電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

三井住友VISAデビュープラスカード(学生や新社会人にオススメNO1のVISAカード)

カードフェイス 三井住友VISAデビュープラスカード
国際ブランド VISA
年会費 1,250円 ( 税抜 ) 初年度無料。2年目からは通常1,250円だが、前年度に1回でも使っていれば無料になるので実質完全無料。
還元率1% セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでは3%。ネットショッピングでお店によっては2.5%以上まで跳ね上がる。
ポイント名ワールドプレゼントポイント レート:1,000円の買い物で2ワールドプレゼントポイントが貰える。
公式サイト 三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイトを見る

三井住友VISAカードの中で18歳以上25歳以下の方のみが発行できるクレジットカードがこの三井住友VISAのカードデビュープラスカードです。「初めて持つならこのカード」というCMでもおなじみですよね。初めて持って、そのまま長く付き合えるカードです。

三井住友VISAデビュープラスカードの実物

※こちらは2019年3月以前に発行してNFC Payには対応していない旧券面です

三井住友VISAカードはいわゆる銀行系と呼ばれる審査に通るのが一番難しい種類のクレジットカードですが、この学生、若者専用のデビュープラスカードは年齢制限さえクリアしていれば大丈夫。

学生のうちに作って、信頼度を貯めて、大人になっても保持し続けたいカードNO1です。

他にも学生専用のクレジットカードは信販系を中心に数種類あるのですが、正直、学生のうちに作っておくメリットがほとんどありません。言い方は悪いかもしれませんが、作りたければ社会人になってから生活に合わせて追加で作ればいいんです。

おそらく若いうちは三井住友VISAカードって地味かも、という考えが脳裏に浮かんだりするかもしれませんが、大人になるとこの魅力がよくわかります。地味でも、信頼度が他のクレジットカードとは全然違います。

社会人になると、銀行系のクレジットカードは作るのが難しくなり、信販系のクレジットカードばかり持っている人をよく見かけますが、正直ちょっとカッコ悪いですからね・・・。

若い、いまのうち、です。

デビュープラスカードのポイント制度は大人の2倍

まず、初年度は年会費が無料で、さらに年に1回使えば次の年の年会費は無料(通常1,250円)になります。年に1回ならほぼ間違いなく使うのではないでしょうか?大人用カード(クラシックカードAなど)でも無料にすることは出来るのですが、リボ払いに登録したりなど条件が圧倒的に厳しいものになります・・・。

そして、ポイントが通常の社会人が使っている三井住友VISAカードの2倍貯まります。さらに、入会3ヶ月までは5倍です。

貯まるポイントはワールドプレゼントポイントという名前のポイントなのですが、楽天スーパーポイントに交換したり、1ポイントが3マイルのレートでANAマイルにも交換出来たりなど、使い道がかなり豊富です!

カードフェイス(カードの柄のこと)もシンプルでどこで出しても恥ずかしくないものですし、付帯カードとして発行できる電子マネーのiDは何かと便利だし、海外でも問題なく使えます。ドライブに行く方は、ETCカードも実質無料で使うことが出来ますよ!

何より、安心感があること。クレジットカードでスリルを味わうなんてイヤでしょうから、学生時代は安心感が持てるカードが一番です。

セブンイレブン、ローソン、ファミマ、マクドナルドではポイント還元率は3%になる

三井住友カードは、2019年3月1日から、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで、VISA決済(通常のクレジットカード決済)、Apple PayのiD決済、おサイフケータイのiD決済、Visaのタッチ決済をすれば、通常のポイントに加えてさらに250円につき1ポイントが貯まります。

デビュープラスカードは何もしなくても社会人向けカードの2倍貯まるので合わせるとポイント還元率は3%になります。

デビュープラスカードの通常の決済(ポイント2倍)に加えて、4倍分のポイントが貯まるということです。

分かりづらいので、上記ポイントアップ店でのポイントの貯まり方を具体的に見てみましょう。

【例】セブンやローソンなどで月に4,000円使った場合

まず通常分のポイントは1,000円で1ポイント、デビュープラスカードはさらにその2倍で1,000円で2ポイントが貯まるので、8ポイント。

そしてセブンやローソンなどのポイントアップ店では、月額利用250円に対して1ポイントが貯まるので、さらに16ポイント。

合計で24ポイント(120円相当)のワールドプレゼントポイントが貯まります。

Amazonや楽天などネットショップでの買い物でポイントが貯まりやすい

三井住友VISAデビュープラスカードはポイントUPモールという専用のオンラインショッピングモールが用意されています。

ネットショッピングをよくご利用になる方であれば、

  1. まずポイントUPモールに行く。
  2. ポイントUPモールから特定のネットショップに行く(専用リンクをクリック)
  3. 普通に買い物

という手順を辿ることで、0.5%×◯倍(利用するサイトによって違います)でポイント還元率が数倍になります。Amazonでもファッション関係のものはポイント9倍ですから、還元率にするとなんと4.5%です。

クレジットカードを初めて作る学生の方はポイント還元率が4.5%だと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、通常1%の還元率があったら高還元率カード、1.5%の還元率があったら超高還元率カードの仲間入りなので、4.5%(100円の買い物で4.5円分のポイント)というのはかなりお得だということです。

Visaのタッチ決済も付帯

三井住友VISAカードは2019年3月発行分から国際ブランドのVISAが世界中で提供しているNFC Pay(Type A/B)の電子マネーであるVisaのタッチ決済が付与されるようになりました。

このVisaのタッチ決済はアメリカやヨーロッパでは多くの場所で使えます。カードを差し込んで4桁の暗証番号(PIN)を入力する必要がないので、海外旅行では重宝するはず。

日本でもローソンやマクドナルドで使えます(国内だとApple Payに登録して使えるiDのほうが使いやすいかもしれませんが)。

卒業後はどうなるの?

この三井住友VISAデビュープラスカードは卒業後、26歳以降には自動的に三井住友VISAプライムゴールドというカードに切り替わります。ゴールドカードの一歩手前のカードです。ステータスが欲しい方はそのまま移行するも良し。

デビュープラスの切り替え

ただ年会費が高くなるので、別にステータスよりも普通で良いという方は通常のクラシックカード(条件次第で年会費無料)にもできるのでご安心ください◎

 

きちんと支払いをして信用を貯めて、長く付き合えるカードにしてください!

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み方法・注意点

三井住友VISAデビュープラスの公式HPから申し込み画面へ。

その際に一々必要な書類を探さなくても良いように、あらかじめ運転免許証や身分証明書、そしてお使いの銀行のキャッシュカード、または通帳を用意しておきましょう。

Next

案内に従って各種情報を入力してください(収入欄などは学生の場合、当然アルバイトでも問題ありませんし、学業優先の方もいらっしゃるでしょうから無収入でも大丈夫ですので本当のことを書きましょう)。

Next

最後まで入力して申し込み番号が発行されたら、そのままお使いの銀行のHPに行き「らくらく口座設定」で引き落とし口座の設定をしましょう。銀行に、カード会社に申し込みをしましたよ!とお知らせするための手続きです。

(らくらく口座設定未対応の口座をお使い、もしくは、らくらく口座設定で口座を設定しない場合、口座振替書類が郵送されてくるのを待ちましょう)

各種銀行の案内に従えば簡単に出来ます。

Next

らくらく口座設定の場合、最短で3営業日にカードが発送されます(そうではない場合(郵送で口座振替を設定する場合)、郵送されてきた書類を返送し、それが確認され次第、順次発送という形になります)。

三井住友VISAデビュープラスカードの付帯保険・追加カード等

その他保険
  • お買物安心保険 不正利用されてもその分を100万円まで補償してくれる保険。
ETCカード 年会費:500円 年会費と同様に、初年は無料で、次年度からは前の年に1回でも使っていれば無料。
電子マネー
  • iD (追加発行のカードタイプもおサイフケータイタイプもあり)
  • Visaのタッチ決済 (付帯)
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • モバイルSuica (付かない(Google PayのSuicaはポイント満額付与対象))
  • 楽天Edy (付かない)
  • WAON (付かない)