電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

宝くじ(公式サイト)の支払い方法

宝くじ(公式サイト)
支払い方法 クレジットカード払い
電子マネー 使えない 売り場含め一切使えない。
クレジットカード 使える UCカード、ライフカード、クレディセゾン、イオンクレジットカービス、JCB、三菱UFJニコス、オリエントコーポレーション、エポスカード、トヨタファイナンス発行のクレジットカード(American Expressは不可)
デビットカード 使えない
ポイントカード 宝くじポイント 1%分のポイントが貯まり、次回の宝くじの購入に使える。
現金いらず得点 4.0点(5点満点中) 流石にセキュリティも厳重で使えるクレジットカードの種類は限られていますが、以前は売り場での現金払いのみだったのがカード決済も出来るようになったのは大きい。
公式HP https://www.takarakuji-official.jp/

宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いで使えるクレジットカード

宝くじは、売り場ではクレジットカードは一切使えませんが、宝くじ公式サイトに会員登録するとネット決済でのカード払いが可能になっています。

2018年10月末からクレジットカード決済に踏み切った形です。

宝くじ公式サイトで利用可能なクレジットカード

利用可能なクレジットカードはUCカード、ライフカード、クレディセゾン、イオンクレジットカービス、JCB、三菱UFJニコス、オリエントコーポレーション、エポスカード、トヨタファイナンス発行のクレジットカードです。

上記のイシュアが発行しているクレジットカードであっても、国際ブランドがAmerican Expressの場合は利用不可となっています(VISA、Mastercard、JCBはOK、Dinersは利用不可)。

例えばセゾンカードインターナショナルなどは利用可能ですが、セゾンが発行しているAmerican Expressブランドのセゾンアメリカンエキスプレスカード(セゾンパールアメリカンエキスプレスカードなど)は利用不可です。また、家族カードや法人カードも利用不可となっています。

三井住友カードや楽天カードなどが大手で利用不可となっています。

カード会社毎に購入可能な上限金額は異なっています(のめりこみ防止対策としてカード会社がそれぞれ設定している)。

カード発行会社 カード例 ひと月の購入上限(円)
UCカード みずほマイレージクラブカード等 10万
ライフカード ライフカード等 30万
クレディセゾン セゾンカードインターナショナル等 30万
イオンクレジットサービス イオンカードセレクト等 10万
JCB JCB CARD W等 10万
三菱UFJニコス MUFGカード等 10万
オリエントコーポレーション Orico Card THE POINT等 30万
エポスカード エポスカード等 10万
トヨタファイナナス TOYOTA TS CUBIC CARD セレクト等 10万

いずれも支払回数は一回払いのみです。

【余談】宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いに使える電子マネー

ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズなどの宝くじは各売り場では支払いに電子マネーも利用することはできません。

例えショッピングセンターなどで電子マネーが導入されていたとしても、宝くじ売り場は現金のみです。

宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いに使うクレジットカード設定&購入手順

まず、宝くじを購入できるのは20歳以上からとなっています。20歳以下の購入は法律で禁止されているのでご注意ください。

宝くじ公式サイトの年齢確認画面

宝くじは公式サイトから購入する前にクレジットカード情報と当せんした際に振り込まれる口座を設定しておく必要があります。

宝くじ公式サイトにクレジットカード情報を登録

当せん金の受取口座として設定可能なのは、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行となっています。

当せん金受取口座一覧

購入に利用するクレジットカードは1枚だけ設定できます。変更する場合はマイページの設定メニューから変更可能です。

宝くじの公式サイトで使えるクレジットカードは全て3Dセキュアというセキュリティに対応したクレジットカードとなっているため、設定してある方は登録時と購入時に3Dセキュアの認証が必要になります。

宝くじのクレジットカード登録、購入時の3Dセキュア設定画面の例(JCB)

設定ができたら宝くじ公式サイトにログイン後、購入したい宝くじを選択してメニューから連番、バラなど設定して購入画面に移行します。

ジャンボ宝くじの購入画面

まだ発売前の宝くじの予約購入も可能。

予約購入時にはポイントやお預かり当せん金は支払いに利用できません。

宝くじ購入の確認画面

内容が正しければ購入完了です。

宝くじ(年末ジャンボ)の購入完了

宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の購入で貯まるポイント

宝くじは宝くじ公式サイトで購入したときのみ、宝くじポイントが貯まります。

宝くじ売り場で購入した際にはポイントは貯まらないので宝くじ公式サイトで購入したほうがお得になります。

宝くじポイントはジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズなどの購入額、100円につき1ポイント(還元率1%)が貯まり、1ポイント=1円で購入にも利用可能です(予約購入は除く)。

宝くじ公式サイトから購入すると宝くじポイントが貯まる

ポイントを使っても、購入時にはポイントが貯まります。

宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズ)の支払いに使えるお預かり当選金とは?

お預かり当せん金とは、宝くじ公式サイトで購入した宝くじやこれまでのお預かり当せん金の合計額が1万円未満の場合に自動的に口座に振り込まれず、一時的に公式サイトのアカウントに記録されているもの。

1万円以下だとお預かり当せん金ページの「個別に振り込む」から手続きをするか、3月と9月の自動振込までお預かり当せん金としてアカウントに登録されています。

このお預かり当せん金は次の宝くじの購入に利用することも可能になっています(予約購入は除く)。

ロトとナンバーズは銀行のサイトからも購入可能

全国自治宝くじ事務協議会の発行する宝くじの中で、数字を選択するタイプの宝くじであるロト、ナンバーズは、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行の銀行の会員サイトから購入可能です。

ジャパンネット銀行のロト・ナンバーズ購入画面

購入した分は銀行口座から引き落とされ、当せん金は購入した銀行口座に振り込まれます。

ジャンボ宝くじは銀行サイトからは購入できず、公式サイトからのカード決済のみの対応です。

宝くじ(ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバーズの公式サイト)の支払いで現金必要?

年末ジャンボなどの宝くじは2018年10月末まで売り場で現金払いでしか購入できませんでした(ロトやナンバーズは以前から各オンラインバンクなどからネットで購入できていた)。

その結果、購入額が下がってきたため、総務省はジャンボ宝くじなども含めて公式サイトでのカード決済の許可に踏み切った形です。

ご利益のある売り場などは年末になると長い行列ができていましたが、その混雑も収まるでしょうか。売り場ではポイントも貯まらないのでご利益は平等だと考える方は公式サイトで購入することをおすすめします。

宝くじ公式サイトで購入できる宝くじの種類

全国自治宝くじ事務協議会が運営する宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじ、ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ4、ナンバーズ3などのくじがカード決済で購入可能になっています。