電子マネー、スマホ、クレジットカード、暗号通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

SMBCデビット(2種類の電子マネーが付帯した三井住友銀行のデビットカード)

SMBCデビット

発行 三井住友銀行
申し込み資格 15歳以上
年会費 無料
電子マネー iD / Visa PayWave
ショッピング利用限度額(国内/海外)
  • 1回あたり100万円まで
  • 1日あたり100万円まで
  • 1ヵ月あたり100万円まで

上記範囲内で自分で設定可能。

海外での現金引き出し限度額
  • 1回10万円まで
  • 1日10万円まで
  • 1ヵ月100万円まで

上記範囲内で自分で設定可能。キャッシュカードとは一体化していないため国内では引き出し不可。

不正利用補償 年間100万円連絡から60日前まで遡って補償。
紛失・盗難補償 「海外で購入した商品」が破損、盗難などの被害にあった際の被害額を補償購入日の翌日から90日間までの分を補償。自己負担額3,000円。

SMBCデビットとは?

SMBCデビットは三井住友銀行の口座と結びついたデビットカードです(カード発行会社は同じSMBCグループの三井住友カード)。2017年の6月から電子マネーが2種類付帯してパワーアップしました。

キャッシュカードは別にあって、一体化しているタイプではないので、ATMから現金を引き出すことは出来ません。

SMBCデビットの年会費

SMBCデビットは年会費や発行手数料は完全無料で使えるデビットカードです。

初年度だけといった条件はなく、ずっと無料で使えます。

SMBCデビットのキャッシュバック制度

SMBCデビットはポイントが貯まるわけではありませんが、キャッシュバック制度が用意されています。

ショッピングの利用金額に対して、0.25%(端数は切り捨て)の金額が引き落とし口座として設定されている三井住友銀行の口座にキャッシュバックされます。毎月の初めから末日までの利用分が翌月の20日(銀行が休みの場合は翌営業日)に振り込まれる形です。

基本的に誕生日月のボーナスポイントなどはありません。

似たものとして、同じメガバンクが発行する三菱東京UFJ-VISAデビットは基本0.2%のキャッシュバックで、誕生日月などには+0.1%になるといったボーナスもあります。ただ、年会費が24歳以上の方は2年目から1,000円(税別)がかかってくることも加味すると、キャッシュバックの観点では安定して0.25%の還元率のSMBCデビットのほうが優秀かなと思います。

デビットカードなので当たり前ですが、還元率0.25%は殆どのクレジットカードよりも低いです。キャッシュバックが年会費無料なのにもかかわらず付いているだけで優秀なデビットカードだと言えるでしょう。

SMBCデビットの使い方

SMBCデビットの国際ブランドはVISAです。なので、VISAが使えるお店ではクレジットカード扱いで使うことが出来ます。最もメジャーな(カード発行枚数が世界一)国際ブランドのVISAですから、世界的にも使えないお店は少ないです。

ただし、ガソリンスタンドなど、事前にオーソリゼーション(口座に残高があるか確認する作業)が入るごく一部の場所では、クレジットカードは使えてもデビットカードは使えない可能性もありますのでご注意ください。

普通の街のクレジットカードが使えるお店やネットショッピングならほぼほぼ使えると言えるでしょう。

また、クレジットカードのVISAが使えないところでも、電子マネーのiDとVisa PayWaveが使えるお店ならカードを渡す必要もなく、タッチするだけで支払いが完了します(下記参照)。

SMBCデビットに付帯する電子マネー

SMBCデビットの何よりの特徴として挙げられるのは、デビットカードでありながら、iDとVisa PayWaveという2種類の電子マネーが付帯しているという点。

それぞれの特徴を見てみましょう。

iD

電子マネーのiDは以前はクレジットカードと紐付けて、クレジットカードの利用料金と一緒に<後から>請求されるものでした。ですが、このSMBCデビットに付帯したiDで支払った場合、このクレジットカードに付帯したiDとは違い、通常のデビットカード払いのときと同様に、使った分は三井住友銀行の口座から<すぐに>引き落とされます。

電子マネーのiDが付帯したデビットカードはこのSMBCデビットが初めてです(dカードプリペイドなどプリペイドカードにはSMBCデビットが登場する少し前から付帯していた)。

iDはApple Payの普及で使えるお店は急拡大しており、コンビニやファーストフード店など数多くのお店で使うことが出来るのでとても便利ですし、決済音もスマートです。

>>iDについての詳細はこちら

ただし、iD対応の自動販売機や一部の古いシステムのレジやなど、通常のクレジットカードに付帯したiDやおサイフケータイのiDが使えるところでも、デビットカードに付帯している以上、支払い前にオーソリゼーションが入ってくる関係で、SMBCデビットのiDは使えないケースもあります。

これらはどんどん改善されてきており(e.g.以前はマクドナルドではプリペイドタイプやデビットタイプのiDは利用不可だったが現在ではほぼ使える)、オーソリゼーションが通らないところは少なくなっていますが、万が一のときにパニックにならないように頭の片隅に留めておきましょう。

Visa PayWave

電子マネーのVisa PayWaveは国際ブランドのVISAが発行している電子マネー。非接触技術が日本で主流となっているFeliCa方式ではなく、国際標準のTypeA/Bの電子マネーなので、主に海外で使える電子マネーになります。こちらも使った分は三井住友銀行の口座からすぐに引き落とされます。海外で使った場合も為替レートを計算して即時引き落としになります(あとから為替レートの差異の調整が入る可能性はある模様)。住信SBIネット銀行のデビットカードなどにも付帯しています。

アメリカやヨーロッパ、シンガポールなどでも使えるところが多くあります。使えるかどうかは以下のアクセプタンスマークがあるかどうかを見てください。

VISA PayWaveのアクセプタンスマーク

わざわざカードを渡す必要がないので便利です。特に海外で不慣れな場合だとカードを渡して暗証番号を入力する(サインをする)というやり取りすら必要ないのでスムーズに決済できます。

日本でも、IKEATSUTAYAなどで使えます。ただし、セルフレジ以外だと、店員さんがVisa PayWaveの存在を知らず、「VISA PayWave払いで」と伝えてもクレジットカード払いのときと同様にカードを受け取ろうとするといったトラブルがあったり、そもそもそんな訳のわからない支払い方法使えませんと言われたりする危険性があります・・・。

店員さんのレジでの操作はNFC Payというメニューから選択するものが殆どなので、「NFC Payで」と支持してあげるとスムーズにいきやすいです。

SMBCデビットの作り方

既に三井住友銀行の口座をお持ちの方はSMBCダイレクトから申し込むか、口座窓口で申し込むことが出来ます。まだ三井住友銀行の口座をお持ちではない方は専用アプリをインストールすれば、オンライン上で口座開設&SMBCデビット申し込みをすることが出来ます。

いずれにせよ、カードは申し込み完了から1週間-10日ほどで到着する模様です。

SMBCデビットの不正利用補償

SMBCデビットには不正利用補償が年間で100万円までという形で付与されています。

デビットカードは不正利用された場合にもすぐに口座から引き落とされるので、クレジットカードと違い、すぐに気付いても遅いです(筆者がデビットカードの不正利用にあった際の体験談はこちら)。不正利用補償が適応されたとしてもすぐにお金が返ってくるわけではありません。

万が一被害にあっても、被害が最小限で済むように、専用サイトから限度額はきちんと設定しておきましょう。

SMBCデビットのまとめ

デビットカードはクレジットカードと同様にカードを店員さんに出さなくては行けないのが通常ですが、このSMBCデビットはデビットカードとして初めて電子マネーのiDを付帯して、タッチ方式で支払うことが可能にしました。ピッとタッチして、すぐに口座から引き落とされるのはスマートで便利です。

海外で便利なVISA PayWaveも付いて2種類体制なのも嬉しい。

これからはこのSMBCデビットのような非接触決済機能付きのデビットカードが主流になってくるかと思います。先駆けとなって手がけたのは、さすが三井住友カードと三井住友銀行を有する三井住友フィナンシャルグループだと言えるでしょう。