電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

クレジットカード(AMEX)の支払いを遅延してしまった話

SPG AMEX

クレジットカードは支払い日があり、支払いに遅れてしまうと遅延をしたことがCICなどの信用情報機関に報告され、その後、新しいカードの申込みや住宅ローンの申込み等で不利になってしまいます。

とはいえ、数日の遅れなら割と多くの人がやってしまっているものです・・・。

この記事では私がやってしまった遅延とその理由、対策を記載していきます。

反面教師にしてください・・・。

筆者がやってしまったクレジットカードの支払い遅延、その状況

遅延してしまったカードは、アメリカン・エキスプレス・カード、正確には、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG AMEX)です。

アメリカン・エキスプレス・カードは申込時にオンライン上で口座設定をしません。

ほとんどのカードは申込後、そのままオンラインバンキングの管理ページで口座設定を完了させるものですが、AMEXのカードは申込み後、郵送で口座情報を返送する必要があります。

到着したカードだけ取り出して残り(口座振替申込用紙など)はリビングに置いておいたのですが、まず同居人がその申込用紙を捨てていました。他にもAMEXを持っていて、いつもビジネスゴールドなどの催促で捨てるようにお願いしていたので、しょうがないです。

筆者もこの数年ほとんどのカードがオンラインで口座設定を完了させており、口座情報を郵送したことがなかったので、すっかり失念しておりました。

そしてそのことに気付かないまま翌月10日が過ぎ、振り込みが行われていないという連絡が入りました。そこでの入金の遅れは1度目で「すいません、すぐに振り込みます」ということで口座に利用額を振り込んで許されました(作った初月とその翌月分も確定していたのでまとめて振り込みました)。遅延損害金も多少発生していましたが、取り消しという形を取っていただきました。許されたとはいえ、実質ここで1回遅延している、学べ俺。

で、問題となる許されなかった遅延はその次の支払い時に発生しました。

AMEXのカスタマーセンターとの会話は要約すると以下のような感じ。

筆「管理画面で確認をしたら、10日に引き落としが行われていないようなのですが、もしかしてまだ口座設定できていないんですかね?」

A「そうですね、されていないようなので遅延ということになっています。指定の口座に振り込んで頂けますか?」

筆「すぐに振り込みます。(・・・口座番号をメモする・・・)ちなみに3週間以上前には口座設定用紙を送っているのですが、まだ反映されていなんでしょうか?すっかりすでに反映されているものだと思っていたので」

A「そうですね、こちらに書類の到着はしているのですが、反映まで1ヶ月ほどかかります

筆「そんなにかかるんですね・・・。事前の連絡とかあったのでしょうか?見落としていましたか?」

A「いえ、事前のご連絡はしておらず、個別にパソコンの管理画面から利用明細を見て頂くことになっております」

筆「利用明細!PDF!パソコンから!・・・なるほど・・・わかりました・・・すぐに振り込みます」

A「ありがとうございます」

という感じです。この電話をしたのが14日、引き落とし予定は10日だったので4日ほどの遅延になりました。

筆者が遅延してしまった理由(言い訳)

  1. オンラインで口座設定することに慣れすぎていた。
  2. 口座設定まで1ヶ月もかかると思っておらず、3週間前(正確には約3週間以上前)に振替用紙を郵送した時点で安心しきっていた。
  3. 万が一口座設定に失敗したり間に合わなかった場合でも、今月分は振り込んでくれ、というメールや電話連絡があるものと思っていた。
  4. マネーフォワードと連携してまとめて管理しているため、個別にカードの管理画面に入ることは滅多にない。よって利用明細から振り込み依頼を確認しなかった。

1と2は言葉の通り。AMEX以外のクレジットカードは現在ではオンラインで口座設定&本人確認を済ませてしまう形式のことがほとんどなので、その形に慣れすぎており、口座設定用紙の返送、それにかかる時間などは頭の中から色々と抜け落ちていました。昔は返送がほとんどだった気がしますが、今となっては初めて訪れた国で恐る恐る手続きをする感覚です。

3に関してですが、万が一口座設定が失敗している場合でも、口座設定が引き落とし期日に間に合っていない場合はメールがあるものだと思っていました。しかし、実際は事前にはなんの連絡もありませんでした。よくよく考えたら初月も連絡が来たのは振り込み確認が取れずに数日経った後でした・・・。

4、自分が悪いですよ?自分が悪いですが、ちょっと言わせて頂くならこれが一番不満です。AMEXの管理画面ただでさえ使いづらいし、マネーフォワードで一括管理しているのでわざわざ公式サイトにログインしてPDF形式の明細をチェックしません。

明細は管理画面にログインして、

AMEX公式サイトの明細

このリンククリックして、

該当付きを選んでPDFをダウンロードして、

PDF1枚目のこの小さい部分を読まないとわからないわけです。

↑で挙げた1,2,3の要因と合わさって、ここまで見てチェックしようとは思えませんでした。

いやそもそも今どきオンラインで口座設定ができないのは(以下自粛)

遅延しないための対策

今回の教訓から得られたものは、カードを作ったら最初に銀行口座から引き落としされたことを確認できるまでは慎重に、公式サイトできちんと確認をする、ということです。

引き落とし口座を設定さえすればあとは残高さえ入れておけばOKなので・・・。

遅延は2年は記録に残り続ける

支払いを遅延してしまったという記録は2年は信用情報機関に残り続けます。これは消すことが出来ません。

CICという信用情報機関では順調に支払いが行われている場合はドルマーク、遅延の場合はAマークがつくのですが、このAはマークは2年間は残り続けます。

以上、特にAMEXに申し込む方には同じようなミスをされている方が多いようなのでご注意ください。