電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

PayPayあと払いについて(仕組みから利用するメリット・デメリットまで)

PayPayあと払い

PayPayではPayPayあと払いという支払い方法を提供しています(PayPayの詳細はこちら)。

PayPay残高にチャージをして、そのチャージ残高から支払うのがデフォルトですが、PayPayあと払いの場合、まず支払いを行って、翌月に精算を行います。いちいちチャージをする手間を省くことが可能です。

PayPayあと払いの請求額画面

PayPayトップ画面であと払いにチェックを入れると切り替わります。レジ前で「あ、残高がない」と思ったときに素早く切り替えることが可能です。

PayPayあと払いの準備と仕組み

PayPayあと払いは、クレジットカードのPayPayカードを保有していない方と保有している方では仕組みが異なります。

PayPayカード未保有者の方

PayPayカード未保有者の方は、初回にPayPayアプリから申し込むと、その場で審査→精算に利用する口座を登録→自動的にバーチャルカード発行→手元にお金がなくても、チャージしてなくても支払うことが可能になります。

言葉は「あと払い」とフランクになっていますがクレジットカードの申し込みと同じ仕組みです。なので、申込時にはクレジットカードと同じ審査が行われる(信用情報機関で個人情報が照会される)のでご注意ください。申し込むことができる年齢もクレジットカードと同じく18歳以上(高校生除く)です。

リアルカードは発行されないものの、簡易版PayPayカードです。

支払った分は翌月27日に引き落とされます。

PayPayカード保有者の方

PayPayカード(旧ヤフージャパンカード)を保有している方は、PayPayあと払いに登録することで、PayPayあと払い=PayPayカード払いとなります。利用料金はPayPayカードと一緒に請求されます。

PayPayカードがQRコード決済のPayPayとして使える形です。現状、PayPayカードはクレジットカード払いの支払い方法として登録することはできなくなっているので、必然的にPayPayあと払いとして利用することになります。

PayPayカード(PayPayポイントが貯まる、ヤフーショッピング/LOHACOでお得なクレカ)
PayPayカードは、ヤフーカードなどを発行するPayPayカード株式会社(元ヤフーカード株式会社)が発行するクレジットカード。 2021年12月にヤフーカードの新規募集終了で入れ替わる形で発行を開始しました。ヤフーカー…
続きを読む

    PayPayあと払いで貯まるポイント

    PayPayではデフォルトの還元として、PayPay STEPという前月の支払回数や金額、サービス利用状況によって還元率がアップする仕組みがあり、0.5%-1.5%還元です。PayPayあと払い時にもこのPayPay STEPのポイントが還元されます。

    PayPayステップについて(PayPayの還元率を上げるポイントプログラム)
    PayPayステップ(PayPay STEP)は、条件をクリアすることで翌月の還元率を上げることができるPayPayのポイントアッププログラムになります。楽天でいうとSPU(スーパーポイントアッププログラム)のPayPa…
    続きを読む

    サービス導入当初(2022年6月末まで)はPayPayあと払いで支払うと+1%の還元がありましたが、現在はそのようなあと払いのボーナスはありません。

    PayPayカード保有者は還元率に注意(あと払いを使うと損をしてしまうかも)

    PayPayカード保有者がPayPayあと払いで支払う場合、還元率には注意してください。PayPay Stepを達成していない方は、クレジットカードが使えるお店ではPayPayあと払いは使わずに、PayPayカードで直接(またはQUICPay等で)支払ったほうがお得です。

    • PayPayカード払い・・・還元率1%
    • PayPayあと払い・・・PayPay Stepの達成状況に応じて0.5%-1.5%

    PayPayあと払いは、PayPay STEPを達成していて還元率がカード払いよりも高いとき、または、QRコード決済のPayPayしか使えないお店で活用するようにしましょう。

    PayPayあと払いの年会費・手数料

    PayPayあと払いは年会費、手数料はかかりません。

    ただし、翌月27日に利用料金の返済ができなかった場合には年率14.6%の遅延損害金が発生します。

    その他、リボ払いの際にも手数料がかかります。

    PayPayあと払いでPayPay残高にチャージ(=PayPayカードからPayPay残高にチャージ)

    PayPayあと払いでチャージ

    PayPayあと払いでPayPay残高にチャージすることもできます。

    PayPayカード保有者の方にとっては、PayPayあと払いチャージ=PayPayカードからのチャージとなります。現状、PayPayにチャージできる唯一のクレジットカードです。ただし、PayPayカードはPayPayあと払い利用分はポイント付与対象外なのでご注意ください。

    そもそも「あと払いの最大のメリットはチャージしなくても良いってこと」なので本来わざわざあと払いでチャージするメリットはあまりないのですが、使いすぎたくないから、事前にあと払いでチャージしておいて、チャージした残高のみ使う、といった使い方は可能かなと思います。

    その他PayPay残高へのチャージ方法は↓を参考にしてください。

    PayPay残高へのチャージ方法
    2022年8月30日からPayPayの銀行口座チャージやPayPayあと払いチャージなどで最低チャージ額が100円から1,000円に変更されました。 「PayPay残高による支払い」を行う場合はPayPay残高のチャージ…
    続きを読む

    リボ払いの設定に注意

    PayPayあと払いはリボ払いの設定が可能です。PayPayあと払いの「管理」タブから設定することができるのですが、リボ払いの手数料がかかってくるのでご注意ください。

    使わないに越したことはありません。

    PayPayあと払いのメリット

    • チャージ不要で使える(残高を気にする必要がない)

      PayPayあと払いのデメリット

      • 信用情報が照会される(クレジットカードを申し込んだのと同じ扱い)
      • リボ払いなどに変更可能なので要注意

        PayPayあと払いを利用すべき?

        PayPayあと払いの取引履歴

        筆者の結論といたしましては、PayPayあと払いはPayPayカード未保有者の方で、現状PayPay残高にチャージをして便利に使えている方には特に必要がないサービス、です。PayPayあと払いの戦略をPayPay視点でいうと、「あと払い」というフランクな言葉を使って、「クレジットカードを申し込むほどじゃないんだけどなあ」と考えているライトユーザーを自社のクレジットカードユーザーに移行させるためのサービス、です。期間限定であと払いのお得なポイント還元が用意されていましたが、それも終了しましたし・・・。基本的にチャージがめんどくさい方のみが利用するサービスとなっています。

        一方で、PayPayカードをすでに保有している方はあと払いに登録して損はないので登録しておきましょう。

        あと払いがしたいのであれば、普通にリアルカードのPayPayカードを申し込んだほうが実店舗でも(Apple Payに登録しても)使えるので利便性が高いので、現状はそちらをおすすめします。