電子マネー、QRコード決済、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

【決済が出来る指輪】EVERINGのレビューと注意点

EVERING

EVERING(エブリング)はイギリスで生まれたスマートリングです(公式サイト)。日本法人の親会社は株式会社 MTGという美容用品や健康グッズを取り扱っている会社です。

大切なことなので最初に申し上げておきますが、このEVERING、価格は19,800円(税込)+送料です。さらにクレジットカードと同様に有効期限があり(4年間)、期限が切れたら再度EVERINGを購入しないと決済機能は使えなくなります。

なので、年会費5,000円のクレジットカードのようなものです。

色は日本では現在黒のみ(白もある模様)。装着イメージは↓のような形。ゴリラみたいな30代の男が22号を付けています。

EVERINGの装着イメージ

サイズ展開は豊富です。

EVERINGで出来ること、注意点

EVERINGで出来ることは現状、Visaのタッチ決済のみです。

「指輪で決済ができる」のは間違いではないのですが、できるのはSuica決済ではなくnanaco決済でもiDやQUICPay決済でもなく「Visaのタッチ決済」です。

「Visaのタッチ決済?何それ?」という方、「堂安がサッカーボールを蹴り上げて商品忘れるやつ?」みたいな理解の方は、まだ手に入れるのは辞めたほうが良いと思います。

Visaのタッチ決済は多くのVisaブランドのカードに付帯していたり、Apple PayやGoogle Payでも対応カードを持っていれば利用可能なので、まずは普段の生活でそちらを試してみることをオススメします。

普段お使いの店でVisaのタッチ決済が使えない場合、ただの金属アレルギーの人に優しいだけのシンプルな黒い指輪に成り下がります。「新しいもの最高!」「◯◯さんが勧めてるから買ってみよう!」だけでは絶対に後悔します。

ご注意ください。

Visaのタッチ決済について(VISAのNFCコンタクトレス決済)
概要1 Visaのタッチ決済って何?2 Visaのタッチ決済が使える店3 Visaのタッチ決済の使い方4 Visaのタッチ決済を使う準備4.1 Visaのタッチ決済付きのデビットカードの一例4.2 Visaのタッチ決済付…
続きを読む
そろそろコンタクトレス決済(NFC Pay)の存在が国内で広く認知されても良いのではなかろうか
概要1 はじめに2 コンタクトレス決済(NFC Pay)って何?3 Suicaなど(FeliCa)とコンタクトレス決済(NFC Type-A/B)との違い4 コンタクトレス決済(NFC Pay)の種類と対応カード・スマホ…
続きを読む

EVERINGは「チャージ式」

EVERINGはクレジットカードに付帯しているVisaのタッチ決済のようにタッチをしてあとで請求額をまとめて支払うというものではなく、SuicaやPASMOのように残高をチャージしてそこから支払うプリペイドタイプです。

チャージはアプリから行います。

EVERINGのアプリ

チャージはクレジットカードからのみ可能です。

Visa、Mastercard、JCB、AmericanExpress、Dinersの各種クレジットカードからチャージができます。

EVERINGのチャージ画面

オートチャージも設定可能です。↓の設定では残高が1,000円以下になったら1,000円チャージするようにしています。

EVERINGのオートチャージ

1か月のチャージ上限額は12万円です。

EVERINGで支払う方法

Visaのタッチ決済は端末によって宣言方法が異なります。コンビニ、マクドナルド、すき家などでは「クレジットカードで」と伝えてタッチすればOKです。その他のお店は↓の記事を参考にしてみてください。

難しすぎてハードルが高い!?NFC決済の使い方を決済端末別にまとめてみた
日本でも加盟店・対応カード共にどんどん増加傾向にあり、使える環境もどんどん広がっているNFC決済。 し・か・し!使えるようにはなっていても一見複雑そうに見えるため、その使い方を知らない・分からない・使おうとしても断られた…
続きを読む

タッチの方法ですが、EVERINGは説明書では↓のように、リングを決済端末に並行にする形で当てるように記載されています。

EVERINGで支払う際の形

こんな感じで軽く握り込むような形です。

EVERINGで支払う際の手の形

↓のように手を広げても反応するところもありますが、場所によってはきちんと端末に対して平行にしないと反応しないようなのでご注意ください。

履歴は↓のように確認できます。

EVERINGの取引履歴

EVERINGのメリットとデメリット

筆者が考えるEVERINGのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 場所を取らない(筆者は車の小銭入れに入れて必要なときだけ付けて出ています)。
  • タグが埋め込まれているだけなので充電の必要がない。
  • ミニマルなデザイン。
  • 店員さんに驚かれる。
  • Visa、Mastercard、JCB、American Express、Dinersのチャージ対応。
  • オートチャージ対応なので設定すれば手間は少ない。

デメリット

  • 機能に対して値段が高い、とにかく高い。
  • 決済機能の有効期限は4年間、その後交換などはなく、新しく購入する必要あり。
  • 店員さんに驚かれる(悪い意味でも)。
  • Visaのタッチ決済は慣れていないと店員さんへの決済方法の宣言の難易度が激高い。
  • チャージがとにかく手間(オートチャージを設定しない場合)。
  • Visaのタッチ決済はSuicaなどと比べると使える場所が限られる。

まとめ

決済オタク向けガジェットで、よほど好きな人でない限りおすすめはできないです。

Visaのタッチ決済を使える場所はまだ限られている上、有効期限が4年間なので、それ以降はただの指輪になります。年会費5,000円の価値があるかどうか・・・。継続の場合、優待価格で購入できるとしても4年後には新しいガジェットありそうです。

将来的に自宅の鍵の機能も付く話もありますが、話が不透明なのと、Apple WatchなどがやるのでEVERINGが必要かどうか・・・。

黒い指輪は似合う人と似合わない人はいますが、デザインがミニマルでかっこよいのは間違いないです。

新しいものをとにかく試したくて仕方がない人なら、突撃しても良いかもしれません。