電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(SAISON MILE CLUBでJALマイルが貯まりやすい法人カード)

カードフェイス セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド AmericanExpress
年会費 20,000円 ( 税抜 ) 年間200万円以上利用で半額の1万円(税別)。
申し込み資格 個人事業主または経営者 学生、未成年を除く
還元率0.5% 通常時。SAISON MILE CLUBを申し込み(無料)でポイントをJALマイルに集約すれば1.125%も可能。
ポイント名永久不滅ポイント、JALマイル レート:基本1,000円で1ポイントの永久不滅ポイント。SAISON MILE CLUBに加入すれば1,000円につき10マイル+通常時2,000円につき1ポイントの永久不滅ポイント。
Apple Pay QUICPay
Google Pay 未対応
公式サイト セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンアメックスカードシリーズのプラチナランクのビジネスカードです。

セゾンプラチナには個人カードも用意されていますが、年会費などはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのほうがお得です。

また、ビジネスカードなら、引き落とし口座として法人口座や屋号入り口座も設定可能なので、ビジネス用として使うならこちらを選択しましょう。

非常にバランスが取れたビジネスカードになっています。筆者の周りでもビジネスカードとしては1・2を争う人気です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は通常20,000円(税別)です。税込みだと22,000円になります。

ビジネスカードだけの特典として、年間200万円以上利用された場合には次年度の年会費は10,000円(税別)と半額になります。

もちろんビジネスにもよりますが、支払いを集中すれば年間200万の経費をこのカードで支払うのは難しくはないかと思います。

そうなると10,000円(税別)でプラチナの特典も享受できます。このコストパフォーマンスから人気が高いカードです。

追加カードの年会費

社員や家族の方などに経費用に配布する追加カードも当然発行可能です。4枚まで発行可能となっています。

追加カードの年会費は1枚3,000円(税別)となっています。

旅行保険やプライオリティ・パスなどは付帯していませんが、比較的お得に発行可能です。追加カードは年間200万円以上使っても本カードのように年会費が半額になることはありません。

社員を抱える方でしたら経費精算の手間などを省くために追加カードの利用は必須だと言えるでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント制度

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで貯まるポイントはデフォルトの状態では永久不滅ポイント、SAISON MILE CLUBに登録すればJALマイルと永久不滅ポイントの2重取りです。

永久不滅ポイント

通常1,000円ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。

永久不滅ポイントはその名の通り、有効期限がないことが特徴になります。

還元率にすると0.5%ほどです。

セゾンカードの利用で上がるランクのセゾンクラッセが☆6になればさらに1,000円で1ポイントが貯まり、還元率は1%になります。

正直このままではポイント的に旨味が少ないので下記、SAISON MILE CLUBへの申込みがおすすめです。

SAISON MILE CLUB

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、通常は上記永久不滅ポイントが貯まる形ですが、SAISON MILE CLUBに登録をすると1,000円につきJALマイルが10マイル貯まるようになります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであればSAISON MILE CLUBの年会費はかかりません(1つ下のランクのセゾンゴールド等だと年会費4,000円(税別)がかかります)。

また、優遇サービスとしてショッピング利用総額2,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントも貯まります。この分はJALマイルとの2重取りが可能です。保有しているセゾンアメックスカード全ての利用分が対象です。さらに、セゾンクラッセが☆6の場合には、永久不滅ポイントが倍の1,000円につき1ポイントになり、よりお得です。セゾンプラチナの方なら容易に目指せるはず。

ちなみに、永久不滅ポイントはJALマイルに交換することができる(1ポイント=2.5マイル)ので、貯まったポイントはJALマイルへと集約可能です。

SAISON MILE CLUBと優遇サービスの永久不滅ポイントから移行したJALマイルを合計すると、100円で1.125マイル貯まる計算になります(セゾンクラッセが☆6の場合は1.25マイル)。

SAISON MILE CLUB2,000円利用時
JALマイル20マイル
永久不滅ポイント(=JALマイル換算)1ポイント(=2.5マイル)セゾンクラッセが☆6なら2ポイント(=5マイル)
合計マイル22.5マイル

ただし、SAISON MILE CLUBによるJALマイルの上限は1年で150,000マイルまでで、それを超えると、永久不滅ポイントが1,000で1ポイント貯まるSAISON MILE CLUB登録前の形になります。ご注意ください。

ビジネスカードを切ってJALマイルをどんどん貯めたい方にはおすすめのカードだと言えます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの優待サービス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの優待サービスはたくさんあるので主要なものをピックアップします。

海外ラウンジ(プライオリティ・パス)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには148の国、1,300以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスの最上位クラスであるプレステージ会員権が付帯しています。通常429ドルです。

国内ラウンジ

国内ラウンジも主要空港のラウンジを利用可能です。

手荷物宅配、ハイヤー送迎など優待

各種サービスを優待価格で利用可能です(主に成田国際空港・羽田空港、他)。

コート預かりサービスの優待もあります。

旅行保険

海外旅行保険は最高1億円、国内旅行保険は最高5000万円付帯しています。

ただし、追加カードはこれらの旅行保険は補償対象外なのでご注意ください。

カードデスク

カードデスクは24時間365日対応です。

もちろん合う合わないはあるでしょうが、セゾンプラチナのカードデスクは比較的評判が高いです。

プラチナ限定のプレミアムサービス各種

Tablet Hotelsというホテルの優待、オントレというダイニングやスパなどの優待、ゴルフコース優待などがプレミアムサービスとして付帯しています。

その他

挙げればきりがないのですが、その他、ビジネスカードとしてのサポート(弁護士紹介サービスや会計ソフトfreeeの優待など)も付帯していますし、セゾンカードの基本的なサービスである西友・リヴィン・サニーで5%オフも付帯しています。

セゾンカードの基本サービス+ビジネスサービス+プラチナサービスで構成されている形です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのまとめ

ぶっちゃけ、優待はこれでもかというくらいたくさんありますが、実際に使うのは多くて数個なのが普通かなと思います。

多くの方は作りやすい&使いやすいビジネスカードを発行すること、ビジネスで使うものなのである程度信頼があること(プラチナ)、そして、経費として高額精算をしながらJALマイルを貯めることが主目的になるかなと思います。

というか筆者の周りの殆どの中小規模経営者の方はマイルを貯めるために使っています(笑)。

納税がカードでできるものはカードで、家賃や光熱費などビジネス上の必要経費は全てこのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにまとめるとご褒美としての旅行に行くことができる感覚です。SAISON MILE CLUBで永久不滅ポイントをJALマイルにすれば還元率は基本1.125%ですから、年間1000万以上使えば余裕でハワイ往復もペアで可能でしょう。

基本的にこのJALマイルが目的の方が多いので付帯サービスはだいぶ端折りましたが、必要なものはほぼついているのでビジネスカードとしてはもっとも優れているカードの1つだと言えます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険・追加カード等

海外旅行保険 【 自動付帯 】 最高1億円
国内旅行保険 【 自動付帯 】 最高5000万円
その他保険
  • ショッピング安心保険 購入日から120日間、年間300万円まで補償
  • オンライン・プロテクション
ETCカード 年会費:0円 完全無料。
家族カード 年会費:3,000円 最高4枚まで。
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • 楽天Edy (付かない)
  • モバイルSuica (付く) 満額付与。
  • SMART ICOCA (付く) 満額付与。