電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

dポイントについて

dポイントカード

dポイントって何?

dポイントはドコモが作った共通ポイント。

dポイントが登場する以前はdocomoポイントというポイント制度でしたが、そのシステムを一新する形で2015年12月に登場しました。

dポイントを活用する準備

dポイントは利用する前に、dポイントカード・アプリ(1)、クレジットカードのdカード・dカード GOLD(2)、ブランドプリペイドのdカード プリペイド(3)、QRコード決済のd払い(4)という4つの選択肢のうちのいずれかを保有、利用している必要があります。

docomoユーザー以外の方でもdポイントクラブに登録して、dポイントカード(アプリでも可)を作れば利用することが出来ます。

dポイントカードの作り方

dポイントカードはdポイントアプリから無料で発行出来ます。

dポイントカード(アプリ)

dポイントカードの実カードはドコモショップやdポイントが使える一部のお店で配布されています。

実カードのdポイントカードやクレジットカードのdカードをアプリ、dポイントの公式サイトから登録することも可能です。

dポイントが付くお店お店

dポイントが貯まるお店はローソン、ファミリーマートとマクドナルドなどが有名どころとして挙げられます。その他、ドトール、タワーレコード、オリックスレンタカーなど(当サイトの検索システムから検索してみてください)。

加盟店は年々増えています。

dポイントが貯まるクレジットカード「dカード」

dポイントがたまるクレジットカードといえばdカードです。dカードの年会費は永年無料、dカードゴールドは年会費10,000円です。

dカード

通常決済で100円で1ポイントのdポイントが貯まります。

さらに、dポイント特約店でポイントが最大4倍になります(お店によって異なる)。例えばエネオス、高島屋、JAL、オリックスレンタカー、スターバックスカードへのチャージなどが特約店として名を連ねています。

また、ローソンで使うと一部の商品を除いて3%還元といった特典も用意されています(ポイントカード提示分と決済分と合わせて5%還元)。

>>dカードの詳細はこちら

dポイントが貯まるブランドプリペイドカード「dカード プリペイド」

「クレジットカードを作るのはちょっと・・・」という方でも大丈夫。docomoはdカード プリペイドというmastercardブランドのブランドプリペイドを発行しています。

dカードプリペイド

通常決済で200円で1ポイントのdポイントが貯まります。

クレジットカードのdカードのようにポイントが貯まりやすい特約店はありませんが、ローソンで使うと一部の商品を除いて3%還元の特典は使えますし、何より、貯まったdポイントはdカード プリペイドに1ポイント1円(500円から)チャージできるのが超便利です(下記「dポイントをdカード プリペイドにチャージする」にて詳細を解説しています)。

>>dカード プリペイドの詳細はこちら

dポイントの使い方

dポイントは、以下のような使い道ができます。

dポイントが使えるお店で使う、ケータイ料金への充当、各種商品への交換(他社ポイント含む)、Google Playギフトコード購入への利用、App Store & iTunesへの利用、d払いへの充当、dカード プリペイドのチャージ残高への充当、dマーケット、各種優待などなど

様々な使い道がありますが全てはご紹介できないので、ここではおすすめの交換方法を抜粋してご紹介します。

なお、Pontaポイントへの交換への交換など、一部ドコモ回線をお持ちの方限定のルートもあるのでご注意ください(100ポイントから交換できるPontaポイント→dポイントのルートとは違って、dポイント→Pontaポイントのルートは5,000ポイント以上からで手数料が250ポイントかかるのでやる方は少ないかもですが)。

dポイントをそのままお店で使う

dポイントカード、及びアプリを提示すれば1ポイント=1円で使えるお店は以下の通り。

これらのお店ではdポイントが貯まるし、使えます。最もスタンダードな使い方だと言えるでしょう。

d払いのネット決済(※)、docomoが運営するオンラインモールのdマーケットでもdポイントを購入代金の一部として使うことが出来るので、ポイントを使ってファッション用品も本も食料品も購入可能です。

※d払いのネット決済とは?

d払いとはあらかじめ登録しておけば4桁の暗証番号を入力するだけで決済できるドコモ払い(携帯料金と一緒に請求されます)のdポイントを使う&使えるバージョン。サイトがd払いに対応しているサイトならdポイントが使えます。例えば、Amazon、ABCオンラインストア、JINS、メルカリ、DHCストアオンライン、ソニーストアなどがd払いに対応しています。

dポイントをローソンのお試し引換券と交換する

ローソンお試し引換券

ローソンお試し引換券はローソンアプリ、またはLoppi(カードリーダーにdポイントカードを通して操作します)から取得できる商品との交換券です。

50%オフ以上のお得さで商品を交換することが出来ます。

欲しい商品があるのであれば、1ポイント1円で使うよりよっぽどお得です。

ローソンのお試し引換券

商品と引換券、もしくはローソンアプリに表示されている引換券をレジまで持っていけば交換可能です。

dポイントカードをローソンアカウントと紐付けることで交換可能になります(Pontaポイントも交換可能)。

ローソンアカウントとポイントカードを紐付け

引換券には数に限りがあるので、欲しい物がある方は早めに引換券を予約しましょう。

dポイントを最大限にお得に使いたい方によく利用されているdポイントの使い道です。

dポイントをdカード プリペイドにチャージする

dポイントは500円から1ポイント1円でdカード プリペイドにチャージすることも可能です(月の上限は1万ポイント)。

dカード プリペイドにdポイントをチャージ

貯まったdポイントをそのまま使うのも良いですが、dカード プリペイドにチャージをすれば、国際ブランドのmastercardが使えるところならどこでも使える=実店舗はもちろん、ネットショッピングでも使えるようになります。

また、dカード プリペイドをApple Payに登録すれば電子マネーのiDが使えるところでも使えるようになります。

dカードプリペイドをApple Payに登録

交換時に手数料はかからないので、普通にdポイントを使うよりもずっと使い道が広がるのでおすすめです。

特にチャージをするつもりがなくても、この交換ルートのためにdカード プリペイドを持っておいても良いと言えるでしょう。

dポイントのステージ制度

dポイントにはステージ制度が用意されています。

ステージ名条件(どれか1つを満たしていること)
1st
  • docomoの利用が4年未満、かつ、600ポイント未満。
2nd
  • 半年で600ポイント以上を獲得すること。
  • docomoを4年以上利用している。
3rd
  • 半年で1,800ポイント以上を獲得すること。
  • docomoを8年以上利用している。
4th
  • 半年で3000ポイント以上を獲得すること。
  • docomoを10年以上利用している。
Pt
  • 半年で10,000ポイント以上を獲得すること。
  • docomoを15年以上利用している。

ステージに応じたクーポンが発行されたり、優待が受けることが出来たりします。

dポイントのまとめ

dポイントは、ポイントシステムの中ではかなり後発組でしたが、ローソン、ファミマ、ドトール、マクドナルドなど、どんどん大手チェーン店で使えるところが増え続けており、かなりお得な共通ポイントの代表的な存在となっています。