電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

フリーター(アルバイト)のクレジットカードの作り方ガイド

フリーターにおすすめのクレジットカードと作り方

フリーターという言葉は造語で、以前はなく、フリーアルバイターという括りでした。リクルートの「フロム・エー」の編集長だった方が略してフリーターという言葉になり、定着した形です。

定義としては正社員以外のアルバイト、契約社員、派遣社員、契約職員、パートタイマーは全てフリーターなのですが、ここでは主に「アルバイト」と呼ばれる方のクレジットカードの作り方を解説していきます(契約社員などの方にも当てはまるので参考にしてみてください)。

フリーターはクレジットカードを作れるのか?

定期的にアルバイトをしていれば作れます。クレジットカードを作れれば良いという方ならまず問題なく作れますし、ポイントを貯めたいという方も特に難しくないでしょう。

ただし、作れるカードは多少限られてくるので、事前にチェックポイントを抑えておきましょう。

フリーターがクレジットカードを作る際にチェックするべきポイント

フリーターの方がクレジットカードを作る際にチェックするべきポイントとして入会条件を確認することが挙げられます。

どのクレジットカードにも公式サイトに小さく記載されています。どんなものがあるのか知っておくと、アルバイトでも申込み可能かどうかが見えてきます。

フリーターが申し込み可能なクレジットカードの申し込み条件の記載

例えば、楽天カードの申し込み条件は以下の通り。

18歳以上(高校生不可)

以前はCMでも再三訴えていたように、学生、アルバイト可、という記載もあったのですが、現在はこれだけになっています。

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み条件は以下の通り。

満18歳~25歳の方

エポスカードの申し込み条件は以下の通り。

満18歳以上の方(高校生は除く)

これらのカードならフリーターの方でも申し込み可能だと思って良いでしょう。

フリーターが申し込み不可なクレジットカードの申し込み条件の記載

逆に、フリーターの方だと申し込み不可(申し込んでも審査落ちしてしまう)クレジットカードの記載は以下の通り。

JCB一般カードの申し込み条件は以下の通り。

18歳以上 ※ご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生除く)

三井住友VISAゴールドカードの申し込み条件は以下の通り。

原則として、30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

これらのカードの記載は「安定継続収入」という部分がある=フリーターの方は申し込み不可という判断が出来ます。

特にゴールドカードは問答無用で難しいと思っておきましょう。JCB一般カードはゴールドカードではないですが、審査が厳しいのでフリーターの方はやめておいたほうが無難です。

アルバイト収入のフリーターがゴールドカードを作るのが難しい理由

ゴールドカードはカードの特性上、多くのゴールドカードの利用限度額が最低でも7−80万円に設定されます。

つまり、使おうと思えば1月に70万円くらい使えてしまうということです。時給がいくら高くても、良くも悪くも収入が不安定なフリーターの方に70万円という金額を出すのはカード会社としてもリスクがあるため、作れるのは主に一般カード(限度額20−30万円)まで、です。

フリーターがクレジットカードを作る際の年収欄の書き方

フリーターの方は収入が月によって上下をするため、「年」収は決まっていません。

ですが、クレジットカードには必ず年収欄を記載する箇所があるので、記載しなければいけません。その際の書き方は決まっていないのですが、勤続年数が長い方は去年の年収を記載、もしも1年目の場合は、平均的な月収の12ヶ月分を記載すればOKです。

つまり、「大体」を記載すればOKということ。上記のフリーターでも申し込めるクレジットカードならカード会社側もわかっているので大丈夫です。

ただし、大きく実像と乖離しないように気をつけましょう。バイト先の時給はちょっと調べられたらすぐにわかることですし、虚偽がバレたらせっかく作れるクレジットカードも審査落ちしてしまいます・・・。

フリーターの方の審査に際しての注意点

フリーターの方でも、カードによっては審査の際にバイト先に電話がかかってくることもあります。なので、申し込む際に記載する勤務先の情報には本社の情報ではなく、普段努めている場所(例えばカフェならその支店)、連絡が付く電話番号を記載するようにしましょう。

また、アルバイトを掛け持ちしている場合(かつ、カード申し込み欄に複数の勤務先を記載する欄がない場合)は、収入の高さよりも、長く勤務している勤務先を記載したほうが無難です。クレジットカード会社は長く同じ場所で勤務していることを重視するため、審査に通りやすくなります。

フリーターの方におすすめのクレジットカード

↑の申し込み可能なクレジットカードでもちょろっと紹介しましたが、フリーターの方にも作れるクレジットカード&おすすめ出来るクレジットカードを具体的にご紹介します。

楽天カード(フリーターでもOK、かつ、お得)

楽天カード

楽天カードは18歳以上ならフリーターでも学生でも作れることをCMでも公言しているクレジットカード。

この楽天カードの凄いところは、通常審査が通りやすいクレジットカードというのはポイント還元率は低かったりするのですが、この楽天カードはフリーターでも作れて、かつ、ポイント還元率も日本のクレジットカード業界でトップクラスということ。

特に、楽天市場で使ったときは還元率4%超えで無敵です。

>>楽天カードの詳細はこちら

三井住友VISAデビュープラスカード(信頼できるクレジットカードでも作れる)

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の方限定ですが、三井住友VISAデビューカードは、実はフリーターの方でも作れます。

通常の三井住友クラシックカードはフリーターの方だと勝率は30:70という感じで厳し目ですが、デビュープラスカードなら年齢制限の分、審査には通りやすいので(若者優遇なので)問題なく作れます。

銀行系クレジットカードの代表格なので、どこで出しても恥ずかしくない、信頼出来るクレジットカードを持っておきたいフリーターの方におすすめです。

>>三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら

エポスカード(エンターテイメントで節約したい方)

エポスカード

カラオケが好き!という方、マルイを利用される方におすすめしたいのがこのエポスカード。

シダックスやカラオケ館で使えばルーム料金が30%オフですし、年に4回、マルイで全商品が10%オフで購入できます。そう、このエポスカードはポイントが貯まるというよりも、割引を受けられる権利が得られるんです。遊びたい、でも節約したい、という方に一押し。

当然、フリーターでも作ることが可能です。

>>エポスカードの詳細はこちら

フリーターがクレジットカードを作るなんて・・・

筆者が好きなa flood of circleというロックバンドのI’m freeという曲の歌詞に「I’m free.お支払は現金ですかって通ったことないやクレジットカードの審査」という一説があるのですが、フリーな職、フリーターでもクレジットカードの審査は全然通ります。多分、この曲を作ったボーカルは職をロッカーとして提出したのだと推測しています。

申し込むカードさえ選べば、ケータイの料金の未払いが続いているといったよっぽどの理由がない限り作れるんです。

以前は、フリーターがクレジットカードを作るなんて・・・と言われた時代もあったらしいですが、現代社会ではネットショッピングやウェブサービスが充実しており、「クレジットカードがなくては購入(加入)すらできない」というケースも増えています。

そのような時代のニーズに答えて、クレジットカードの審査も順応しているので、フリーターの方でもクレジットカードは全然作れるようになっています。もしも「フリーターだから作れない」と決めつけて二の足を踏んでいる方がいらしゃったら、上記のクレジットカードを申し込んでみてください。あっさりと作ることが出来て驚くはず。

注意点として、作れたら、支払いの遅れがないようにしましょう。支払いの遅れがあったら、次のクレジットカードを作るのは厳しくなってしまいます。決してご自身のキャパを超えた使い方はしないように。

そこだけ気をつけて、充実したクレジットカードライフをお送りください。