電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

学生専用ライフカードの特徴

学生専用ライフカード
基本情報
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB
年会費 完全無料
還元率0.5% 通常0.5%。誕生日月には1.5%。海外旅行で使ったお金は5%キャッシュバック。
ポイント名サンクスポイント レート:1,000円につき1サンクスポイント(1ポイント5円相当)
Apple Pay iD
Google Pay iD
詳細 公式サイト

学生専用ライフカードは通常の大人用ライフカードの機能にプラスαの学生専用のメリットも付けたクレジットカードです。申し込み資格は18歳以上25歳未満で、現在進行形で大学生、専門学校生、短大生の方(18歳を過ぎていて進路が既に決まっていても高校生の場合には申し込むことが出来ません)となっています。

2023年にデザインが変更されて、これ以上ないくらいシンプルになりました(黒もあります)。また、社会人向けの通常のライフカードとデザインも同じになりました。

学生専用ライフカードのポイント制度

ライフカードは基本的なステータスは大人用ライフカードと変わりません。

通常状態の還元率は1,000円で1サンクスポイント。1,000ポイントで5,000円相当のギフトカードと交換できる(交換先の1つの例)ので、1ポイント当たりの価値は5円相当で計算すると、還元率は0.5%。

これは一般的な数値ですが、初年度はポイント1.5倍で還元率0.75%、それ以降も誕生日月はポイント3倍で、還元率は1.5%です。

以前は5倍で2.5%還元だったので、誕生日月に関しては、今はちょっと残念な形です。

ただ、学生専用ライフカードには以下の特典があります。

学生専用ライフカードならではの特典「海外で利用したら5%還元」

学生専用ライフカードならではの特典として海外旅行に行ったとき、ショッピングで使ったお金の5%が帰ってくる特典が付いています。

例えば海外旅行でハワイにいって、レンタカーや食事をしたり、アウトレットで洋服を買ったり、気付いたら10万円くらい使っていたとします。その代金の5%ですから5,000円がキャッシュバックされるんです。これは、かなり嬉しい。

もちろん上限はあってキャッシュバック額は年間5万円までですが、ポイントでの還元ではなく、キャッシュバックというのがまた嬉しい。学生ならではの特典として受け取っておきましょう。

ステージ制度

ライフカードはステージ制度を導入しており、年間利用額に応じて還元率が上がります。ただ、社会人ならともかく学生で年間200万円以上使ってようやく1%還元というのはなかなか厳しいものがあります(例えば、JCB CARD W楽天カードなら最初から1%還元です)。

ステージ還元率年間利用額
レギュラー0.5%1倍
スペシャル0.75%1.5倍50万円以上
ロイヤル0.9%1.8倍100万円以上
プレミアム1%2倍200万円以上

社会人には付けてくれない海外旅行保険

学生専用ライフカードのもう一つ大きな特徴は海外旅行保険が付帯しているという点です。大人用のライフカードだと旅行保険は一切付帯しておらず、誕生日月にポイントを貯める専用のカードという印象なのですが、学生専用ライフカードでは付いています。しかも最高2000万円付帯しています。

海外旅行に行くときにはキャッシュバックだけではなく安心も付いてくるカードになっています。

学生専用ライフカードは(海外利用時に)大人が羨むカード

この学生専用ライフカードは海外旅行にいく学生さんにはおすすめできます。年会費も完全無料なのでたとえその年に海外旅行に行かなくても持っておくと安心。

ネットショッピングなどの普段使いにもまず間違いなく使えますし、何より、誕生日月と海外旅行を楽しくしてくれるカードに仕上がっています。

ただし、卒業後は普通のライフカードへと移行して海外旅行のキャッシュバックと海外旅行保険はなくなる点はご注意ください。

また、誕生日月と海外での利用時以外の通常の還元率は低いですし、学生だとステージクリアも難しいです。

学生専用ライフカードの付帯保険・追加カード等

海外旅行保険 【 自動付帯 】 2000万円。通常のライフカードでは付帯しておらず学生専用ライフカードのみの特典。
その他保険
  • カード会員保障制度 紛失や盗難の損害を60日前まで負担してくれる制度。
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • 楽天Edy (付く) ポイントが半分付く(通常時、500円で0.5ポイント)。
  • モバイルSuica (付く) 1000円で1ポイント。
現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず.com制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず.com運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)でも日々情報を共有しています。