電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

コンタクトレス(タッチ)決済を国内でも使うメリット・デメリットをまとめてみた

コンタクトレス(タッチ)決済を国内でも使うメリット・デメリットをまとめてみた

新型コロナウイルスによる各業界の冷え込みが凄まじい2020年ですが、日本国内ではクレジットの国際ブランドのコンタクトレス(タッチ)決済に対応した加盟店が急速に拡大しています。

対応カードも普及し、大手から中小のお店まで広がっているそんなコントクトレス決済のメリット・デメリットを今回は改めてまとめてみることにしました。

コンタクトレス(タッチ)決済とは?

コンタクトレス(タッチ)決済とは、一般的な電子マネーとは違いタッチするだけでクレジット決済ができる「クレジットカードの読み取り方法のひとつ」です。(iDやQUICPayといった後払いメインの電子マネーとは違い、こちらは正真正銘なクレジット決済)

世界標準の規格としても知られており、日本だけでなく海外で利用しても少額の利用であればカードやスマートフォンを「タッチ」するだけ、サインや暗証番号は必要ありません。

くわしい説明はこちらのエントリーで解説しています。

そろそろNFC Pay(タッチ決済)の存在が国内で広く認知されても良いのではなかろうか
概要1 はじめに2 NFC Payって何?3 Suicaなど(FeliCa)とNFC Pay(Type-A/B)との違い4 NFC Payの種類と対応カード・スマホ4.1 Visaのタッチ決済4.2 Mastercard…
続きを読む

加盟店・カード会社共に環境が揃ってきた現在の状況

改正割賦販売法の影響でいわゆるクレジット決済の「外回り」化や「100%IC」化が一気に進み、あわせて大手企業では端末やシステムの入れ替えと同時にコンタクトレス決済も一緒に導入するパターンが急増しました。

さらに2019年10月に始まった「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響もあって、中小のお店においても参加条件のひとつである「対応端末の導入」へ入れ替えたり新規で導入するケースも相次いだため、主にVJA加盟のアクワイアラと契約したお店でもコンタクトレス決済が利用できるところが増えました。

一方でカード会社側でもこの2年で一気にコンタクトレス決済に対応したカードの切り替えが積極的に進められ、三井住友カードやイオンカードをはじめとした大手の一部では標準搭載となりました。

さらにApple PayやGoogle Payを活用し、コンタクトレス決済を搭載していないカードでもスマートフォン上で利用できるようになるなど「始める」までのハードルもぐっと低くなっています。

国内でコンタクトレス決済を使うメリット

※本項においてブランドデビット・ブランドプリペイドの決済は便宜上「クレジット決済」としております

とは言うものの、日本国内では古くからFeliCaを利用した前払い・後払いの電子マネーが広く普及しており、「わざわざ対応加盟店が限られたコンタクトレス決済なんか使う必要があるの?」「iDやQUICPayでいいんじゃないの?」という声もよく耳にするようになりました。

しかしながら日本国内でも対応している加盟店ではコンタクトレス決済を使うメリットも充分あり、使い方次第ではとっても便利なのです。

筆者が考えるメリットは以下の通りです。

  • vs 物理カード:処理速度が速い
  • vs iD・QUICPay:クレジット決済そのものなので明細が統一される
  • vs QUICPay:余計なカード利用枠の利用がない
  • vs Google Pay:FeliCa非対応機種(おサイフケータイ非対応機種)でも使える

    vs 物理カード:処理速度が速い

    通常のクレジット決済の場合、カード預かり・差込⇒与信照会⇒カード返却・抜取という基本的な流れが一般的ですが、コンタクトレス決済は「かざす」だけで与信照会となるため処理が終わったら即レジも終了、クレジット決済にかかる時間も1~3秒短縮となるため大変スピーディーです。

    また、国ごとに設定された上限額を超えない範囲の利用であれば日本でも海外でもサイン・暗証番号は必要ありません。(日本の場合は10000円が上限額)

    vs iD・QUICPay:クレジット決済そのものなので明細が統一される

    通常、iDやQUICPayで支払いをする場合、通常のクレジット利用と分けて確定明細を上げたり同じ加盟店でもクレジット利用分と表記が異なったりするケースがよくあります。

    しかしながらコンタクトレス決済はカード読み取り方法の一種、すなわち「クレジットそのもの」であるため明細上もクレジット決済として上がってくることから統一的に管理することができるのです。

    ※AMEXユーザーなら断然コンタクトレス決済が便利※

    AMEX.incのカードをお持ちの皆様の場合、QUICPayよりもコンタクトレス決済の利用が断然おすすめ。

    QUICPay利用分においては毎月の締め日にしか明細を確認できなかったり、枠の大半を押さえられたりといったことから解放され、より便利に使うことができます。

    vs QUICPay:余計なカード利用枠の利用がない

    主にQUICPayの利用ユーザー向けのマニアックなメリットですが、QUICPay利用時には「一定額ごとにカード利用枠の確保」があります。(概ね3万円ずつカード利用枠から減額されます)

    このようなことも「クレジットそのものの決済」であるコンタクトレス決済では起きないため、カードを発行したばかりの方のような低い限度額のユーザーでも余裕を持って利用することができます。

    vs Google Pay:FeliCa非対応機種(おサイフケータイ非対応機種)でも使える

    コンタクトレス決済ならFeliCa非対応・おサイフケータイ非対応の機種でも利用できます。

    おサイフケータイ非対応機種の方の場合、普段からカードを出して決済をすることが多くなるので、コンタクトレス決済ならカードも出さずスマートフォンのみで決済できるのは大きなメリットです。

    ここがダメ!国内でコンタクトレス決済を使うデメリット

    一方で日本での導入展開も本格的になってからまだ2~3年しか経過しておらず、発展途上の状態でもあるためデメリットも大小存在します。

    筆者が考えるデメリットは以下の通りです。

    • vs 物理カード・電子マネー・QRコード決済:加盟店により実装方法が違う
    • vs 電子マネー:圧倒的に加盟店が少ない
    • vs 物理カード・電子マネー:そもそもの知名度が未だ低いため店員から断られることもある

      vs 物理カード・電子マネー・QRコード決済:加盟店により実装方法が違う

      コンタクトレス決済は一概に対応している・・・と言っても実は加盟店ごとに実装方法が異なる日本の場合、その呼び名を言わないと使えないケースが多数存在します。

      「クレジット」「NFC Pay」「NFC Payment」と現状ではこの3パターンの呼び名に分かれますが、これを使い分けるのは到底困難極まりない状況です。

      くわしい解説はこちらのエントリーでどうぞ。

      難しすぎてハードルが高い!?NFC決済の使い方を決済端末別にまとめてみた
      日本でも加盟店・対応カード共にどんどん増加傾向にあり、使える環境もどんどん広がっているNFC決済。 し・か・し!使えるようにはなっていても一見複雑そうに見えるため、その使い方を知らない・分からない・使おうとしても断られた…
      続きを読む

      vs 電子マネー:圧倒的に加盟店が少ない

      急速に拡大はしているものの、15年以上もやってきている電子マネーとは圧倒的に加盟店の数の差が依然としてある点は否めません。

      また、クレジット決済そのものであることから加盟店としては大々的な告知をする必要がなく、店頭でも対応しているか分かりにくい状態であるため大手以外ではなかなか使いにくい状態です。

      vs 物理カード・電子マネー:そもそもの知名度が未だ低いため店員から断られることもある

      先ふたつの理由も影響し、利用できる加盟店であっても店員が知らないことが原因で利用できない、利用を断られるケースも未だ多数耳にします。

      カード会社サイドにおいても周知活動は活発に行っているものの、まだまだ周知が足りません。

      世界標準の「かざす」を体験してみよう

      まだまだ普及が始まったばかりでデメリットも目立つコンタクトレス決済。

      しかしながら世界標準の「かざす」決済でもあり日本はもちろんのこと海外でもそのまま通用する方法なのです。

      この機会に皆さんもぜひコンタクトレスの利便性を体験してみてください。

      ちはやるん
      ライター:ちはやるん
      デビット・プリペイドを中心に愛用する長崎県民。 とくにNFCPayは大好物で福岡・大阪・東京に行った時は使って帰らないと気がすまないくらい。Twitter ID: chihayaobachan