでもあります)。

ポイントを貯めようと思ったら自分自身でポイントが貯まるクレジットカードを使うしかありません。

Apple(旧Apple Store)で現金必要?

→全く必要ありません。

当然各種クレジットカードも使えますし、Apple Payも使えるので特に問題なく支払いは完了できるでしょう。

加えて、セルフチェックアウト(EasyPay)という仕組みがあるので、基本的に現金は全く必要ありません。万引きでないことを如何に表現出来るかが、EasyPayを使いこなすキモです(普通に店員さんに袋をもらって笑顔で帰れば大丈夫)。

Apple Store(直営店)ってどんなところ?

特別な日に、さまよえる遊牧民達が、列をなす場所。

以前はApple直営店の店舗の名前はApple Store銀座、Apple Store表参道といった呼び名だったのですが、2016年の8月からApple銀座、Apple表参道といった呼び名に変更された。

日本だと現在8ヶ所、Apple 銀座、Apple 渋谷、Apple 表参道、Apple 名古屋栄、Apple 心斎橋、Apple 福岡天神、Apple 仙台一番町、Apple 札幌(2017年春)。

Apple(旧Apple Store)直営店 (日本初上陸展) の店舗情報

所在地:東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館 営業時間:AM10:00-PM9:00