電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

キャッシュレス派でも現金払いせざるを得ないシチュエーション

キャッシュレス派でも現金払いせざるを得ないシチュエーション

以前、Twitterでポツリと呟いた#今日の現金払いというタグに共感して頂いたことを記事にしました(参照:#今日の現金払い活動について)。

現在は少なくとも100以上投稿頂いて落ち着いてきましたが、その後も定期的にキャッシュレス派の方々から日々多くの現金が使えない場所に関する投稿が続いており、大体の傾向が見えてきたので一度まとめてみたいと思います。実際の#今日の現金払いの投稿はTwitterを御覧ください。

継続して投稿が合ったものは随時この記事でピックアップしていきます。

医療費

日本でキャッシュレス派なのにも関わらず、現金払いをせざるを得ない場面、現在の最も投稿が多いのは病院の医療費の支払い。

筆者も実際に悩まされました。クレジットカードも電子マネーも使えない病院多すぎます。国で規制するならまずここでは?

ただクレジットカードも電子マネーも使えないのであれば、(まあ、嫌だけど)諦めも付くのですが、最もめんどくさいのは、クレジットカードのVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersなどのアクセプタンスマークがあるのにも関わらず、

「クレジットカードが使えるのは保険外治療のみです」

と言われてクレジットカードの利用を断られてしまうパターン。

この投稿は数件ありましたし、筆者自身も体験しました。

保険内治療でクレジットカードを使われて万が一のことがあったときに諸々の弊害があるのはなんとなくわかりますが、ならアクセプタンスマークを出すなと思いますし、JCBさんなどは、このような形の病院に対する規制をもっと厳しくして頂きたいと切に願います。

わかりにくいし、不便だしの二重苦です。あと体調悪いのにATM行きたくない。

ちなみに、ウェルシア薬局などの大手チェーンの薬局は調剤薬局であってもクレジットカードも電子マネーも使えるしポイントも貯まることが殆どです。

駐車場

街中のタイムズ、リパークなど街中の駐車場でもまだまだクレジットカードや電子マネーに対応していないところは多いです(大手パーキングチェーンでは対応も増えてきましたが)。事前に停める場所を決めているというケースは少なく、空いているところに入るケースが多いので、たまたま入った駐車場が現金のみという事態も多々起こります。

最も困惑する、そして現金のみのケースが多いのが、大型ショッピングモールの駐車場。モール内では電子マネーやクレジットカードが使えても、駐車場では現金のみというケース。

モールの駐車場というのは手元に現金がなかったらジ・エンドで、バックをして戻るわけにもいかず手詰まりになってしまいます。あらゆる決済手段を用意すべきではないでしょうか(しかも5,000円以上の紙幣が使えないところも多い)。

実態としては、このパーキング業界は寡占した機器メーカーのせいで未だに現金払いがメインになっているという話を耳にしました。

akippaなど、ベンチャー企業にはぜひ頑張ってこのパーキングビジネスの常識を崩してほしいです。

市役所・行政サービスの届出・登録・証明などの各種サービス

市役所や行政サービスでの届け出や必要書類の申請は現金払いです。

住民票の写しなどはセブンイレブンにいけばマルチコピー機でnanaco払いで発行できるようになっていますが、市役所内、行政サービスセンターなどでは未だに現金払いのみです。

例えば先日は筆者はとある事情で印鑑登録、印鑑証明書の発行をしたのですが、印鑑証明はマルチコピー機でnanaco払いができるのですが、最初の印鑑登録はコンビニでは出来ないので、市役所に行って手続きをした結果、#今日の現金払い、となってしまいました。

市役所での現金払い

国はキャッシュレスを進めるならまずはここから手を付けろよ、と声を大にして言いたいところです。

お役所仕事、とはよく言ったものです・・・。

自販機

首都圏の駅ナカでは交通系電子マネーが使えない自販機を探すほうが圧倒的に難しくなってきた昨今ですが、街中ではまだ使えないところも多く、現金払いしてしまったという方も多く見受けられました。

現金しか使えない自販機

最近では伊藤園の自販機がLINE Payに対応したりと広がっているので、現金のみの自販機は早いところ撲滅して欲しいところ・・・。

LINE Pay対応自販機

特に夏場はスムーズに水分補給したいです。

子供の学校関連費用

筆者は子供がいないので気付かなかったのですが、これも現金のやり取りのオンパレード。

例えば、学校の給食費とか、いい加減現金以外で支払える仕組みが整っても良いと思うのですが。どうやら未だに子供が給食費が入った袋を学校まで持っていったりするのはあるそうで。

他にも何かしらの集金、写真代(カメラマンが撮ったやつを番号で選んで買うやつでしょうか?古い?)、制服代金、部費なども現金払いしかできなかったとして投稿されていました。

制服代とか高いから危ないし、ポイントもそれなりに貯まるからクレジットカードで支払いたいですよね・・・。

小学生、中学生がときには1万円以上入った封筒持って歩き回るとか危険極まりないですね。

(主に個人経営の)ごはん屋さん

予想通りではありますが個人経営のごはん屋さんも現金払いせざるを得ない場所の代表格。チェーン店でも一部は使えても店舗によっては使えない場所(大阪王将や餃子の王将など)の投稿も見受けられました。あと、とにかくラーメン屋の投稿が多いです。

そもそもキャッシュレス派の方はカードや電子マネーが使えないお店には殆ど足を運ばない傾向が見られるので、現金払いでも行ってしまうお店はよほど好きなお店だという愛の証でもあるでしょう。笑

筆者も神保町にある某カレー屋さんは現金のみなのですが、好きすぎて通ってしまうので助けて欲しい・・・。現金払いが主流なラーメン屋によく行くキャッシュレス派の方は辛いと思います・・・。

地方の公共交通機関

首都圏から出ないとあまり想像が付かないかもしれませんが、地方では電子マネーが一切使えない、もしくは使えても地方独自のもので購入していないと使えない私鉄やバス(コミュニティバスなど含む)が存在しています。

投稿があったところだと、

しなの鉄道、松本電鉄上高地線、えちごトキめき鉄道、十勝バス(現在はWAON導入の実証実験中)、みなと観光バス、出雲空港連絡バス、加越能バス、函館帝産バス、頸城バス、山交バス、JRバス東北、夕鉄バス、祐徳バス、伊予鉄バス

などなど。

もし他にもありましたら、常時追加したいのでタグ付き投稿で教えてください。

キャッシュレス派の方が地方に旅行に行った際にぶつかる壁です。

割り勘

友達とご飯を食べた後の割り勘。このようなケースでも現金は必要です。LINE PayやPaymoなど割り勘サービスはあるものの、実際に使ったことがある人は圧倒的に少数派。

楽しい食事の場の最後に「こういうサービスがあってね・・・」などと切り出すのも野暮というもの。

そんなこんなで普段キャッシュレス派の方でも食事、飲み会の場では現金払いが基本となっているようです。

停電時の支払い

2018年9月に発生した北海道の震災でのブラックアウトで、キャッシュレス派なんだけど、クレカや電子マネーが一切使えずに詰んだ、といった匿名の投稿が話題になりました。

電子マネーやクレジットカードは停電時のレジでは基本的には使えません。なので、家にも一切現金を置いていないと確かに困ったことになりかねません。キャッシュレス派の方でもお札を1−2枚は常備しておくか、現金は家に多少置いておくことが大切です。

ただし、停電時には銀行ATMも動かないということなので、現金派の方でも普段から大量にお金を持ち歩いている方ならともかく、そうでない方は新規に現金を下ろすことが出来るわけではないという点は忘れてはいけません。

停電時の決済の解決策としては、QRコード決済(スマホ、タブレットの充電が必要、インターネット環境は必要)、Squareのオフラインモード(スマホ、タブレットの充電が’必要、インターネット環境がなくてもOK)、インプリンターでの決済(カードの凸凹を印刷する方式でスマホやタブレット必要なし、インターネット環境がなくてもOK)などが考えられます。

余談ですが、セブンイレブンは停電時にも数時間は予備バッテリーでレジを動かしており、その間の支払いは電子マネーやクレジットカードが推奨されているようです(バッテリーが切れた後の現金払いでの釣り銭切れを遅らせるため)。北海道のブラックアウト時にもセブンイレブンだけはレジが動いていてクレカやnanaco払いが出来ていたようでこの取り組みはもっと評価されて良いと思います(セコマはオーナーさんが車のバッテリーから電源を取るなどしていたようです)。

その他

その他、美容院、浴場、飲み会、自転車屋、お祭りやイベントの物販、郵便局の書留などや、地方のタクシー、方スーパー、銭湯の牛乳なども現金のみという投稿が複数回ありました。

タクシーは都内に住んでいるとカードも電子マネーも使えて当然という感覚になりますが、地方に行くと、現金のみのタクシーがたくさん走っていて驚きます。福岡レベルの都市でもタクシーは現金払いのみのものが多いです。

地方の駅前のタクシー乗り場とかでタクシーに乗るときはロシアンルーレットをやっている気分になります(クレジットカードが使えないハズレが来ないようにひたすら祈る)。

どうしても現金が必要になる場面が明確になってきた

現在は日本でもキャッシュレスの気風が高まっており、その濃淡のおかげで、どうしても現金が必要になる場面、というのがますます鮮明になってきました。

その筆頭格が病院(保険内治療)ですが、筆者の知っている医者や医療コンサルの人間に話を聞いても、税制に興味はあっても顧客の決済手段には一切興味がない感じがしたので導入は遅れそうな予感。

しかしながら、声を上げ続けていくことでJCBあたりが頑張ってくれるに違いないと思うので、引き続きお手すきの際にでも、思い立ったら<#今日の現金払い>タグで共有していければ幸いです(個人的にもほぼ毎日チェックしております)。

一連の投稿は決済関連のイノベーションを起こそうとしていらっしゃるベンチャーの方も何かしらの参考になると思いますので、ぜひ一度お目通しを。