電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

手間も面倒もかけずネットショッピングができる決済方法のまとめ(未成年の方が使える方法も)

手間も面倒もかけずネットショッピングができる決済方法のまとめ(未成年の方が使える方法も)

ネットショッピングの需要が高まっている中、利用する上で気になるのが商品代金の支払い方法。

クレジットカードを持っている人であればお手軽に支払いができるのでよく利用する方も多いですが、持っていない方や未成年の学生など何らかの事情でクレジットカードが持てない方にとっては主にコンビニ決済や代引、後払いサービスをはじめとした方法を利用する方も多いと思います。

しかしながらコンビニに行って支払いしなければならない、配送日数がかかる、高い手数料を払わなければいけないといった「手間や面倒」がつきもの。

そこで今回はそんなユーザーに向けた「できるだけ早く、手間も面倒もかからずにネットショッピングができる」決済方法をご紹介していきます。

現金払いの方法はなにかと面倒な手段ばかり

主にネットショッピングで利用されている現金払いの方法として代表的なのは「コンビニ決済」「後払いサービス」の2種類。

最近は両方を足したサービスも登場していますが、実は何かと手間と面倒もかかりおまけにかかるコストもなかなか馬鹿にできません。

コンビニ払いのケース

多くの方が選ぶであるコンビニ払いですが、ネットショッピングなのに「お店に払いに行かなければいけない」手間がかかる上に支払いのタイミングでは発送が1~2日遅くなることがあります。

大半のケースでは商品の確保時点で決済情報が書かれたメールが届きコンビニで支払い⇒店舗確認のあと発送という形を取るため、週末や夜間に支払いをするとそれだけ配送日数に影響があるのは多かれ少なかれ・・・急ぎの注文には当然向きません。

後払いサービスのケース

ZOZOTOWNの「ツケ払い」やメルカリの「メルペイスマート払い」、バンドルカードの「ポチッとチャージ」などをはじめとした少額後払いサービスがここ数年で急成長しており、利用される方も徐々に増えてきています。

現品の状態を確認してから代金を支払えたり、支払いを1~3ヶ月後に設定できたりと何かと便利なサービスではありますが、一方でサービス利用にかかる手数料が高めに設定されているのも特徴です。

この手のサービスでは1決済あたり300円(税抜)で設定されていることが多く、月に数回の利用であっても余計に払うコストは馬鹿になりません。

また、代金の精算方法にコンビニ払いを選択した場合ではさらに払込手数料を取るサービスも存在するため、かかる手数料もさらに跳ね上がってしまいます。

選ぶべきは3つの手段

じゃあクレジットカードを作らなければいけないのか・・・とは一概には言えません。

確かにこれも方法の中のひとつですが、これを含めて3つの手段のどれかを使ってネットショッピングをするのが手数料も時間も手間もかけず快適にできる方法なのです。

即時発行・即日発行クレジットカード

三井住友カードとエポスカード

単純な後払いが良いという方はクレジットカードを作るのがやはりおすすめです。

特に近年では、審査から発行まで即日で行うものに加えて審査後即時でカード番号を払い出す「即時発行」が出来るカードも登場し、お急ぎの注文に使いたい時でも対応できるようになりました。

特に即時発行の分野で代表的なのは三井住友カード、即日発行の分野で代表的なのはエポスカードがあり、審査後に即カード番号を発番したりカードセンターで最短15分で発行・即渡しなのでとっても便利です。

ただし申し込みできるのは当然20歳以上(一部は高校生でなければ18歳から)、信用情報に傷が付くこともあるので「よく考えてから申込みましょう」

ブランドデビット・ブランドプリペイドカード

SMBCデビット・au PAYプリペイドカード・Kyash

コンビニ払いで利用している現金派中高生後払いはどうしても嫌だけど利便性もある程度欲しいという方はブランドデビットやブランドプリペイドが便利。

誰でも申し込み出来て事前に口座やカードに入金しておけばクレジットカード同様の使い方でOK、面倒もなくお手軽です。

代表的なカードとしては「SMBCデビット」「SonyBank WALLET」「au PAYプリペイドカード」「Kyash」など、自分の環境や使い方に合わせてチョイスしましょう。

即時発行されるタイプも幅広く用意されているため、お急ぎの注文でも柔軟に対応可能です。

キャリア決済

クレジットカードを使わないけど後払いでどうしても買いたい・・・という方はキャリア決済を活用しましょう。

限度額の範囲内であれば携帯料金と一緒の支払いで利用でき、他の後払いサービスとは違い「利用手数料」が無料であるのも大きな特徴です。

なお、d払い(ドコモ払い)やauかんたん決済であればポイントで充当して支払いできたり、d払いやau PAYのチャージ残高でも支払いできたりと状況に合わせて利用できるため普段は残高で・・・もOKです。

手間も面倒もお金もかかる決済方法は時代遅れ

ごまんと手段をえらべる昨今のキャッシュレス時代、ましてや家から出られないこの状況下の中ではコンビニ払いや手数料のかかる後払い決済サービスでネットショッピングを利用するのははっきり言って時代遅れです。

注文時に簡単だからと言って安易に使うと後々大変面倒なことになりかねません。

自分の年齢や状況・まわりの環境に合わせて3つの方法から選んでネットショッピングを楽しみましょう。

特に未成年の諸君は使えるからといって安易に後払いサービスには手を出さないように!!

ブランドデビットやプリペイドを有効活用して楽しんでくださいね。

ちはやるん
ライター:ちはやるん
デビット・プリペイドを中心に愛用する長崎県民。 とくにNFCPayは大好物で福岡・大阪・東京に行った時は使って帰らないと気がすまないくらい。Twitter ID: chihayaobachan