電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

住信SBIネット銀行(ATM手数料・振り込み手数料が安い)

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の基本スペック

口座申込資格 18歳以上
1日の振込額の上限 1,000万円超 初期設定は100万円。100万円-1000万円の間はいつでも変更可能。
当日振込の受付 当日23時59分まで 住信SBIネット銀行宛て(平日・土日祝共に)。他行宛ては当日15時まで(平日のみ)。
普通預金金利 0.02% 普通預金時は0.02%。SBIハイブリット預金時は0.07%。
振込手数料
  • 同銀行/3万円未満の場合・・・0円
  • 同銀行/3万円以上の場合・・・0円
  • 他銀行/3万円未満の場合・・・154円
  • 他銀行/3万円以上の場合・・・154円
他行宛ても(ランクに応じて)月に1−15回までは無料。
ATM手数料
  • ゆうちょATM・・・手数料無料 / 条件付き利用可 / ランクに応じて月に1−15回まで無料。それ移行は1回あたり108円(税込)。ファミマ設置のATM以外は平日AM7時~PM9時、土曜日・日曜日・祝日はAM9時~5時。
  • セブン銀行ATM・・・24時間利用可 / 手数料無料 / ランクに応じて月に1−15回まで無料。それ以降は1回あたり108円(税込)。
  • ローソンATM・・・24時間利用可 / 手数料無料 / ランクに応じて月に1−15回まで無料。それ以降は1回あたり108円(税込)。
  • イーネットATM・・・24時間利用可 / 手数料無料 / ランクに応じて月に1−15回まで無料。それ以降は1回あたり108円(税込)。
  • 三菱東京UFJ銀行のATM・・・利用不可
  • 三井住友銀行のATM・・・利用不可
  • イオン銀行ATM・・・24時間利用可 / 手数料無料 / 手数料無料 / ランクに応じて月に1−15回まで無料。それ以降は1回あたり108円(税込)。
  • ビューアルッテATM・・・24時間利用可 / 手数料無料 / 手数料無料 / ランクに応じて月に1−15回まで無料。それ以降は1回あたり108円(税込)(預け入れサービスはなし)。
ATM出金限度額 1日あたり0円~200万円まで。1ヶ月あたり0円~1,000万円まで。 初期設定時。1000万円超に変更可能。
公式HP 住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で立ち上げたネット銀行。

店舗はない完全にネット専門の銀行口座ですが、代わりに、預金金利やサービスが高水準です。ATMの引き出し手数料、振り込み手数料無料などは制限が付きました。

メインバンクとして利用される方でしたらよほど引き出し回数が多い方出ない限り、殆ど無料で使えるので大丈夫でしょうが、メインバンクユーザー以外の目的でしたら手数料を考慮する必要があります。

住信SBIネット銀行で入金・出金手続きが出来るATMと手数料

住信SBIネット銀行は、ゆうちょ銀行のATM、セブン銀行のATM、ローソンのATM、ファミマやサンクス等で使えるイーネットのATM、イオン銀行のATM、JRの駅に設置されているATMであるビューアルッテATMが使えます。

過去は、セブンイレブン、ローソン、イーネット、イオン銀行、ビューアルッテのATMは24時間(もしくは営業時間内)、手数料が完全無料で現金入金、出金共に使えたのですが、スマートプログラムが始まって、出金するのは完全無料ではなくなってしまいました。

住信SBI関連のサービスをいくつ使っているかでランクが設定され、そのランクに応じて無料で出金できる回数が決まってくる形です。無料の回数は最低ランクでも2回−最高ランクで15回。

出金が2回まで無料という形だと心もとない方は、預金が100万円以上ある(もしくは外貨預金やデビットカードなどのサービスを2つ以上利用)でランク2以上を目指していく必要があります。

出金の無料回数をオーバーするとそれ以降は手数料として100円(税別)がかかってきますので覚えておきましょう。

※ビューアルッテのみ預け入れは出来ません。

住信SBIネット銀行からの振り込み手数料

住信SBIネット銀行から振り込みを行う場合、同銀行同士であれば何回振り込んでも手数料は無料です。さらに、同銀行同士であれば24時間365日リアルタイム送金も可能なので、リアルタイムで、何回振り込んでも無料というサービスになっています。

他行宛ての場合、154円の手数料がかかります。ですが、手数料としては安いですし、月に1−15回までは無料です(スマートプログラムのランクに応じて最低1回、最高15回無料)。振り込みが多い方でない限り大丈夫かなとは思います。

スマートプログラムでランク2(月末の口座残高100万以上)で、他行への振り込み手数料が月に3回無料なので、目安にしてみてください。

住信SBIネット銀行の「目的別口座」について

住信SBIネット銀行には目的別口座という機能があります。

これは、例えば将来のために養育費を貯めたい場合には、養育費用の別口座を開設したり、海外旅行用のお金を貯めたい場合には、海外旅行費用の別口座を開設することが出来るという機能です(最大5つまで)。

もちろん、基本的には同一口座なので親口座(代表口座)に対する子口座といった位置づけなのですが、機能的には別口座になりますから、目的別口座に預けたお金は親口座に振替をしてからでないとATMから出金することは出来ず、貯めやすくなっています。意志が弱いと欲しいものがあったらすぐに卸したくなってしまうのが人間ですからそれを強制的に防ぐ役割もあるわけです。

資金管理が容易になるだけではなく、目標達成までのパーセンテージも表示されるのでモチベーションも上がります。

SBIハイブリット預金口座について

SBIネット銀行の何よりの特徴として、SBI証券の口座と結びつけて利用するSBIハイブリット預金口座があることが挙げられます。

これは、「ネット銀行口座」と「証券口座」を同時に作るようなイメージで、例えば現物取引を買い付ける際、通常だと証券口座に振り込み、入金して→反映されてから→買い付け、という手順を取るのが、「振替」という形で簡単に行えるようになっています。

このSBIハイブリット預金口座を利用すると金利がアップしますし、開設するだけなら無料なので、まとまったお金を預ける予定がある方面、そうではない方も、とりあえずハイブリット口座を作るのがオススメ。

しばらく使うあてがないお金をハイブリット預金口座のほうに移して置くと良いでしょう。もちろん、ハイブリット預金口座の残高を利用して株や投資信託を始めたい、という方にもオススメできます。

ネット銀行口座→ハイブリット預金口座、ハイブリット預金口座→ネット銀行口座へのお金の移動はPCかスマホでログインすればすぐに出来ます。

ただし、ハイブリット預金口座に入っている分のお金はATMから直接出金することは出来ないので、一度ネット銀行口座の円普通預金に振替を行う必要がある点はあらかじめご注意ください。

申し込みは若干面倒・・・

詳しくは下記申込の流れのところで記述しますが、申し込み後、郵送物が住信SBIネット銀行口座の分と、SBI証券口座の分の2種類来ます。本人限定郵便で届くので、家にいなくてはいけなくて、かつ、本人しか受け取ることが出来ないのと、SBI証券の申し込みは本人確認書類の返送という一手間がかかります。

もしもATM手数料や振込手数料の安さだけを求めているならハイブリット口座は申し込まなければ返送等の手続きはなくて済みます。

住信SBIネット銀行の管理画面の使い勝手

住信SBIネット銀行の管理画面

住信SBIネット銀行の管理画面は、最初はごちゃごちゃしすぎて使いづらいかなと思ったのですが、それはあくまで多機能がゆえで、実際に使う機能は限られているので、慣れるとかなり使いやすい管理画面になっていると言えます(あくまで個人の感覚ですが)。

上部にあるメニューでも使うのはこの内の数個である方が殆どだと思いますので、まずは自分が使う機能がどこにあるのかだけ確認をしておきましょう。

使い方のデモ体験のページも容易されていますので、ネット銀行初心者の方でも特に迷うことはないでしょう。

住信SBIネット銀行は「あらゆる」レベルが高い銀行

住信SBIネット銀行で何よりも身近で恩恵を感じるのはATMの入出金やや振り込み手数料が殆ど無料で利用出来るという点だったのですが、スマートプログラムという改悪が起こってしまったのが残念。ただ、メインバンクとして使っている方(特に残高が300万円以上ある方)なら殆ど無料で使えると言って良いでしょう。

影に隠れがちなのですが、他にも、ローン金利(1.99%-7.99%)や住宅ローン金利(0.65%)定期預金金利(0.25%)が高いレベルで利用出来る点には注目です。また、外貨預金の米ドルへの為替手数料を見てみると、殆どの銀行が25銭-50銭ほどの手数料を取るのにも関わらず、住信SBIネット銀行はわずか15銭です(その他、ユーロ15銭、英ポンド40銭、豪ドル30銭、香港ドル7銭、南アフリカランド15銭etc)。

使い勝手という意味では、目的に合わせて預金を行うことが出来る目的別口座が利用できたり、ハイブリット口座が利用できたりとネット銀行の便利なサービス全部載せと言っても良い銀行になっています。

住信SBIネット銀行の取扱サービス

外貨預金 9通貨に対応している。米ドルの為替手数料は1ドルあたり15銭。
カードローン 金利1.99%-7.99%。利用限度額は1000万円。即日キャッシングはほぼムリと考えたほうが無難。
多目的ローン 金利2.975%-4.975%。利用限度額は1000万円。
住宅ローン 変動金利は年0.65%。
投資信託 SBI証券の口座が必要。
証券仲介
外貨FX Oh!FX(店頭為替証拠金取引)、くりっく365。
インターネット投票 JRA(即PAT)、地方競馬(オッズパーク競馬)、ボートレース、オートレース、競輪(KEIRIN.JP、オッズパーク)、LOTO。
宝くじ・TOTO購入
予約振込 振込指定日の6:00頃に引き落とし。
一括振込 最大10件。
定額自動振込 前日の0時に振込予約、実行日の6時頃に実行。
リアルタイムでの即時送金 SBIネット銀行同士なら土日でも24時間365日即時振込が可能。
海外送金 -
外貨送金
楽天Edyチャージ -
公共料金の引き落とし - クレジットカード経由で一部可能。
Payeasy -
損害補償 盗難の際・・・「故意」、「重大な過失」がなかった場合、原則として全額補償。
メール通知
振込先登録 100件まで。
受取人口座確認

住信SBIネット銀行の口座開設の流れ

住信SBIネット銀行の公式サイトから申込画面へ。各種情報を入力。

情報入力時にSBIハイブリット口座にするか否かを問われますので、金利の面で得をしたい方は申し込みにチェック。

SBIハイブリット口座にするか否か

本人や世帯主が金融証券取引業者の場合は申し込み不可の欄にチェックをする必要があります。

住信SBIネット銀行申し込み確認ページ

各種情報の入力が完了したら、ユーザーネームと初回ログイン時に必要となるパスワードを設定します。

住信SBIネット銀行の申し込み完了

申し込みが完了したら、キャッシュカードが本人限定郵便で郵送されるので、今後の流れによく目を通しておきましょう。

約1週間程度で「本人限定郵便」(受け取りに本人確認書類が必要)でキャッシュカードが到着します。

住信SBIネット銀行のキャッシュカード到着

※ハイブリット口座をお申し込みの方は別途、SBI証券から本人限定郵便で口座開設&パスワード通知書が到着します(ネット銀行の口座だけなら作る必要はなし)。

SBI証券の口座開設通知書(ハイブリット口座申込時)

キャッシュカードが到着したら、初期設定とキャッシュカードの受取確認を早いうちに済ませてしまいましょう。

住信SBIネット銀行の初期設定

キャッシュカードの受取確認には、キャッシュカードの裏面に記載されている「認証番号表」が必要になります。

これが完了したらATMや振り込みなど、銀行口座としての機能が全て利用出来るようになります。