電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

エポスプラチナカード(ボーナスポイントでお得にプライオリティ・パスを持てる)

カードフェイス エポスプラチナカード
国際ブランド VISA
年会費 30,000円 ( 税抜 ) インビテーションを受けて発行したら20,000円(税別)。
申し込み資格 未成年は申し込み不可。
還元率0.5% 年間利用額に応じたボーナスポイントあり。
ポイント名エポスポイント レート:1ポイント=1円相当
Apple Pay QUICPay
Google Pay 未対応
公式サイト エポスプラチナカードの公式サイトを見る

エポスプラチナカードはエポスカードの最上位カードです。

プラチナカードの中でもバランスの取れたサービスとお得な年会費で人気のカードになります。

エポスプラチナカードの年会費

エポスプラチナカードの年会費はシステムが変わっています。

通常は30,000円(税別)なのですが、招待(インビテーション)を受けて入った場合には20,000円(税別)になります。

エポスプラチナのインビテーション

なので、もしお急ぎではないのであれば、エポスカードゴールド(招待で作れば年会費無料、年間50万円以上使えば翌年度年会費無料)を作って、エポスプラチナカードのインビテーションが届くのを待ったほうが良いかもしれません。

エポスカード(マルコとマルオの7日間と街中特典が嬉しいカード)
あいエポスカードはマルイの子会社が発行するカードで年に4回行われるマルコとマルオの7日間(年間合計28日間)ではマルイでエポスカードを使えば全商品が10%オフになる特典が付いています。 貯まるポイントはエポスポイント。通…
続きを読む
エポスゴールドカード(年会費無料で空港ラウンジ利用可能&ポイント還元率アップ)
エポスゴールドカードは、エポスカードの上位版ゴールドカードです。 基本的には完全招待制で申し込み不可なので、まずはエポスカードを作って、使い続けて招待を待ちましょう。 通常のエポスカードよりも全体的にバージョンアップして…
続きを読む

エポスプラチナカードの家族カード

エポスプラチナカードは家族カードも年会費無料で発行可能です。

ただし、よくある同じカードを発行する形ではなく、1つランクが下のエポスゴールドカードが発行される形になっています(エポスファミリーゴールド)。

そのため、プライオリティ・パスなどは家族カードには付帯されません。

エポスプラチナカードのポイント制度

エポスプラチナカードは200円で1ポイントのエポスポイントが貯まります。1ポイントあたりの価値は1円相当なので、通常還元率は0.5%となります。

マルイ、モディ、マルイウェブチャンネルでは倍の200円で2ポイントが貯まり、還元率は1%になります(選べるポイントアップショップに選択すればさらに倍の4ポイント)。また、年に4回行われるマルコとマルオの7日間は10%オフです。

ボーナスポイントが豊富なので、使い方によっては年会費の元が取れるだけではなく、お得に使うことが可能です。

エポスカードは通常カードの場合、有効期限は2年ですが、ゴールドとプラチナは有効期限がないので落ち着いて使うことができます。

年間ボーナス

エポスプラチナカードは年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間利用額ボーナスポイント
100万円20,000ポイント
200万円30,000ポイント
300万円40,000ポイント
500万円50,000ポイント
700万円60,000ポイント
900万円70,000ポイント
1,100万円80,000ポイント
1,300万円90,000ポイント
1,500万円100,000ポイント

インビテーションを受け取ってカードを作った場合は年会費2万円なので、年間100万円を利用すればボーナスポイント2万ポイント貰えてペイできますし、インビテーションを受け取っていない場合でも年会費3万円なので、3万ポイント貰えてペイできます

つまり、年間100万(200万)円以上使うなら、年会費実質無料で、プラチナカードの各種サービスが利用可能、という見方ができます。

これがエポスプラチナカードが人気の所以の大きな要因の1つです。

誕生日月ボーナス

エポスプラチナカードは誕生日月にはポイントが2倍になります。

通常だと200円で2ポイント貯まるようになり、還元率は1%になります。マルイ、モディでは2%です。

選べるポイントアップショップ

エポスプラチナカードは選べるポイントアップショップという特約店制度があります。

好きなショップを3つ選ぶことができ、そのショップではポイントが最大3倍になります。200円で3ポイントが貯まり、還元率は1.5%です。

イオン、イトーヨーカドー、西友、サミットなどのスーパー、エディオン、ケーズデンキ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、カインズなどの家電量販店・ホームセンター、GAP、ZARA、ビームス、ユニクロなどのファッションブランド、公共料金、ETC利用などなど、ポイントアップ店が多数存在しています。

なので、普段お使いのショップを選択すればOKだと思います。

選べるポイントアップショップの中でもおすすめなのは、モバイルSuicaへのチャージです。

これで3倍なので、Suica払いでいつでも還元率が1.5%になります。

エポスプラチナカードの旅行保険

エポスプラチナカードは本人は最高1億円、家族は最高2,000万円の国内旅行保険・海外旅行保険が付帯しています。

いずれも自動付帯です。

エポスプラチナカードのコンシェルジュサービス

エポスプラチナカードにはコンシェルジュサービスも付帯しています。レストランの予約などを頼むことが可能です。

細かいことですが、エポスプラチナカードに付帯しているコンシェルジュサービスはVisaプラチナ・コンシェルジュ・センターというVisaが提供しているコンシェルジュサービスで、エポスカードが提供しているわけではありません。

念の為。

エポスプラチナカードの空港ラウンジサービス(プライオリティ・パスが付帯)

エポスプラチナカードは国内の主要空港のラウンジが利用可能なだけではなく、プライオリティ・パスも申し込み可能です(通常429USドルが無料)。

世界130カ国、500以上の都市、1,000箇所以上の空港ラウンジが利用可能になります。

年間100万円(自ら申し込んだ人は200万円)を利用して年会費分のボーナスポイントをゲットすれば、プライオリティ・パスを実質無料で使えることになります。

これはエポスプラチナカードの最も大きなメリットの1つだと思います。

エポスプラチナカードのその他優待

エポスプラチナカードは他のもレストラン優待(プラチナグルメクーポン、Visaプラチナ ホテルダイニング、Visaプラチナ ラグジュアリーダイニング)、ゴルフ優待(Visaプラチナゴルフ)、海外サポートセンター、などが利用可能です。

エポスカードは通常カードでもエポトクプラザという優待が充実しているカードで、それらの優待も当然利用可能です。

エポスプラチナカードのまとめ

招待の場合は年間100万(自分でも申し込んだ場合年間200万)の利用で年会費分はペイでき、実質無料でプライオリティ・パスを手に入れることが出来て、優待なども豊富というとても良いプラチナカードの1つだと思います。

エポスカードなのでステータス性があるかどうかはわかりませんが、それを気にしない方で、よく海外などに行くからお得にプライオリティ・パスを手に入れたいという方でしたら検討して良いのではないでしょうか。

他のプラチナカードを使いながら、エポスカードを育てるのもありかもしれません。

エポスプラチナカードの付帯保険・追加カード等

海外旅行保険 【 自動付帯 】 最高1億円。
国内旅行保険 【 自動付帯 】 最高1億円。
その他保険
  • 紛失・盗難補償 不正使用による損害を61日前まで遡って全額補償。
ETCカード 年会費:0円 無料(1枚まで)
家族カード 年会費:0円 発行されるのはゴールドランクのエポスファミリーゴールド。
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • 楽天Edy (付く) 満額付与。
  • モバイルSuica (付く) 満額付与(選べるポイントアップショップ対象なのでさらに還元率アップ可能)。
  • SMART ICOCA (付く) 満額付与。