電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

新社会人のクレジットカードの作り方ガイド

新社会人におすすめのクレジットカードと作り方

新社会人のクレジットカード作り方

ここでいう新社会人というのは、会社に入ってか1年目から3年目くらいまでの方を意味します。

新入社員として会社に入って、新しい環境で仕事を覚えているところ、もしくは、覚えて間もないくらいの方がクレジットカードを作るときに意識したほうが良いのは、「確実に長く付き合えるクレジットカード」を1枚選ぶということです。

まだ新社会人、これからの長い人生の中で、キャリアも生活環境も代わりますし、保有するクレジットカードが入れ替わる機会も多々あると思います。ですが、その中でも変わらず使い続ける長く付き合っていけるクレジットカードが1枚を持っておくことをオススメします。

特に学生時代にクレジットカードを持っていなかった方は、ちゃんとしたクレジットカードの作り方を覚えるという意味でも、慎重に、失敗しないクレジットカードを作りましょう(最初にポイント重視の極端なクレジットカードやサポートがちゃんとしていないクレジットカードを作ってしまうと後々後悔する可能性が高いので)。

長く付き合っているとクレジットカード会社に重宝される

長く寄り添っていける夫婦のように愛着が湧くから・・・みたいなロマンチックな理由があれば良いのですが、クレジットカードに対してそんな愛着が湧いてきたら相当なフェチズムをお持ちです。笑

長く付き合っていくと、もっと現実的な実利があります。

例えば、クレジットカードの限度額が30万円だったとして、既に限度額ギリギリまで使ってしまっているのに、いきなり大きな買い物をしなければいけなくなったとき、もしくは社会人としての飲み会で支払いをしなければいけないのに手元に現金がないとき、支払いを来月末にしたい、もしくは、ポイントを付いて欲しいから、クレジットカードの限度額を一時的に上げたいと考えたとします。

この際、ちゃんとしたクレジットカードなら電話をかけて限度額を上げてもらうことは可能なのですが、あなたの信用度が低かったり、悪い言い方をすればカード会社にとって良いお客さんでなければわざわざリスクをかけてまで限度額を上げたりはしてくれません。

ですが、長く付き合って、支払いをずっと行えている方であれば、このような急な要望にも応えてくれます。

クレジットカード会社はあなたが他のカードを使っていて「過去にキチンと支払いを行えていたか」は把握出来る(信用機関にデータが共有されています)のですが、「いくら分使っていたか」は自社で発行しているクレジットカードを使ってくれていないとわからないので、限度額を上げる要望は長く付き合っている人のほうが通りやすいです。

他にもゴールドカードやそれ以上のクレジットカードへの移行もスムーズになるので、新社会人のうちからずっと支払いを続けているクレジットカードを1枚持っておくことがオススメです。

年収欄はどう記入すれば良いの?

クレジットカードは申込時に年収を記入する欄があるのですが、特に新社会人1年目のフレッシュマンの方はこの点でお悩みになることが多いようです。

「給料っていっても初任給はもらったけど、まだ「年」収は貰っていないのだけど・・・」ということだと思います。ですが、この点は現在の月収×12ヶ月分を記入すればOKですのでご安心ください。入社した日も記入するのでそこら辺はカード会社もわかってくれています。

審査は厳しいの?

クレジットカードの申し込み資格の欄には「安定した収入がある方」という記載がよくされているのですが、新入社員の立場だと、安定した収入といえるのかどうかお悩みになるかもしれません。

この点は確かにネックで、審査ハードルがかなり高いクレジットカードだと新入社員のうちは作ることが出来ません。

なので、あなたが新社会人だということを理解して、それでも作ってOKだとしているフレッシュマン向けのクレジットカードを作るのがおすすめになります。

新社会人の方におすすめのクレジットカード

では、具体的に新社会人の方の方が、新社会人のうちに、作っておくことをおすすめできるクレジットカードを見ていきましょう。↑で見てきた通り、「長く付き合っていけるクレジットカードであること」「新入社員という若い立場でも作ることができるクレジットカードであること」の2点を最重要視しています。

【もっともおすすめ】18歳から25歳までが作れる三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードが新社会人の方にもっともオススメなのは、どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードだから。そして、VISAブランドが付与されている+カードとしての歴史が長い+三井住友は日本のクレジットカードを担う最大手の1つでサポートも充実、といった点から海外に行っても問題なく使えるという点も大きい。

なぜ三井住友VISAカードシリーズの中で新入社員の方にはデビュープラスが良いのかというと3つの理由があります。

  • 審査の際に、きちんとあなたがフレッシュマンであるということを考慮してくれるのでカードが作りやすいという点。
  • ポイントが通常の(年齢制限のない)三井住友VISAカードより2倍付く(Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでは還元率2.5%という高還元率)という点。
  • そのまま使い続けることでプライムゴールドというカードにランクアップできる(通常の三井住友VISAクラシックカードも可)。

簡単にまとめると、新入社員のうちでも作れて、長く付き合えて、そのうえお得ということです(笑)。

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら

デビュープラスカードは唯一の弱点としてポイントが貯まりやすい分、(買い物保険は100万円まで付帯するなどしっかりしていますが)旅行保険が付いていないので、もしも旅行保険をお求めの方は通常の年齢制限がない三井住友VISAクラシックカードAにしましょう。

三井住友VISAクラシックカードの詳細はこちら

長く使って、社会人4年目移行には三井住友VISAゴールドも目指していくのもあり。

JCB OSシリーズ

JCB CARD EXTAGE

日本で発行されているクレジットカードでもっとも信頼度が高いクレジットカードは大きく分けて三井住友VISAカードと、国際ブランドのJCBが自ら発行しているJCBカードの2枚だと考えています。

そんなJCBカードのシリーズの中で29歳以下限定のクレジットカードである「JCB CARD EXTAGE」は新社会人の方向けのクレジットカード。通常のJCBカードよりもポイントが1.5倍貯まる新社会人向けの特典があります。

三井住友VISAカードほど有名ではないので、あまりパッとしないかもしれませんが、海外旅行保険も付帯していて信用度が高い一枚です。長く使い続けていると、JCBカードゴールド→年間100万円以上の利用×2年でJCB ザ・プレミア→JCB ザ・クラス(プラチナかブラックカードクラス)に進化していき、その育てがい目的で使っている人も多いクレジットカードになります。

ただ唯一残念なのは、海外旅行保険が付いていても、国際ブランドがJCBのみなので、海外だとハワイや台湾など以外で使えるかどうかはかなり不安・・・。世界的にVISAカードと比べると使えるお店は格段に少ないので・・・(詳細は各国際ブランドのシェアをまとめたこちらの記事を参考に)。日本国内のみの利用だったら間違いなく長く付き合えるクレジットカードになります。

JCBカード(EXTAGE)の詳細はこちら

JCBカードゴールドまで最短距離で行きたいという方は最初からJCBカードのスタンダードであるJCB一般カードでも良いかも(ただし旅行保険の金額が増える以外のメリットは減りますのであくまで長く付き合って育てるためが良いかと思います)。

JCBカード(一般カード)の詳細はこちら

社会人歴が長くなって、使い方&作り方に慣れてきたらご自身のライフスタイルに合わせて作り足していくのもアリ

さて、ここまで新社会人の方のクレジットカードの作り方、おすすめのクレジットカードを見てきました。

ここでご紹介した2種類はオールマイティー性の高い、どこで出してもOKなクレジットカードですが、使い続けて、少なくとも数ヶ月使って慣れてきたら、ご自身がよく使うお店でポイントが貯まりやすいクレジットカードなどをサブカードとして作り「足して」行くのもアリでしょう。当サイト「現金いらず.com」はそのために便利です(笑)。

(いろいろ作って、財布の中がいろんなクレジットカードでごちゃごちゃになって最終的に初めて作ったクレジットカード1枚に戻ったというミニマリストな方も大勢いらっしゃるので、いくら作り方に慣れてきたといっても毎回よく考えて作りましょうネ)。

とにかく、まずは芯となる長く付き合っていけるクレジットカードを作ってみてください。これから続いていく社会人生活を支えてくれるクレジットカードが作れますように。