電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

上島珈琲店の支払い方法

上島珈琲店
電子マネー WAON / nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う / WAONと交通系だけではなく、楽天Edyやnanaco、WAON、iD、QUICPayも利用可能店舗が拡大。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / → 店舗毎の検索はこちら 全店舗で展開されているわけではないが8割程度の上島珈琲店で使える。
相性の良い電子マネー プレシャスカード 来店回数に応じて支払い時の還元率が3−10%で変動する(PRECIOUSマイレージプログラム)。
クレジットカード 使える / 各店舗ごとに違う / (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/) 直営店にて利用可能。
ブランドプリペイド au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 各店舗ごとに違う /
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / d払い / Alipay / WeChat Pay / クオカード・ペイ / 各店舗ごとに違う / 直営店にて利用可能。
貯まりやすいポイント 独自のポイント アプリに登録したプレシャスカードを提示、もしくはLINE公式アカウントの友達登録して、ポイントカードを利用可能。1%分のポイントが貯まり、1ポイント1円で利用可能。プレシャスカード払いとの併用は不可(現金、クレカ、電子マネー、QR払い時のみ)。
現金いらず得点 4.2点(5点満点中) QRコード決済の導入やクレジットカード、プレシャスカードなどで直営店では現金いらず。直営店以外では現金が必要かも。
公式HP http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

上島珈琲店で使える電子マネー

UCCグループの上島珈琲では多くの店舗(直営店)で電子マネーのWAON、nanaco、楽天Edy、ポストペイ型のiD、QUICPay、交通系電子マネーのSuicaやPASMO、ICOCAなどの各種交通系電子マネーも多くの上島珈琲店で利用可能です。

上島珈琲店のアクセプタンスマーク

元々はWAONと交通系電子マネーのみの対応だったのが、QRコード決済導入と同時にその他電子マネーも順次拡大していくという形です(問い合わせ済み)。

現状では全店舗で使えるというわけではないですが、直営店では導入されており、交通系電子マネーは111店舗あるうちの80店舗以上で使えます。交通系電子マネーのみ公式サイトの店舗検索ページからも検索することが可能です。

Suicaなどが使える上島珈琲をチェック

また、上島珈琲のリピーターの方はUCCが独自に発行するプリペイド型電子マネーのプレシャスカードがお得ですし、ごく一部の店舗を除くほぼ全ての上島珈琲店で使えます。

上島珈琲店で使える&ポイントが貯まるプレシャスカード

プレシャスカード

上島珈琲店、UCCグループでは独自の電子マネーとしてプレシャスカードを発行しています。

専用の会員ページ、もしくはアプリからオンラインでVISA、MasterCard、JCB、AMEXの各種クレジットカードからチャージを行うことも可能です(Dinersは不可)。他にケータイのキャリア決済(auとDocomo)も対応しています。店頭での現金チャージは1,000円からですが、オンラインチャージは3,000円以上からです。

注意したいのはカード、及び、ポイントの有効期限は1年間なので、次に利用するのは1年後かもしれない、といった方はご注意ください。

PRECIOUSマイレージプログラム

プレシャスカードは支払い時の還元率が来店回数によって変動するランクに応じて、3−10%のポイントが貯まるPRECIOUSマイレージプログラムを採用しています。

ランクプレシャスカード支払い時来店回数
MEMBERS3%
BRONZE3%5回以上
SILVER5%20回以上
GOLD7%50回以上
PLATINUM10%150回以上

加えて、誕生日月にはバースデー特典として、通常50ポイント、BRONZEで100ポイント、SILVERで300ポイント、GOLDで500ポイント、プラチナランクで1,000ポイントがもらえます。

上島珈琲店公式アプリにカードを発行 or 登録

上島珈琲店では公式アプリをリリースしています。

公式アプリを使えば、プレシャスカードを持ち運ぶ必要がなくなり、カードレスで決済が可能になります。

会員登録後、アプリ上から新規に発行することも可能です。すでにカードをお持ちの方はカード番号とPIN番号(「カード番号表示」をクリックしたら表示される)を追加してカードを追加します(すでに会員登録済みでカードを登録してある方はログインすれば表示される)。

プレシャスカードをアプリに登録

決済時にはこのバーコードを提示すればOKです(他の支払方法でポイントを貯めたい場合も同様)。

チャージもアプリから可能(クレジットカードチャージorキャリア決済(au、docomo)。

プレシャスカードを上島珈琲アプリからオンラインチャージ

クレジットカードでのチャージ画面は↓のような形。

プレシャスカードのオンラインクレジットカードチャージ

提示して貯まるポイントカード機能に関しては、下記、「上島珈琲店で貯まるポイント」を参照してください。

上島珈琲店でクレジットカードは使える?

直営店を中心に、VISA、Mastercard、JCB、American Expressが使えます(2019年2月から拡大)。

QRコード決済の対応と共に直営店ではほぼ対応されています(UCCフードサービスシステムズに問い合わせ済み)。

ただし、現状だと、クレジットカードは電子マネーと違って店舗検索ページでも検索できないので、確実性を求めるのであれば、実際に行ってみるか、事前に問い合わせるしかありません。

もしクレジットカードが使えなくてもプレシャスカードをお持ちの方は、お使いのクレジットカードからプレシャスカードにチャージをして、それで支払うことで間接的なクレジットカード払いは可能です。

チャージにはVISAカード、MasterCard、JCBの各種クレジットカードが使えるのでお手持ちのクレジットカードが使えます。ただし、au WALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードなどの国際ブランド付きの電子マネーからのチャージは何種類か試しましたがどれも利用不可だったのでご注意ください。

プレシャスカードをお持ちでない方はよく行く店舗で、Suica、QRコード決済が使えるかどうかを把握し、クレジットカードからそれらの電子マネーにチャージしたりQRコード経由でカード払いをする形での対応も可能です。

上島珈琲店で使えるQRコード決済

上島珈琲店では直営店でQRコード決済のPayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、AliPay、WeChatPay、QUOカードPayが利用可能です(2019年2月1日から直営店で導入)。

カフェチェーンとして日本で初めてQRコード決済をほぼ網羅しました。

上島珈琲店で貯まるポイント

上島珈琲店では公式アプリでプレシャスカードを登録、もしくは上島珈琲店の公式LINEアカウントを友だち登録して、レジでバーコードを提示するとポイントが貯まる・使えるようになります。

現金、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、QR決済を利用した時もポイントが貯まります。支払額(税抜)の1%分のポイントが加算され、貯まったポイントは1ポイント=1円分として1ポイントから利用出来ます。

プレシャスカードとの併用(2重取り)は出来ないのでご注意ください。

公式アプリの場合、カードメニュー、LINEの場合、トーク画面を開けばポイントカードの「バーコードを表示」と出て来ますので、それを開けばOK。

上島珈琲店のポイントカード(LINEの公式アカウント)

有効期限は最終利用日から1年間です。

上島珈琲店で商品券・ギフトカードは使える?

上島珈琲店ではJCBギフトカードやVJAギフトカードなどのクレジットカード系ギフトカードは利用できません。

クオカードは直営店で利用可能です。

使えるのは独自発行されているギフト券のみです。

上島珈琲店で使えるクーポン

上島珈琲店では公式アプリでクーポンを配布していたりします。

上島珈琲店公式アプリのクーポン

利用する際には「クーポンを利用する」ボタンをクリックして表示されるバーコードを定員さんに提示すればOKです(クーポン表示には時間制限があるので会計直前にクリックしましょう)。

上島珈琲店の完全キャッシュレス店

上島珈琲店では大手町フィナンシャルシティ店を完全キャッシュレス店にしました。

事前注文&決済システムのO:der(オーダー)を導入。

さらに、店頭での支払いはクレジットカード(VISA、mastercard、JCB、American Express、Diners)、電子マネー(Suicaなど交通系、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPay、プレシャスカード)、QRコード決済(PayPay、Alipay、WeChatPay)が利用可能な形。通常店と違ってWAONは使えない点には注意。

当然、現金は不可です。

上島珈琲店で現金必要?

→ほとんど必要ありません。

ヘビーユーザーはプレシャスカードを作ってしまったほうが良いかと思います。毎日行くようでしたら月に何度かただで珈琲が飲めますし、クレジットカードからチャージをすることでさらにお得になります。

ヘビーユーザーの方以外でも、WAONやSuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネーが数多くの上島珈琲店で使えますから、お手持ちの交通系電子マネー、Apple Payなどで手軽に支払うこともできるでしょう。QRコード決済にも対応しました。

現状たまたま入ったお店が直営店以外だと使えないという不安がまだ残るので、全店舗共通で交通系電子マネーが使えるようになると安心ですが、プレシャスカードがとにかくお得なのでヘビーユーザーの方は準備しておきましょう。

上島珈琲店ってどんなお店?

上島珈琲はUCC(Ueshima Coffee Corporation)の子会社のUCCフードサービスシステムズ株式会社展開するコーヒーショップ。代表的なメニューは黒糖ミルク珈琲で黒糖とコーヒーの絶妙なバランスに病みつきな人多数。