電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

デビプリマスターがおすすめするタイプ別ブランドデビット

おすすめのブランドデビット

キャッシュレス化推進の世の中の流れと共にここ数年で取り扱いを始める金融機関が急速に増えてきた国際ブランド付きデビットカード(以下、ブランドデビット)。

キャッシュレス生活には欠かせない決済手段として今や持つ人・使う人が都市部だけでなく、地方でも見かけるようになってきました。

そんなブランドデビットですが、「種類が多くて選べない」「何かとめんどくさそう」「セキュリティ面が心配」といった理由でまだ利用したことがない方も多いのも現状です。

そこで今回はおすすめブランドデビットをタイプ別にご紹介します。

あなたのタイプに合った1枚をぜひ選んでみてください。

総合的バランス重視タイプ

総合的におすすめできるバランス重視のブランドデビット。

三井住友銀行(SMBCデビット)

SMBCデビット

年会費無料
利用時特典Vポイント(0.5%)/キャッシュバック(0.25%)
電子マネーiD
モバイル決済Google Pay(iD)
NFC対応

還元率・付帯機能・セキュリティ面の様々な点から日本国内で発行しているブランドデビットの中でもパーフェクトと言ってもいいほど一番バランスの取れたカードです。

2020年6月から開始した三井住友カードの「Vポイント」が本カードでも貯まるようになり、還元率が誰でも0.5%にまで上がることになりました。

貯まったポイントはdポイントやANAといった他社ポイント・マイルに交換出来るため使いやすく無駄がありません。

また、カードの付帯機能としてもiDとVisaのタッチ決済を両方搭載しており、カード1枚だけでも幅広いお店でサッとお支払いできるのも魅力、Google Payに登録すればスマートフォンでもiDを利用することができるのも注目すべき点ですね。

セキュリティ面も三井住友カード発行によるカードであるのでしっかりしており、電話などのサポートも丁寧な対応をしてくれるため安心です。

SMBCデビット(2種類の非接触決済が付帯した三井住友銀行のデビットカード)
発行 三井住友銀行 申し込み資格 15歳以上 年会費 無料 電子マネー/NFC iD / Visaのタッチ決済Google Payに登録してiDとして決済することも可能。Apple Payには登録不可。 ポイント還元 0…
続きを読む

還元率重視タイプ

還元率を重視するなら通常ブランドデビットは適さないですが、中でも還元率が高いもの。

GMOあおぞら銀行

GMOあおぞらネット銀行のデビットカード

年会費無料
利用時特典現金キャッシュバック(0.6%~1.5%)
電子マネーなし
モバイル決済なし
NFC対応

現金キャッシュバック制としては業界最高峰の高還元率で基本の還元が0.6%、お取引状況に応じて最高で1.5%まで引き上げられるカードです。

機能性やセキュリティ面やこれといった特徴はありませんが、後発のネット銀行である点を活かしてVisaのタッチ決済標準搭載やスマートフォンのお取引アプリでデビットの利用明細や各種設定をまとめて管理できる点も魅力のひとつ。

また、大きな欠点でもあった入出金に利用するATMネットワークの少なさについてもゆうちょ銀行が対応となり一気に利便性が向上したため入出金の拠点には困らなくなりました。

Visaデビット付きキャッシュカード(GMOあおぞらネット銀行)について
発行 GMOあおぞらネット銀行 申し込み資格 15歳以上 年会費 無料 電子マネー なしブランドプリペイドのKyash経由でQUICPayとして利用可能。Google Pay、Apple Payへの直接登録は不可。 NF…
続きを読む

機能性重視タイプ

幅広い機能が付帯しているブランドデビット。

ソニー銀行(SonyBank WALLET)

Sony Bank WALLET(通常デザイン)

年会費無料(一部カードは有料)
利用時特典種類により異なる
電子マネーなし
モバイル決済Google Pay/GARMIN Pay/Fitbit Pay(すべてVisaのタッチ決済)
NFC対応

1枚で豊富な機能を備えた機能性に特化したカードです。

外貨預金と連動し、11通貨をこれ1枚で利用できるマルチカレンシー機能で日本だけでなく海外での利用も便利でお得に利用することができます。

また、提携カードが選べるのも魅力でANAのマイルが貯まるタイプ高島屋のポイントが貯まる最上位タイプといったカードも選択可能。

極めつけはモバイル決済の豊富すぎる手段で、Google PayをはじめGARMIN PayやFitbit Payといったウェアラブル端末でもVisaのタッチ決済が利用できるのも面白いポイントです。

Sony Bank WALLETについて(普段の暮らしから旅のお供までこれ1枚でOKなソニー銀行のデビットカード)
、 発行 ソニー銀行株式会社 申し込み資格 15歳以上 年会費 無料タカシマヤプラチナデビットは税抜3万円。通常カードの再発行手数料は税抜1,500円。 電子マネー なしブランドプリペイドのKyash経由でQUICPay…
続きを読む

優待・割引重視タイプ

ポイント還元ではなく、優待が優れているタイプのブランドデビット。

イオン銀行(イオン銀行キャッシュ+デビット)

年会費無料
利用時特典ときめきポイント(基本0.5%)
電子マネーWAON
モバイル決済なし
NFCなし

ブランドデビットでありながら通常のイオンカードと同じ機能性を備えており、イオングループでの割引やポイント2倍特典といった様々な特典がそのまま受けられるカードです。

イオングループでよくお買い物する人はもちろんのこと、全国のレジャー施設の優待特典もカードを提示するだけで受けられるので持っておいて損はありません。

イオン銀行の口座を利用するのもあり、難点を挙げるとすればイオングループ以外のATM拠点が弱いところ。お近くに無ければ平日や土曜日は極力ゆうちょのATMを利用しましょう。

イオン銀行キャッシュ+デビットについて(イオンカードの特典が受けられるブランドデビット)
概要1 イオン銀行キャッシュ+デビットって?2 イオン銀行キャッシュ+デビットの特典2.1 3つのポイントサービスがこれ1枚2.1.1 JCBデビットとしての利用:ときめきポイント2.1.2 イオングループ以外でのWAO…
続きを読む

セキュリティ重視タイプ

ブランドデビットの中でもセキュリティ性が突出しているブランドデビット。

発行形態や決済システムにおいてJCBやVJAのものをそのまま利用しているため、不正利用補償だけでなく問い合わせ時も迅速・丁寧に回答してくれるサポート体制クレジット同様の不正利用検知システムといった様々な対策が盛り込まれているため安心して利用することができます。

また、JCBにおいてはクレジットとデビットの利用明細や各種設定をどちらか一方のカードのID・パスワードで一括管理できるのでとっても便利です。

地方銀行発行のJCBデビット

年会費有料(発行金融機関により異なる)
利用時特典OkiDokiポイント(一部対象外)
電子マネーなし
モバイル決済Google Pay/Apple Pay(いずれもQUICPay+)
NFCなし(Apple Payで対応)

全国の地方銀行がJCBへ委託して発行しているブランドデビット。

地方銀行発行のJCBデビットについて
概要1 地方銀行発行のJCBデビットって?2 地方銀行発行のJCBデビットの種類2.1 一般カード2.2 ゴールドカード3 地方銀行発行のJCBデビットのポイント制度4 JCBスターメンバーズでポイントアップ5 地方銀行…
続きを読む

VJA発行のVisaデビット

年会費有料(発行金融機関により異なる)
利用時特典キャッシュバック(還元率は異なる)
電子マネーなし
モバイル決済Google Pay(iD)
NFCあり(一部非対応)

VJA加盟のカード会社各社が発行しているブランドデビット

VJA発行のVisaデビットについて
概要1 VJA発行のVisaデビットって?2 VJA発行のVisaデビットの種類3 VJA発行のVisaデビットのキャッシュバック制度4 VJA発行のVisaデビットの特典4.1 海外旅行保険4.2 お買い物安心保険4.…
続きを読む

三菱UFJ銀行(三菱UFJ-JCBデビット)

MUFGデビット

年会費無料
利用時特典キャッシュバック(0.2%)
電子マネーなし
モバイル決済Google Pay/Apple Pay(いずれもQUICPay+)
NFCなし(Apple Payで対応)

三菱UFJ銀行が発行しているブランドデビット。VISAとJCBで選択可能ですが、ここではJCBをおすすめします(理由は↓の記事参照)。

三菱UFJデビットについて(メガバンクで唯一の2ブランド体制、決済方法が豊富なデビットカード)
概要1 三菱UFJデビットって?2 三菱UFJデビットの特典2.1 ※JCBでも2020年9月2日よりキャッシュバック制へ※3 三菱UFJデビットの申込方法3.1 ※JCBの便利ポイント※4 三菱UFJデビットの機能・利…
続きを読む

生活に密着した1枚を選ぼう

ブランドデビットは「口座直結」である性質上、毎月の引き落としや振込といった他の要素と組み合わせて「家計簿」のかわりとして口座を利用できるようにする、という面も備えています。

プリペイドやクレジットよりも「生活に密着」した使い方に必然的になってしまうため、「入出金のATM網」「普段いくお店」「銀行としての使いやすさ」もすべて加味して使う1枚を選んでみてください。

ちはやるん
ライター:ちはやるん
デビット・プリペイドを中心に愛用する長崎県民。 とくにNFCPayは大好物で福岡・大阪・東京に行った時は使って帰らないと気がすまないくらい。Twitter ID: chihayaobachan