電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

上島珈琲店の支払い方法

上島珈琲
電子マネー WAON / 楽天Edy / 独自の電子マネー / Edyは一部の店舗のみ
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / → 店舗毎の検索はこちら 全店舗で展開されているわけではないが8割程度の上島珈琲店で使える。
相性の良い電子マネー プレシャスカード UCCグループが発行している電子マネー。最大で還元率は10%。
クレジットカード 使えない プレシャスカードにクレジットカードから入金することで間接的なクレジットカード払いは可能。
現金いらず得点 3.9点(5点満点中) プレシャスカード以外にも全店舗に展開している電子マネーがあれば◎
公式HP http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

上島珈琲店で使える電子マネー

UCCグループの上島珈琲では2017年の5月から電子マネーのWAONが利用可能になっています。

その他、Suicaを始めとして相互利用可能なPASMO、ICOCAなどの各種交通系電子マネーと楽天Edyも店舗によっては使えます。どちらも現状では全店舗で使えるというわけではないですが、交通系電子マネーは100店舗あるうちの80店舗以上で使えます。公式サイトの店舗検索ページからも検索することが可能です。

Suicaなどが使える上島珈琲をチェック

また、上島珈琲のリピーターの方はUCCが独自に発行するプリペイド型電子マネーのプレシャスカードがお得ですし、ごく一部の店舗を除くほぼ全ての上島珈琲店で使えます。

上島珈琲店で使える&ポイントが貯まるプレシャスカード

プレシャスカードのデザイン

このプレシャスカードはチャージ(入金)をする度にその入金額に応じてポイントが貯まり(2%−5%)ます。チャージレートは1,000円のチャージで2%、2,000円のチャージで3%、3,000円以上のチャージで5%です。加えて、上島珈琲で使ったらポイントが5%還元されます。

なので、 3,000円のチャージをした方なら、全額を使うことで最高で10%の還元が受けられます。3,000円のチャージで150ポイント貯まり、そのプレシャスカードで500円のコーヒーを飲めば、追加で25ポイントが貯まるということです。

これらのポイントは1ポイント1円でまた上島珈琲で使えますから、使える店は上島珈琲や珈琲館などUCCグループのお店に限られているものの、かなりの高還元率の電子マネーになります。チャージの上限は20,000円です。

記名式ではないので店頭で簡単に作ることが出来ます。発行手数料も無料ですし、月に何回かは訪れるヘビーユーザーの方はぜひ持っておきたいところ。

専用の会員ページからオンラインでVISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersの各種クレジットカードからチャージを行うことも可能です。他にケータイのキャリア決済(auとDocomo)も対応しています。

注意したいのはカード、及び、ポイントの有効期限は1年間なので、次に利用するのは1年後かもしれない、といった方はわざわざ作る必要はなく、他にお使いの電子マネー(EdyかSuica)でポイントを集中させて支払ったほうが断然お得です。

上島珈琲店でクレジットカードは使える?

残念ながら上島珈琲店では基本的にレジでクレジットカードを使うことは出来ません。

なのでプレシャスカードをお持ちの方は、お使いのクレジットカードからプレシャスカードにチャージをして、それで支払うことで間接的なクレジットカード払いをしましょう。

チャージにはVISAカード、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersの各種クレジットカードが使えるのでお手持ちのクレジットカードが使えないことはほぼないかと思います。ただし、au WALLETやソフトバンクカードなどの国際ブランド付きの電子マネーからのチャージは不可だったという方が多いようですのでご注意ください。

プレシャスカードをお持ちでない方はよく行く店舗で、Suica、もしくはEdyが使えるかどうかを把握し、クレジットカードからそれらの電子マネーにチャージをしておいて支払いましょう。

上島珈琲店で商品券・ギフトカードは使える?

上島珈琲店ではJCBギフトカードやVJAギフトカードなどのクレジットカード系ギフトカードは利用できません。

使えるのは独自発行されているギフト券のみです。

上島珈琲店で現金必要?

→ほとんど必要ありません。

ヘビーユーザーはプレシャスカードを作ってしまったほうが良いかと思います。毎日行くようでしたら月に何度かただで珈琲が飲めますし、クレジットカードからチャージをすることでさらにお得になります。

ヘビーユーザーの方以外でも、WAONやSuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネーが数多くの上島珈琲店で使えますから、お手持ちの交通系電子マネー、Apple Payなどで手軽に支払うこともできるでしょう。全店舗共通で交通系電子マネーが使えるようになると安心ですが、プレシャスカードがとにかくお得なので良しとしましょう。

上島珈琲店ってどんなお店?

上島珈琲はUCC(Ueshima Coffee Corporation)の子会社のUCCフードサービスシステムズ株式会社展開するコーヒーショップ。代表的なメニューは黒糖ミルク珈琲で黒糖とコーヒーの絶妙なバランスに病みつきな人多数。