電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

今日明日で作れる!即日発行&受け取りまで可能なクレジットカード

今日明日で作れる!即日発行&受け取りまで可能なクレジットカード

クレジットカードが今すぐ欲しいというニーズは意外と多いものです。

このページでは、とにかくすぐにクレジットカードが欲しい方、例えば、どうしても欲しいものがあるけどすぐに売り切れてしまいそうなので支払いを先延ばしにしたい方、明日のデートなんだけど手持ちのお金がないのでクレジットカードを使って支払いを先延ばししたい方などを対象にしています。

iD払いやQUICPay払い、オンラインショッピングを今すぐしたいという方であれば最近は即時発行のクレジットカードも出てきています。それらは別途まとめてあるのでご参照ください。

即日発行なんて時代遅れ!即時発行&即時利用ができるカード一覧
概要1 即時発行を可能にするカードレス決済2 主要な即時発行可能なカードの一覧3 即時発行して即時使えるクレジットカード3.1 三井住友カード3.2 イオンカード3.3 au PAY カード3.4 PARCOカード3.5…
続きを読む

他にも、明日ドライブでレンタカーを借りるのに、現在ETCカードを保有していない&手元にあるクレジットカード会社で手続きをしても新規にETCカードを発行するのに1−2週間くらいかかるので、今日中に新しくクレジットカード&ETCカードを作りたい方も下記おすすめクレジットカードを参照してみてください。

【注意点】即日発行可能=即日受け取り、とは限らない

クレジットカードを探していると「即日発行」を売りにしているものはたまに見かけますが、その記載には注意が必要。なぜなら、即日発行というのはあくまで発行するだけ。発行して、その日に郵送しても、到着するのは数日後だからです。

なので、今日中に申し込んで受け取りというところまで行きたい場合には、郵送の時間を省くために、店舗やサービスカウンターに受け取りに行く必要があります。家の中で引きこもって待っているだけでは今日、明日中にクレジットカードを作ることはできません・・・。

発行場所、サービスカウンターが家の近くにあって、直接受け取ることができるクレジットカードを選択しましょう。

クレジットカードを即日発行して、今日明日で受け取るための手順

さて、実際に即日発行を行うための手順を見ていきましょう。

1:インターネットの公式サイトから申し込み

「え?インターネットから申し込んでたら今日、明日では受け取れないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、大丈夫。むしろまずはインターネットから申し込みを完了させるのが確実に即日発行するためのキモです(理由は後述)。

2:審査を受ける

即日発行が可能なクレジットカードでも当然審査はあります。その審査にかかる時間が一般的なクレジットカードよりもかなり早い=だから即日発行が可能になるというわけです。

審査は電話確認を含めて最短で申込みから2時間ほどで完了するものが多いです。

このとき確認しておきたいのは、カード会社の営業時間です。電話確認が行われるのが10時から20時の場合、それ以降はどんなに待っても電話がかかってこない=その日のクレジットカード発行は不可、ということになります。

なので、今日中に発行したいのであれば、混み合っている場合も加味して、余裕を持って午後13時くらいまでにはインターネットからの申込みを完了させておきたいところです(もしも今日中に間に合わなかった場合は明日の午前中に電話確認&審査が行われる)。

3:必要なものを用意して、受け取り場所に向かう

審査が完了すると、受付番号が発行されるので、それを持って即日発行可能なクレジットカードの受け取り場所へと足を運びましょう。受け取り場所で利用料金の引き落とし口座の設定もするので銀行のキャッシュカードや印鑑も必要になります。

まとめると以下の通り。

即日発行をする際に必要なもの一覧

  • 受付番号
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(写真付)などから1点、各種健康保険証の場合は、加えて印鑑登録証明書、戸籍謄抄本、住民票の写し、公共料金の領収証書など2点)
  • キャッシュカードや通帳(引き落とし口座に使うもの)
  • 銀行の届け印

    この際注意したいのは、本人確認書類です。できれば運転免許証やパスポートなど、必ず案内に明記されているものを持っていきましょう。健康保険証の場合は、それ単体では本人確認に不十分なので、別途住民票の写しや水道料金、電気料金、光熱費、NHKなどの公共料金の領収書などを持っていく必要があります。

    4:受け取り場所でクレジットカードを受け取る

    受け取り場所、例えばセゾンカードなら近くのセゾンカウンターに出向いたら、クレジットカードを作りたい旨、受付番号を伝えてカードを受け取りましょう。

    即日発行&即日受け取りが可能なクレジットカード

    大手の商業施設に今日中に受け取るためのカードカウンターが設置されていたり、全国各地にカードを発券する施設を持っているカード会社は限られているため、即日発行が可能なクレジットカードは数が限られています。

    例えば、セゾンカウンターは全国各地にそごうや西武、西友のセゾンカウンターがあるため、そこでクレジットカードの受け取りが可能になります。

    では、その中でもおすすめのクレジットカードは以下の2枚です。お急ぎの方はこのどちらかから決めれば問題ないかと思います。

    セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

    カード名セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
    国際ブランドAmerican Express
    年会費年に1回でもクレジットカードで買い物をすれば無料(利用がなければ1,000円)
    貯まるポイント永久不滅ポイント(還元率0.5%)
    Apple Payへの登録対応
    Google Payへの登録非対応
    ETCカードの即日発行可能(年会費無料)
    特徴
    • 西友・LIVINで5%オフ。
    • American Expressならではの特典(ホテルの優待など)が利用できる。
    • アメックスのステータス。
    カードの受取場所 全国各地のセゾンカウンター(西武、そごう、ららぽーと、西友などに多数設置されています)

    セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンカードとアメックスが共同で作成したクレジットカード。筆者が即日でカードを作るならこれを選択します。

    「American Expressのクレジットカードが即日発行できるのか」と驚かれる方も多いかもしれませんが、発行業務はセゾンカードが行っているので即日発行が可能です。

    年会費無料でアメリカン・エキスプレス・カードの各種特典(American Expressセレクト)で飲食店や高級ホテルが優待が利用可能なクレジットカードです(セゾンの社長がアメックスに直談判して無料にさせたという噂)。アメックスならではの騎士がカードにプリントされていてかっこいい。

    日本ではクレジットカードが使えてAmerican Expressが使えないところはほとんどありませんのでご安心ください。

    ただし、実質無料で使えるとあってセゾンパールアメックスカードは海外旅行保険は付帯していません。もしも旅行保険も付帯させたい場合には、年会費は3,000円(初年度無料)かかりますが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードという一つ上のランクのカードを作りましょう(旅行保険以外の機能は変わらないので必要なければセゾンパールがおすすめです)。

    セゾンパール/ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費無料で持てるAMEX)
    セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードが発行するアメリカンエキスプレスカード。 基本的なラインナップとしてはセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードと、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カー…
    続きを読む

    ちなみにさらに上位版のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは審査に時間がかかるので即日発行は不可になっています(申し込みたい場合は後からランクアップしましょう)。

    エポスカード

    エポスカード

    カード名エポスカード
    国際ブランドVISA
    年会費完全無料
    貯まるポイントエポスポイント(還元率0.5%(OIOIで使えば1%))
    Apple Payへの登録対応
    Google Payへの登録非対応
    ETCカードの即日発行不可(ETCカードの発行は可能だが、即日発行は不可)
    特徴
    • 丸井のマルコとマルオの7日間で全商品10%オフの特典を受けられる。
    • ロイヤルホストで10%オフなど特典が多数。
    カードの受取場所マルイ内に設置されているエポスカードセンター

    マルイで全商品10%オフになるマルコとマルオの7日間に参加することができるマルイが発行する年会費完全無料のクレジットカード。さらに、ロイヤルホストで10%オフ、シダックスやビックエコーでルーム料金30%オフといった各種特典が受けられます。

    このエポスカードは郵送すると1週間ほどになりますが、インターネットから申込→審査後、マルイに設置されているエポスカードセンターに受け取りに行けば今日中に作る&受け取ることが出来ます。

    エポスカード(マルコとマルオの7日間と街中特典が嬉しいカード)
    あいエポスカードはマルイの子会社が発行するカードで年に4回行われるマルコとマルオの7日間(年間合計28日間)ではマルイでエポスカードを使えば全商品が10%オフになる特典が付いています。 貯まるポイントはエポスポイント。通…
    続きを読む

    【番外編】アコムACマスターカード

    アコムACマスターカード

    カード名アコムACマスターカード
    国際ブランドMasterCard
    年会費完全無料
    貯まるポイント0.25%キャッシュバック
    アップルペイへの登録不可
    ETCカードの即日発行不可(ETCカードなし)
    特徴
    • 審査に通りやすい。
    • リボ払い専用カード。
    • 全国のアコムの無人ATMのむじんくんで発行可能。
    カードの受取場所 全国各地のむじんくん

    クレジットカードとしては特殊なのですが、よく即日発行のクレジットカードの代表的な存在として紹介されており知名度も高いので掲載します。アコムACマスターカードはその名の通り、アコムが発行するクレジットカード。アコムの無人ATMのむじんくんで手軽に発行できるので全国どこでも受け取れます。

    インターネットから申込み&本人確認後、むじんくんで即日発行&即日受け取りできる気軽さはありますが、このカードはリボ払い専用のカードです。キャッシュバックはありますが、手数料がかかるので特にお得ではありません。

    デザイン的にはクレジットカードにアコムの文字は一切ない点など考えられていますが、あくまでもリボ払い専用カードである点、お急ぎであってもしっかりと考慮したほうが良いかと思います。

    アコムACマスターカード(即日発行が可能なリボ払い専用カード)
    アコムACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカード。その名の通り国際ブランドとして世界2位の国際ブランドであるMasterCardが付帯しているので、日本ではVISAと並んで殆どのお店で利用するこ…
    続きを読む

    <店頭で>即日発行が可能なカード(ただしその場で発行されるのは仮カード)

    即日発行には↑で示したインターネットで申し込んでから店頭に赴いて受け取るカードの他に、店頭で作成してその場でカードを受け取るという作り方もあります。

    この場合、その場で発行されるカードは仮カードと呼ばれるカードで限度額は一定額まで、かつ、利用できる場所は発行したお店(系列店)に限定されています。ビューカード発行のビックカメラSuicaカードなら即日発行された仮カードはビックカメラ(実店舗)でしか使えない、ルミネカードなら即日発行された仮カードはルミネでしか使えない、といった具合です。

    なので、あまり需要はないかもしれませんが、念の為2枚だけご紹介します。

    ビックカメラSuicaカード

    ビックカメラSuicaカード

    カード名ビックカメラSuicaカード
    国際ブランドVISA / JCB
    年会費477円(税別)
    貯まるポイントビックポイント、JREポイント
    Apple Payへの登録対応
    Google Payへの登録非対応
    ETCカードの発行可(ETCカードは別送付で2週間以上かかる恐れあり)
    特徴
    • ビックカメラで使ってビックポイントがポイントが満額付く。
    • Suicaのオートチャージに利用可能。
    カードの発行場所ビックカメラ(一部)のカードカウンター

    ビックカメラSuicaカードはビューカードがビックカメラと提携して発行しているカードです。ビックカメラでクレジットカード払いをするとポイント還元率が8%になってしまいますが、このビックカメラSuicaカードなら満額の10%が貯まります。ちなみに、ビックカメラSuicaカードからSuicaにチャージするとポイント還元率は1.5%になり、Suica払いなら満額10%なので還元率を合計11.5%にすることも可能です。

    ビックカメラの大型店ではカードカウンターが用意されており、書類さえ持っていけばその場で店頭発行カード(仮カード)を発行することができます。店頭発行カードはビックカメラでしか使うことが出来ず、上限は20万円となっているのでご注意ください。後日正式なカードが送付されます。店頭発行カードでもその後すぐにモバイルSuicaに登録することはできるようです(電話確認しましたが要事前確認)。

    ビックカメラSuicaカード(ビックカメラでポイント満額+オートチャージ機能の人気カード)
    ビックカメラSuicaカードはビックカメラとJR東日本のビューカードが組んで発行しているクレジットカードです。 家電と電車という「電」つながりの一見妙な組み合わせですが、相性は抜群。 よくよく考えてみれば、お得なビックカ…
    続きを読む

    ルミネカード

    ルミネカード

    カード名ルミネカード
    国際ブランドVISA / MasterCard / JCB
    年会費953円(税別)
    貯まるポイントJREポイント
    Apple Payへの登録対応
    Google Payへの登録非対応
    ETCカードの発行可(ETCカードは別送付で2週間以上かかる恐れあり)
    特徴
    • ルミネでいつでも5%オフ。
    • Suicaのオートチャージに利用可能。
    カードの発行場所ルミネ、大船ルミネウィング、ニュウマンのカードカウンター

    ルミネカードはビューカードがJR東日本グループの子会社であるルミネと提携して発行しているカードです。ルミネでいつでも5%オフであることから人気のカードとなっています。オートチャージなどの機能も当然付いています。

    ルミネのカードカウンターで必要な情報を記入後、20分ほどで店頭発行カード(仮カード)を即日発行することができます。店頭発行カードは各ルミネ(及び大船ルミネウィング、ニュウマン)でしか使うことが出来ず、上限は20万円となっているのでご注意ください。

    ルミネカード(ルミネ利用者必携のSuica機能付きクレカ)
    ルミネカードはJR東日本のショッピングモールであるルミネが、割引特典に加えて、Suica機能まで付けてしまった実力派カード。貯まるポイントはJREポイントです。 店舗やショッピングモールと結びついたカードは普通は割引特典…
    続きを読む

    即日発行&受け取りができるクレジットカードは審査が簡単なの?

    即日発行が可能なクレジットカードは、審査も数時間以内には行われる、早ければ数分で完了するカードもあります。それは審査がほぼ自動化されているからです。つまり、過去の支払い履歴などに特に問題がなければほぼほぼ通過できます。これは審査が簡単だともいえますが、逆に言えば、その審査にひっかかるというのはよっぽど過去に未払いが多い、ブラックリストに入っているといった理由です。

    なので、上記のセゾンカードやアコムACマスターカードで審査に落ちた場合は、クレジットカードは一旦諦めて、代替品としてデビットカードをお持ちの方はそちらを使い、デビットカードを持っていない方はブランドプリペイドのKyashなどを検討したほうが確実です。

    Kyashについて(+1%のICチップ付きプリペイドカード&アプリ)
    特徴 Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual カードフェイス 実店舗での利用 可 可 不可Google Payに登録してQUICPayとしてなら利用可能 ICチップ あ…
    続きを読む

    ETCカードも即日発行できるかどうかは要確認

    クレジットカードは今日中に作れても、ETCカードは今日中には受け取れないというクレジットカードがほとんどな点には注意してください。

    例えば、↑で紹介したエポスカードはカード自体はマルイで今日中に発券できますが、ETCカードは今日中には受け取れず発行まで1-2週間かかります。MUFGカードはクレジットカードは翌営業日に発行してくれますが、ETCカードは一緒には送られてきません。

    なので、ETCカードも今日中、明日中に欲しいという方はセゾンカードが発行するカード、↑だとセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードといったセゾンカードのみということになります。

    まとめ

    以上、クレジットカードを即日発行&即日受け取りをするための手順と即日発行&即日受け取りができるクレジットカードを見てきました。

    共通して言えるのは、まずはインターネットから申し込んで審査までは完了してしまうこと、そして審査が完了したら急いで(受け取りカウンターが閉まらないうちに)受け取りにいったほうが安全だということです。いきなりカードカウンターにいって、審査を受けた結果審査落ち&時間切れという残念な結末だけは避けるようにしてください。

    インターネットから申し込む場合、できれば午後1時までには申込みが完了しているくらいのほうが良いでしょう。