電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

クレジットカードの作り方(基礎)

クレジットカードの画像

クレジットカードを作りたい人がまず知っておくべきこと

「クレジットカードは絶対に持たない」と頑なに作ることを拒む人がいます。

過去にクレジットカードで調子に乗って買い物をしすぎてしまった人、作ったことはないがなんとなく作るタイミングを逃してしまったため「クレジットカード=悪」という決め付けをしている人、そもそも申し込んだのに審査で落ちてしまったので作れなかった人、親から作るなと教育されてきた、など理由は人それぞれ。

事実、クレジットカードは一歩使い方を間違えれば怖いものです。 あなたの支払履歴や信用情報はデータとして蓄積されますし、手元にお金がなくても後払いで商品を受け取れてしまうということは、一時的に借金をすることに他なりません。

便利さの裏に「怖さ」があることは知っておいてください。その怖さを把握した上で作るようにしましょう。

満足行くクレジットカードを選ぶために

クレジットカードを作る前の選ぶ段階で、世の中にはこんなにも多くのカードがあるのか、と驚く方は少なくありません。 そんな日本に数多あるクレジットカードの中から上手に選ぶコツは、カードの付加価値をしっかりと比較する、ということです。

付加価値というのは「支払いに使う」以外の目的のことです。例えば、海外旅行に行くから保険が欲しい、ポイントやマイルが貯まりやすい、よく行く百貨店で割引サービスを受けたい、ETCカードを作りたい、などといったもの。

クレジットカードにただ支払う機能がついているだけであれば「どのカードを作っても同じ」ということになります。ですが、クレジットカード会社やカード会社と提携してクレカを発行している会社としては自社が発行するカードを作って欲しいので(支払いの度にお店側から手数料を取れる、お客の囲い込みがしたいといった理由のため)差別化するためにカードに様々な付加価値を付けるわけです。

これらのサービス競争がなければ如何に支払いに便利とはいえ、クレジットカードを作る人は一気に減ることでしょう。

「支払えればなんでもいいよー!」という方はもったいないです。選ぶ前にぜひとも付加価値を比較してみてください。様々な「お得」や「便利」があることに驚くはず。

全ての価値を兼ね備えた完璧なカードというのは存在しないので、自分にとって必要な価値なのかどうかを取捨選択することが肝要になってきます。

クレジットカードの作り方は?どこで作ればいいの?

店頭で作る場合にはカードの勧誘スタッフのいうことを聞けばいいですし、インターネットで申し込む場合も各社案内が丁寧になってきているので作り方を迷うことはほぼないかと思います。

ただ、あえて作り方という観点から断言させていただきたいのは、店頭で衝動的に作らず、「インターネットから申し込んだほうがお得」だということです。特典やキャッシュバックの多さが圧倒的に違います。

勧誘スタッフだと話術で一気にクレジットカードを作るところまでもっていけますが(中々断りづらいですよね・・・)、人ってインターネットだと比較検討して申し込むまで時間がかかるので、カード会社は自社のクレジットカードを作ってもらうために各社お得な特典をつけてくれます。

また、インターネットで作る、店頭で作る他にも、クレジットカードを使い続けていくと、カード会社からインビテーション(招待)を受けて「作りませんか?」と誘われることもあります(通常のカードを使い続けていたらゴールドカードに招待されるケースなど)。

審査に通らないかもしれないと考えると不安なんだけど・・・

クレジットカードは信頼性、支払い能力があるかどうかを見るために審査を行います。

職業や勤続年数は当然見られていますし、過去に借金の返済が滞っていたり、ケータイ料金の支払いを滞納していたりするとどんどんと審査に通るカードは減っていきます。「特に問題はないはず」と思っている方でも、あなたの信頼性を見られて、万が一通らなかったことを考え、作ることを躊躇してしまうかもしれません(審査されるというのは良い気分ではないですよね)。

ただ、結論から申し上げますと、「身の丈に合ったカードを選べばどんな方でもほぼ大丈夫」です。

今はカードの種類も多様化しており、審査の甘さもピンキリです。緩いものは自己破産されたばかりなどといったよっぽどな事情がない限り通るものもありますし、通らないカードはどうあがいても通りません(ブラックカードを持っているようなVIPが庶民が持つカードの審査に通らないということもよくあります)。

カード毎に特徴や作って欲しい人(好み)みたいなものがあるのでそこさえなんとなく見極められれば大丈夫です(e.g.スーパーがカード会社と組んで発行しているようないわゆる流通系カードは主婦の方にこそ作って欲しいので収入がない専業主婦の方でも通ったりします)。

見極めるといっても、カードを作って欲しい人は「申し込み資格」がしっかりと条件が明示されているので自分が条件に沿うのか確認すれば良いだけです。

クレジットカード作りの条件欄をよく見よう

上の図に示した通り、学生カード(若者向けカード)には年収の条件は書かれていないので、バイトでもOKということがわかります。

一方でゴールドカードなどは30歳以上、かつ、安定した収入が条件となっていますから、20代の方、学生の方、フリーターの方は申し込んでもムダになってしまいます。

年収欄の書き方

年収(収入)はクレジットカード会社から見られていますが、カード会社には年収を確認する術がないので、勤務会社や勤続年数などから大体の予測をするしかありません。そのため、実は審査基準の優先順位としては低めなのですが、嘘偽りなく書くことを心がけてください。

たまに年収欄の記載を偽って、発行されるクレジットカードの上限額を上げようとする方がいらっしゃるのですが、クレジットカード会社はデータベースから正確な年収を推測し、「この人なら◯◯万円までは支払えるだろう」といった具合に限度額を判断してくれます。決して審査に通す、通さない「だけ」のために尋ねているわけではありません。なので、偽ってもあなたのお財布がキャパオーバーになるだけで、良いことは何もないです。

それに、余程おかしな(怪しい)年収を記載したら源泉徴収の提出を求められることもありますのでご注意ください。

具体的な書き方は、職業によって異なりますが、まず社会人の方でしたら年収はわかると思いますので(ボーナス含む年収でOKです)、以下、特別なケースの方の年収の書き方をまとめておきます。

学生の方の年収の書き方

学生の方の作り方はこちらに詳細をまとめてあるのでここでは簡単に説明します。

大学生も専門学生も、学生の方は学業が優先であるということをクレジットカード会社もわかっています。大学生などでアルバイトをしていない方でも年収を「0」としても「学生用のクレジットカードなら」審査に影響はありません(限度額が低めで発行されるでしょうが、学生の方なら似たりよったりです)。

個人事業主(自営業者)の方の年収の書き方

個人事業主の方の年収は「収入」ではなく「所得」です。

クレジットカード会社は個人事業主の方に大してクレジットカードの審査が厳しいのはこの「所得」(経費を引いた儲け)という基準がサラリーマンの方の「年収」と異なるためです(サラリーマンの方は会社と勤務年数で大体の年収が予測できるが、個人事業主の方の所得は真偽が確かめづらい)。

フリーターの方の年収の書き方

フリーターの方はバイトの年収、1年以上勤めていらっしゃるのであれば、昨年度の年収を記載すればOKです。

働き始めて1年未満の方の年収の書き方

入社したての新社会人の方はまだ1年働いていないので「年収」はまだないと思います。なので、年収の予測、月の給料×12を記載すればOKです。

学生でアルバイトをしている方やフリーターの方で、働いて1年経っていない方も大体の「年収」(当月のバイト代×12)を記載すればOKです。

クレジットカード作りで必要なもの(必要書類)

クレジットカードを作る際に必要なものを知るためにクレジットカードの代表として、三井住友VISAカードの例を見てみましょう。

インターネットの申込みで最低限必要なものは、

  • 運転免許証を始めとした本人確認書類(その他、パスポート、健康保険証、住民票の写し、外国人登録証、在留カードなどでも可)。
  • 銀行の通帳やキャッシュカード。

の2つだけです。本人確認書類は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」という法律が施行されたため、どのクレジットカードでも必須です。

運転免許証は本人確認書類として優秀なので、どのクレジットカードでも持っていると本人確認が楽になります。

三井住友VISAカードの運転免許証番号入力フォーム

このように運転免許証番号を入力して、カード到着時に本人限定郵便で免許証を確認することで本人確認が取れます。その他、パスポートや健康保険証などだと、コピーを郵送で提出する必要が出てきます(クレジットカードによっては画像をスキャンして送ることも可能)。

また、用意する銀行口座については、オンライン口座設定に対応しているものを準備すると引き落とし口座を書類で返送する必要がなく、発行が早くなります。

オンラインで口座設定するか郵送で口座設定をするか

オンライン口座設定は、申し込み後に、対応している銀行口座のWEBサイトに移動して、引き落とし口座として設定します。難しそうですがカード申し込み後に案内が出てくるので簡単です。

三井住友VISAカードでオンライン口座設定ができるのは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、その他、横浜銀行、千葉銀行などの各種地方銀行などなど。今は殆どの銀行口座が対応しています。

クレジットカード作りは自分との対話

すいません、ちょっとカッコよく言い過ぎました。

ただ、あながち大げさでもなくて、当サイトがアンケートサイトを活用し、年齢も職業も違う方々に「どんなクレジットカードを作ったのか、なぜそのカードを選んだのか」といったアンケートを採ったところ、皆さんカードを作ろうと思い立ったきっかけも、カードの選びの動悸もてんでバラバラで「クレジットカードってその人の生活スタイルと直結しているんだなー」ということを強く実感しました。

あなたもご自身に合ったクレジットカードを選び、作って、便利なカードライフを満喫してください。

くどいようですが、クレジットカードは使い方を間違えれば怖いもの、支払いは遅れないことだけお忘れなく。